« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

そうさく料理 『こっく』(夜の部)

今年最後の日記は、やっと伺えた『こっく』さん、夜の部! 

何年ぶりかに一人で飲みに出かけます。 って、書くと飲む事自体が久しぶりのように

聞こえるかもしれんけど、晩酌(「ばんしゃく」と書いて、「ふかざけ」と読みます。)は

人間ドックの前日以外欠かしません。 (キッパリ!)

 

まずはお約束の「お漬物 盛り合わせ」。 ランチで一つずつなのが、こんなに一杯。

そりゃウマウマで、とりあえずのビールがすすみます。

Otukemono

 

「シーフードサラダ」。 一人で伺ったんで、量は少なめにしてもらった。(でもタップリ)

てっきり火の通ったシーフードと思い込んでたんだけど、こりゃ贅沢なカルパッチョ

じゃな。 中華風のソースもバッチリあってて、うんまい。

Salad

 

この頃、生ビールを飲み干して、こっちへ切り替え。(笑)

Kurokiri

 

楽しみにしてた「豆腐と牛肉のやわらか煮」。 牛肉の旨みが出てて、これも旨いわ。

味のしみた牛肉は柔らかいし、豆腐との相性もバッチリじゃ。

Beef

 

「山芋の揚げまんじゅう」。 ランチでもお気に入りの揚げまんじゅうがホントにアツアツ

で目の前に。 もう、たまらん! 旨すぎる。

Agemanjyu

 

ここからは、シェフに適当に!ってお願いしました。

まずは「ポテトサラダ サーモン包みの炙り」。(で、いいん?)

少し香ばしさを加えたサーモンと、中身のポテトサラダのマヨネーズ味が合ってて、

うんまいぞ、これ。 ポテトサラダが好きなんを覚えて貰ってた。 嬉しいね~。

それに、シェフが自分だけのために創作料理を作ってくれた事に、もうウルウルじゃ。

Salmon

 

お腹の具合がいい頃合だったのを見越して、もう一品作ってもらいました。

「ゴボウと野菜の湯葉巻きの炙り」。(で、いいん?) これも、その場で創作。

一緒に巻いたマヨネーズソースと、煮ゴボウがバッチリあっててウマウマ。

軽めの食感で、膨れたお腹にもスルッと入っちゃいました。

Gobou

 

最後に「トマトのシャーベット」。 色からは想像できない食材を使った逸品です。

「野菜で作ってる」ってヒントを貰って、何とか2回目で正解。

口の中がサッパリして、〆にもってこいじゃな。

答えを知りたい方は、Ctrl+Aを押してみてね。 macは、よ~知らんです。

Ice

 

ホント~に満喫しました。 おいしゅうございました。

結局、3時間余りいたんだけど、シェフやお父さんとのおしゃべりとおいしいお料理の

おかげで、あっという間でした。 年明け早々、また行ってしまうな、こりゃ!?

 

nyankoセンセのブログに出会い、『こっく』さんのお料理に出会ったんが拙ブログを

始めたきっかけです。 大切な出会いがあったこの1年、ホントに宝物です。

来年もいい年になればいいな。 そして、皆さんにとっても、いい年になりますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

和風中国飯店 Simple

前回の、『龍の髭』さんの日記を見た嫁さんの反応は予想通りじゃった。

「一人ばっかりずるい!」 まあ、そうなるわな。

「どこか中華料理屋さんに連れてって!」 そう来るじゃろう、そう来るじゃろう。

「子供たちも食べたいって!」 いたって自然の成り行きじゃわな。(涙)

こんなやり取りがあって出掛けた『和風中国飯店 Simple』さん。

Tatazumai

 

4人分注文後、暫くして出てきたんがコレ。 旨そうじゃな、こりゃ。 

Zentai

 

おっとすぐに、もう1品、点心が出てきた。 焼売っぽい具に餅米をまぶしてるんかな。

Tenshin

 

メインの「八宝菜」。 味付けはあっさりめで、ある意味、和風っぽい仕立て。

Happousai

 

「海老の天プラ」。 これは、鉄板じゃな。 旨いわ。

Ebiten

 

「お刺身」。 タレがかかってて、ツマと混ぜて食べるスタイルみたい。

Sashimi

 

この日、大掃除で働いた後だったんで、お代わりしてしもうた。(お代わり、無料ね。)

これで800円。 コストパフォーマンスは高いんじゃないでしょうか。

気楽にシンプルな中華を食べたい人にはお勧めですね!

 

...内緒事は高くつくって、いい勉強になりました。 これ、ブログの弊害じゃな。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

龍の髭

長女が休みに入っているので、愛妻弁当も基本的にお休み。

腹ペコだったこの日、あてもなくふらふら車で出かけ、辿り着いたのが『龍の髭』さん。

Tatazumai

 

この日のランチメニューはコレね。

Menu

 

ランチを注文して、待っている間、読書... 暫くしてランチが来ました。

「それっ、パシャじゃ! あっ...」

デジカメに伸ばした筈の手が、湯飲みを倒してしもうた。(汗)

それも運悪く手前に倒れ、テーブルだけでなく右腿もビショビショ。(泣)

口を拭く紙をドバッと取り、フキフキするけど、しっかりしみこんでて、どうもならん。

えぇい! くよくよしても始まらん! この際、下半身の感覚は無視じゃ!(笑)

Zentai

 

まず、「手作りあんかけ豆腐」。 器の底にある豆腐は自家製みたい。

あんにかかった山椒が効いてて、辛くない麻婆豆腐みたい。 うん、おいしい。

Tofu

 

「鰆のひじきソース」。 食べてる最中、何のソースか分からんかった。

ひじきじゃあ、そんなに味もせんはずじゃ。 火の通り加減も良くて旨かった。

Sawara

 

「鶏、根菜バーグ風」。 ハンバーグは、鶏肉のやさしいお味に、根菜でアクセント。

それに八丁味噌ベースのソースを合わせてる。  八丁味噌、好きじゃわ。

Hanburg

 

「カキの甘酢」。 一度、素揚げしたカキを甘酢にくぐらせてるんかな?

正直、カキは少し苦手なんだけど、素揚げしてるからか食べやすかったな。

Kaki

 

最後に、左上にあるチーズ風味のムースをいただき、ごちそうさまでした。

会計の時、「お茶をこぼしちゃって...」と、おかみさんに謝ると、嫌な顔一つせず、

「いいですよ~」と、答えてくれました。 おかみさんのやさしさに救われました。

品数も多いし、コストパフォーマンスはとっても高いです。 お勧めのお店ですよ。

 

この日記を書いてる最中も、右足はまだちべたい...

一人で抜け駆けしたバチでも当たったかな?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました、『こっく』さんの日。 (平穏無事の証拠!?)

と、書きながら、実は『こっく』さんに向かう道中で、仕事に関しての調査依頼というか

ほとんどクレームの電話連絡がありました。 もう、最悪の気分じゃ...

内心、超ブルーで引き返そうか?と思いながらも、「まあ腹が減っては戦はできん!

どこかでお昼は食べるんだし。」と、予定通り『こっく』さんへGO。 (さすがB型じゃ。)

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

入店すると、シェフの表情に微かな笑み?と思った瞬間、カウンターにおられた

先客の女性に「びっとさんですよ」と、一言。

その方が振り返ると、な、な、なんと、nyankoセンセじゃないですか!!!

なかなか逢えんと思ってたのに、2週立て続けでバッタリ逢うなんてホント奇遇じゃ。

もちろん、心の準備もな~んもできてないから、もう開き直るしかないわな。(汗)

 

あれこれ、お話ししているところに出てきた本日のランチ。

Zentai

 

メインの「鶏モモ肉のソテー 柚子こしょう風味のソース」。 風味たっぷりのソースに、

いつものように旨みたっぷりの鶏モモが合ってて、ご飯がすすんでしまいます。

Chicken

 

「蕪豆腐の揚げ出し」。 中を割ると、卵豆腐みたいにフワフワで黄色い豆腐です。

蕪をどうやったらこうなるんでしょ? 優しいお出汁、もちろん完飲!

Kabu

 

「ポテトサラダとカリフラワーソース」。 ジャガイモと紫イモかな? よ~分からん。

シェフの魔法にかかるとポテトサラダがこんな事になっちゃいます。 激ウマ!

Potato

 

「木の子の生春巻き」。 何種類かのキノコを生春巻きで包んで、酸味の強いソースと

合わせてた。 生春巻きが大好物な嫁さんに食べさせてあげたかったな。

Harumaki

 

最後にデザート。 すいません、名前を失念。 なんとかかんとかのプリンです。(笑)

Dessert

 

今日も本当においしゅうございました。 ごちそうさまでした。

 

実はnyankoセンセ、僕が入店した時には完食されてたんだけど、気を使って下さった

のかどうか、僕が完食するまでお店にいて下さいました。 びっとさん感激です!

お食事の間、あんな事やこんな事をたくさんお話ししました。

って言うより、一方的に聞き役だった、の方が合ってるかも?(爆)

nyankoセンセ、本当に楽しい時間をありがとうございました。

また、どこかでお逢いしましょう! 次も『こっく』さん、はたまた『かめや』さん!? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

ら~めん道場

この日、赤磐市で朝からお仕事。 お昼前に何とか仕事を終わらせて向かったのが

『ら~めん道場』さん。 1年ぶりくらいの再訪かな。

Tatazumai

 

こちらのお店に初めて伺ったのは、もう10年以上前。

ラーメン本で「チャーシューメン」の画像を見て出かけ、はまっちゃいました。

そのチャーシューの量に魅せられて、足繁く通った時期もありました。

チャーシューブロックだけを買いに出かけた回数も、両手で足りません。

でも、寄る年波にこってりを受け付けなくなり、ここんところは足が遠のいていました。

この日、注文したのは普通の「ラーメン」。

Ramen

 

初めて伺った時と基本路線は変わらず、トンコツ+節系の岡山ラーメンです。

今回の麺は以前より白っぽくて、少し柔らかめ。 カンスイを減らしたんかな?

まあ、健忘症気味なんで、アテにはなりませんけどね。

いずれにしても、やっぱりおいしかったです。 ごちそうさまでした。

あっ、そうそう、初めて伺った頃と大きく変わったところは、以前は無口だった店主が、

元気に声を張っているところかな。(笑) 

これからも頑張っていただきたいお店の1つです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

我が家のクリスマスイブ

今年は三男を我が家へ迎え、結構バタバタの毎日。

クリスマスくらいはのんびりしようか、って事でイブの料理はテイクアウトにしました。

まずは丸鶏。 こちらは『とりひろ』さん。 これ以外にもローストレッグを2本調達。

さすがプロのお味で、おいしくいただきました。

Chicken

 

サンドイッチは『Masabakery』さん。 鶏の唐揚げも付いてて、こちらもうんまい。

Sand

 

うちで作った生ハムのサラダ。 箸休めにはちょうど良かったな。

Salad

 

家族6人(4人と2匹)でゆっくりとしたイブを過ごさせていただきました。

生まれて初めてのクリスマスに、三男はうかれてトナカイになってました。(笑)

Moca

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

ル・ミディ

クリスマスイブのお昼、長女はお友達とクリスマスパーティーでお留守。

まぁ、これも成長って事なんでしょうな。 (父親としては少し複雑じゃな...)

で、長男を「お昼ご飯に行こう!」と誘うと、「僕がいたら、かめやなんじゃろ。」だって。

彼はうどんが好きなので、よく『かめや』さんに連れて行くんだけど、正直お財布に

優しいってのも理由の一つ。 結構、鋭いぞ!(汗)

じゃあ、今日はナイフとフォークで!と伺ったのが『ル・ミディ』さん。

こんな風に外階段を上がった2階がお店になってます。

Tatazumai_3

 

その階段の踊り場にあったのが本日のメニュー。

Menu_2

 

3人ともプレートランチを注文し、暫くして出てきたんが「ジャガイモのポタージュ」。

まあよくあるポタージュスープかな。 でも器が深くて、量も多かった。 

Soup

 

これがランチプレート。 左から「豚肉のピカタ」、 「ジャガイモの玉子焼き(?)」、

「サラダ」、「マカロニのトマトソース(?)」、その向こうに写ってないけど「バケット」。

フレンチというより、イタリアンって感じじゃな。 家庭料理って事なんかな?

サイズや器の深さが分かりにくいけど、30cm物差しがスッポリ入るくらいの横幅。

マカロニの入った器もしっかり深い。 こりゃ、お腹一杯じゃ。

Plate

 

最後にデザートとコーヒー。

Dessert_2

 

このボリュームで1000円は安いと思いますよ。 ごちそうさまでした。

暗めの店内は雰囲気も落ち着いてて、隠れ家的です。 

パシャするには少し暗すぎたけどね。(汗) おまけにWBまで間違えてたし...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランジェリー ドウマエ

クリスマスの買出しで表町に出かけた際に立ち寄った『ブランジェリー ドウマエ』さん。

天然酵母の歯応えのあるパンがとってもお気に入り。

Tatazumai_2

 

この日、買ってきたんがコレね。

Breads

 

左の白いんが「アップルチーズ」。 一番手前が「パンプキンツイスト」。

中央の丸いんが「メロンカスタード」。 右のパックが「ナスとトマトのタルティーヌ」。

奥が「ベーコンと黒こしょうのバトン」と「チーズフランス」。

 

本日の酒の肴 第一候補が「ベーコンと黒こしょうのバトン」。 ちょっと味見を。

カリッとした食感に黒こしょうの風味とベーコンの旨みが絶妙。 うんまい!

Bacon

 

酒の肴 第二候補が「チーズフランス」。 割ってみるとこんな感じ。 こっちも味見。

外のパリッとしたんも、噛む度に旨みが出るんもイイですね~。

Cheese

 

この日の夜は、長男のソフトボールのクリスマス会。 

パンを楽しみに8時過ぎに帰って来ると、あれもこれも無くなっとった。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

中国料理 華家

クリスマスイブイブのこの日、嫁さんと長女と3人で街に出かけるついでにお食事へ。

長女とのお食事は久々なので、何が食べたいか聞いてみると、「杏仁豆腐」だって。

それじゃあ中華料理屋さんね!って事で、伺ったのが『中国料理 華家』さん。

Tatazumai

 

今日のメニューはコレね。

Menu

 

入店し、綺麗なおかみさん(と思われる方)に、「華定食」を3つ注文。

その後、すぐに出てきたのが、このザーサイ。 これとご飯で十分いける、うまいわ!

Zasai_2

 

暫くして出てきたんが、このランチ。 おぉ、結構なボリュームじゃ。

Zentai

 

メインの酢豚。 しっかりした味付けでご飯にピッタリ。 

具材の緑色の野菜(青唐辛子みたいなの)、箸で開くと花のつぼみじゃ、これ。

おかみさんに聞いてみると金針菜(きんしんさい)って言う百合のつぼみなんだって。

Subuta

 

肝心のデザート。 偶然にも「杏仁豆腐」。(ラッキー!) 

プルンとした食感でうまいわ、これ。

Dessert

 

どのお料理も味付けがしっかりしてて、本当にご飯がすすむ君。

ついついご飯をお代わりしてしもうた。(汗) またもや、食べすぎじゃわ。

そうそう、おかげさまで長女もご満悦でした。 ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

セルフうどん かめや

この日、PCショップへメモリの買出しに。

お昼はPCショップの近くの『セルフうどん かめや』さん。

リニューアル後、3回目かな。 午後1時を少し回って入店。

今回はちょっと変わった角度から。 お店の壁面の看板をどうぞ。

Kanban

 

お目当ては「かけ」と、最近はまっている「ミニちらし」。

ところが、「ミニちらし」は売り切れみたい。(涙) 結構、あれこれ売り切れてました。

気を取り直して、「おあげ」と「シャケおにぎり」で!っと。

会計を済ませてトッピングコーナー(で、いいん?)に向かおうとすると、おかみさんが

「天カス、いりますか?」と声をかけてくれました。

「は、はい。」と小声で答えると、レジの横から小皿に入った天カスを持ってきて

くれました。

どうやら、天カスは取り放題ではなくて、レジでもらうようにシステム(で、いいん?)が

変わったみたいですね。

 

この日のうどんは、こんな感じ。 ...話題の天カス、かける前じゃな、コレ。(汗)

Udon

 

この日はタイミングが良かったのか、麺はいつも以上にモッチモチのプルンプルン。

歯に吸い付く食感で、すっごくうんまい! お出汁もバッチリじゃ。

ごちそうさまでした。 おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

銀座文明堂 匠のバームクーヘン

毎年、お中元とお歳暮をキャッチボールする東京の友人からお歳暮が届きました。

送り状には『銀座文明堂』って書いてる。 「カステラ?」っと思って開けてみると、

バームクーヘンじゃった。 『匠のバームクーヘン』っていうらしい。

Hakoiri

 

袋の中身はこんな感じです。

Up

 

普通のんと比べると、卵やバターが2割り増しなん?って感じるバームクーヘンです。

周りの砂糖もサクサクで、食感も単調じゃなくておいしいですね。

甘さをもう少し抑えてくれたら、もっと好みかな? (甘いんが苦手なだけじゃ。笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました、『こっく』さんの日。 (この一行、コピペじゃ。笑)

お仕事でお疲れ&傷心気味なんを癒していただきましょう!(これも先週と似とるな。)

まずはメニューをどうぞ。

Menu

 

入店してカウンターに座ろうとすると、シェフが満面の笑みで、

「さっき通った車、nyankoさんのですよ。やっと逢えますね!」だって。(汗)

シェフのお父様も「やっとじゃな!」だって。(汗×2)

「そうなんですか?」と、軽く返したつもりだけど、既に心ココにアラズ...

根っからの小心者だもんで、もうパニッパニ、パニッパニ、パニパニパニック♪(汗)

暫くすると、一眼レフをぶら下げたnyankoセンセが颯爽と登場!

「おぉ、実在する人なんじゃ!」と変な事に感心したりで、平常心は何処へやら。

シェフが「こちら、びっとさん。」と、紹介してくれて、お互いご挨拶。

以前から用意してた「後でサイン下さい!」って言ったんが、もう精一杯で...

このセリフ、「イヤン♪」って感じで、手で払い落とされましたけどね。(笑)

その後、nyankoセンセはお友達と待ち合わせてたみたいで、他のテーブルへ。

 

前フリが長いですね。(汗) 申し訳ない、もう一言だけ。

この日の画像、ブレまくりで...あらかじめご容赦下さい。 (お察し下され。)

それではランチをどうぞ。 今週も旨そうじゃろ。

Zentai

 

メインの「太刀魚のパン粉焼き 紫蘇チーズ風味」。 太刀魚の身に紫蘇の入った

具がサンドされてた。 身はジューシーで、外パリッ、おいしいわ、コレ!

Tachiuo

 

「カブの白玉団子」。 お野菜と白玉をみぞれのお出汁がまとめてる。

とってもお上品な逸品。 もちろんおつゆも残さずいただきました。

Kabu

 

「里芋とサツマイモのテリーヌ」。 2種類のお芋の食感が楽しめます。

この白いソース、パンでフキフキしたかったな。

Satoimo

 

「ゴボウと牛肉の揚げ物」。 一口食べると、口の中がゴボウの香りで一杯!

相性抜群の牛肉が旨みをグッと引き上げてる、これもうんまい。(だけど画像がね。)

Gobou

 

食べる前に平常心が吹っ飛んでて、味わう事なんかできんと思ってたんだけど、

そこはそれ、お味噌汁を一口啜るとスイッチON。(笑)

 

最後にデザート。 「レーズンクリームと紅茶のケーキ」。 ホッと一息。

ねっ、この頃にはだいぶ落ち着いててピントが合ってるでしょ。(笑)

Dessert

 

今日も、ごちそうさまでした。

どれもこれも、本当においしゅうございました。

 

支払いの際に、あらためてnyankoセンセにご挨拶。

記念にツーショットで写真を撮らせていただきました。 UPは...よしときますね。

今度お遭いするときは、もっと落ち着いてお話しできると思います。

nyankoセンセ、これからもよろしくです♪ また、何処かでお遭いしましょう! 

...あっ!サイン貰うん忘れた。(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

風が見つけたパンの森

倉敷に所用で出かけた帰りにお邪魔したのが、『風が見つけたパンの森』さん。

妹尾にあるパン屋さんで、知り合いから「おいしいよ」って噂を聞いて、お初です。

こじんまりしてて、かわいい感じのお店です。

Tatazumai2

 

買って帰ったんがコレね。

手前左が「チーズフォンデュ」。 その右2つが「チーズタルト」。

真ん中が「くるみレーズンカマンベール」。 その右が「ふわふわチーズ」。

その向こうの太めのが「ペッパーベーコン」。 一番奥が「ベーコンエピ」。

Breads

 

ベーコンエピを少しつまんでみたら、結構歯ごたえがしっかりしてて、こりゃ旨い!

甘いんは別にして、いずれ劣らぬ、肴の候補。 晩酌が楽しみじゃ。

...って、ちょっと! 何処に持って行くん? それはパパの分じゃから返して!(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

OBAN

日曜日、子供が二人とも外出で、嫁さんと二人でお食事へ。

伺ったのは『OBAN(オーバン)』さん。 半年ぶりくらいの再訪です。

こちらのお店、嫁さんの親戚が建物の設計をしたそうで、「そりゃ見てみんと!」って

伺って以来です。 お洒落で落ち着いた雰囲気のお店です。

Tatazumai

 

今日のメニューはコレね。

Menu

 

テーブル席はお客さんで一杯で、カウンター席に通されました。 

その後、予約なしのお客さんが二組くらい来られたんだけど、席がないって事で

待たされてました。 予約をした方がベストですね。 うちは飛び込みだったけど。(汗)

 

暫くして出てきたんが前菜。

手前左が「里芋のオーブン焼き チーズ乗せ」。 右が「豚肉のバルサミコソース」。

どれも一手間かかってて、見た目も楽しいお料理たち。 うん、おいし。

Zensai

 

前菜を食べてる間にパンが運ばれてきました。 

焼きたてで、外はパリパリ、中はモッチリ。 う~ん、たまらん!

もちろん、このパンで前菜のお皿に残ってたバジルソースやら、バルサミコソースを

皿を洗わんでいいくらいにピッカピカにしましたよ。(笑)

Bread

 

次に「金時人参のスープ」。 人参の甘みが出てて、これも旨い。

Soup

 

メインの「チキンとじゃがいものグリル ビネガーソース」。

フランボワーズビネガーってソースだそうで、甘めのソースで鶏肉と合ってる。

香ばしいじゃがいもも、焼き加減が絶妙でとってもおいしい一品。

胸肉を使ってたんだけど、少しパサついてしまうんわ仕方ないんだろうなぁ。

Chicken

 

最後にデザート。 奥が「ミルクセーキのシャーベット」。 プリンを凍らせて作った

アイスみたいなお味。

中央が「かぼちゃのチーズケーキ」。 見た目以上にトロッとしてて、うんまいはコレ!

手前が「ヨーグルトムース」。 お口の中をサッパリさせてくれるね~。

Dessert

 

とってもおいしゅうございました。 ごちそうさまでした。

雰囲気は文句なくお洒落だし、デートなんかにお勧めのお店です。

もちろん、ランチもおいしいので、是非行ってみて下さい。 ご予約を忘れずに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

ハローズ 西大寺店

うちの近所に『ハローズ』さんがオープンしました。 それも歩いて行ける距離です。

車の間をお店に向かって走ってるんは、うちの長男ね。

Hallows

 

実際に歩いてみると...5分36秒。 近いですね~、こりゃ便利。

駅前にビックカメラが来たんより、西大寺住民にはビッグニュースじゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

おかやま工房 京山店

『旬菜 菜の花』さんでランチをいただいた後、娘と岡山駅で合流。

嫁さんと娘は高島屋に買い物に行くって事で、僕だけ一人で行動する事に。

ふと、頭の中に浮かんだんが「おいしいパンが食べたい!」。 (まだ、食べるん?)

その理由は...この日、朝早くから腹ペコの状態で仕事をしてて、息抜きに見た

ブログで、強烈に旨そうなパンを見たからってわけ。 

食べ物ブログ、時と場合によっては「危険物」じゃな!

で、伺ったんが『おかやま工房 京山店』さん。 こちらはお初です。

Tatazumai2

 

この日、買って帰ったんがコレね。

Breads

 

手前から「エビカツサンド」。 手前右が「チーズフランス」。

奥の左が「くるみカマンベール」。 奥の中央が「バイエルンフランス」。

最後に奥の右が「明太子フランス」。 主に奥の列が、晩酌のお供の予定。

...なんだけど、気が付いたら何個か無くなっとるがな! 早く隠さんと。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

旬菜 菜の花

最近、少々疲れ気味だし、体にやさしい和食でも食べよっ!とお昼に伺ったんが

『旬菜 菜の花』さん。 お初でございます。

こんな風にビルの1階がお店になってます。

Tatazumai

 

テーブル席はお客さんで埋まってて、カウンター席に通されました。

カウンターの上には旨そうな芋焼酎が...車だし、お昼だからダメじゃわな。(笑)

お昼はランチだけって事で、もちろんランチを注文。

 

暫くして出てきたんがコレ。 おぉ、結構なボリュームじゃ。

ハンバーグがメインだったり、フライがあったりと和食ベースの創作料理って感じ♪

Zentai

 

メインのハンバーグ。 デミグラスソースがかかってて、ほうれん草としめじのソテーが

添えられてた。 本格的ってよりは、家庭的なお味でなかなか旨かった。

Humburg

 

これはナスに餃子の具のようなんを乗せて揚げたフライ。 タルタルソースもあってる。

てっきりカキフライと思って食べたんだけど、ちょっとビックリ。(笑)

Fried

 

おいしくいただきました。 ごちそうさまでした。

若いスタッフが多いし、気軽に伺える和食屋さんです。 お得感もかなりイイ。

あれやこれや色んなんを食べたい方には、お勧めですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

なか浦

この日は水島で軽作業。 1時を少し回って伺ったのが『なか浦』さん。

子供の頃からうちの親や、友達の親父さんに連れて行ってもらってた老舗&有名店。

nyankoセンセからの情報では『天乃』さんはこちらのご出身だそうです。

それじゃあ、『天乃』さんの味を忘れんうちに食べ比べじゃ!(健忘症気味じゃけど。)

Tatazumai

 

まず、「ざる、ちょうだい」とお願いして出てきたんがコレ。

一昨日の日記と見比べたら分かるけど、ソックリじゃろ。

Zaru

 

3分の2ほど食べたところで、「亀さん、ちょうだい」って出てきたんがコレ。

ちなみに「亀さん」っていうのは「天ぷらうどん(亀)」で、海老のかき揚げうどん。

「天ぷらうどん(鶴)」ってのもあって、そちらは海老天うどんで、ちょっとお値段UP。

この呼び方、友達の親父さんが使ってて、それを真似してます。 

えっ、どうしてかけじゃないんだ!比較にならん!だって? う~ん、そう思うわな。

理由は簡単...「亀さん」って言いたいからじゃ! (ただ、「通」ぶってるんよ。笑)

Kame

 

それでは、びっとさんの『なか浦』さんと『天乃』さんの大胆比較。

・麺はコシ、歯ごたえとも酷似。 麺の表面のツルッと感は『なか浦』さんが上かな?

 でも、これは好みで、どっちが好きかって聞かれても分からんです。

・「ざる」はほぼ同量。 どんぶりは『なか浦』さんの方が大きく、麺、お出汁も多め。

 そのせいか、お値段は『なか浦』さんの方がちょっとだけ高め。

・ざるのつゆは二つ並べて出されても、当てられる自信なし。

 熱いお出汁は『なか浦』さんの方が、少しだけ薄目かな?

 

まあ、梅肉を使った甘めのソースを、缶詰のさくらんぼを使ってるで!って言い張る

程度の舌の持ち主なんで、全然あてにならんですけどね! ついでに健忘症だし。

あっそうそう、大きな共通点は、どちらもおばちゃん達が元気良く働いてるところ。

ちょっと疲れてる時なんか、「僕も頑張らんとね!」って思うんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました、『こっく』さんの日。 (先週と同じ書き出しだけどいいんです!)

今週は何かと外出が多くて、少々お疲れ気味...

『こっく』さんのランチに癒していただきましょう!

まず、メニューをどうぞ。

Menu

 

今日は一人なのでカウンターの左端に陣取りました。

ランチができるまで、シェフとお父さんと僕3人であんな事やこんな事を楽しく談笑。 

(で、どんな事なん?笑)

それはさておき、お待たせしました。 本日のランチをどうぞ。

Zentai

 

まず、メインの「ミンチカツ ネギポン酢デミソース」。

とってもジューシーなミンチカツに、少し酸味のあるソース。 こりゃご飯がすすむ君!

Cutlet

 

「鶏肉と小カブの煮物」。 やさしく淡いお出汁で煮込まれた鶏肉と小カブがうんまい。

淡雪のようにかかったとろろでよりやさしいお味。 冬を感じさせる逸品ですね!

Nimono

 

「彩野菜のマリネ」。 火を通した野菜のきれいなサラダって感じかな。

酸味もキリッとしてて、野菜のお味を引き立ててます。

Marinade

 

「蓮根と海老真丈の揚げだし」。 『こっく』さんの揚げシリーズ、旨くない訳がない。

期待を裏切らない海老の風味と旨みがもうたまらんわ。

Agedashi

 

どれもこれも大変おいしゅうございました。 またまたタンノーしました。

やっぱり止めれんわ、『こっく』さん行脚。(笑)

 

最後にデザート。 「ココナッツパウンドケーキ」。 ココナッツ、好物なんです。

コーヒーと一緒にじっくりいただいて、ホッと一息。 あ~、癒された。

Cake

 

『こっく』さん、年末30日までお休みなしで営業されるそうです。

シェフ! 体調だけには気を付けて、頑張って下さいね。

そうそう、今年中には夜の部を攻めなきゃね! さてさて、いつ出没しようかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

天乃

この日は昼前に倉敷市吉岡で打合せ。 ちらっと横目で母校の存在を確認。 

古くなったし、この辺りも随分変わったなぁ、ホント。

で、お昼は『天乃』さん。 さて、かれこれ2~3年ぶりかな。

12時前にも関わらず、狭い店内はもう行列。 相変わらずの人気じゃな。

Tatazumai

 

券売機で「ざる」と「かけ」を買い、おばちゃんに「ざる、ちょうだい!」って声をかけて

出てきたんがコレね。 甘めのつゆに、適度に引き締まった麺がうんまい。 

Zaru

 

ざるを完食後、「かけ、ちょうだい!」って声をかけて、出てきたんがコレ。

う~んこれこれ、薄目のお出汁だけど、これがいいんよ。 やっぱ、懐かしい!

Kake

 

ごちそうさまでした。 もう満腹じゃ。 

でも、『なか浦』さんと『天乃』さんでは、このセット食いが止められんのよ。

ちなみに、子供の頃から行ってた『なか浦』さんと『天乃』さんって味がとっても

似ています。 倉敷出身なんで、もう郷愁まで感じちゃうんよな~。 

 

お初の方には少し分かりにくい場所にあるけど、是非行ってみて下さい。

目印は...強いて言えばテニスコートかな?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

神戸で打合せ

この日、神戸市長田区でお昼から打合せ。 お客さん3人に拉致されて出かけました。

そのお客さんの中で一番若手が運転手担当。 運転手は君だ♪ (古っ。笑)

その方、少々方向音痴みたいで、お迎えに来てくれる時に道に迷い、神戸に辿り着く

までにも1度上りと下りを間違え、打合せ場所もなかなか見つけられず...

余裕があったはずのお昼時間も、もう昼抜き覚悟のギリッギリ。(汗)

 

結局、近場の定食屋さんで、こんなの食べました。 タイムリミットは10分!

味わう暇などなく、詰め込んだ感じ。 お店の方に失礼な食べ方じゃなぁ。(汗)

Zentai

 

その後の打合せは順調に終わりました。 まあ、それがメインなんでヨシですね。

えっ、帰りですか? そりゃ、高速の乗り口を行き過ぎて、遅くなりましたがな。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

ブランジェリー ドウマエ

お歳暮の手配が終わって、新しいブルゾンを買った後、楽しみにしてたお店に。

『ブランジェリー ドウマエ』さん、お初です。

こちらのお店、天然酵母のパンをメインで扱ってるらしい。 そりゃ行かなきゃね!

で、その場所は...なんと、何度となく通った『やまと』さんの隣りの隣り。

なんで今まで知らんかったんだろ???

Tatazumai2_2

 

こじんまりしたお店に入ると、結構売り切れてて、あんまり選択肢なし。

で、ちょっと怖そうなレジのオジサンから買って帰ったんがコレね。

Pans_2

 

手前から「ナスとトマトのタルティーヌ」。 軽めのバケットにうんまい具がたまらん。

真ん中が「天然酵母 黒胡麻ベーグル」。 もっちもちでこれも旨い。

右が「ベーコンと黒こしょうのバトン」。 少し黒こしょうが効き過ぎだけど肴ならOK。

奥が「天然酵母 いちじくとくるみ」。 いちじくの仄かな甘さと食感がいいね。

最後に中央左はレーズン入りのざらめパン。  これもうんまい。

ちなみにコレ、ちょっと怖そうなレジのオジサンからのサービスです。(ありがとね!)

 

天然酵母の噛んだ分だけ旨みがジュワッと出るパン。 やっぱ好きじゃわ!

次に表町に出かける時も絶対行かなきゃ。

ホント、今まで何度、表町に行ったやら...何だか損してたようで、少し複雑。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月10日 (月)

アペティート

日曜日、お歳暮を買いに天満屋へお出かけ。

嫁さんは口がイタ飯になってたみたいで、近所でめぼしいお店を検索。

で、ヒットしたんが『アペティート』さん。 こんな風に地下1階にあります。

Tatazumai_2

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

僕はピッツァランチで本日のピッツァを、嫁さんはパスタランチでカルボナーラを注文。

すると、ピッツァはSサイズの生地が品切れでFサイズしかないみたい。

「じゃあそれで」ってお願いしたんだけど、今日も大食いの日なんですか?(汗)

 

まず、スープ、サラダ、前菜が一度に出てきました。

まあどれもなかなかって感じかな。 (イタ飯には辛口なんよな。)

Zensai

 

食べ終わった頃にピッツァとパスタが出てきました。 思ったよりずっと早い!

まず、ピッツァは画像じゃ分かりにくいけど直径30cm弱あるビッグサイズ。

お味は見た目よりサッパリしてて、周りはサックリ...だけどデカすぎてね。(汗)

分け分けして食べたんだけど、さすがに途中で飽きてしもうた。 

そんなに早く食べれんから冷めちゃうのもちょっと残念。

Pizza

 

嫁さんが注文したカルボナーラ。 こちらも分け分けして食べたんだけど、これは旨い。

濃い口な感じで、今回一番よかったかも。

Pasta

 

お腹一杯で出てきたんがデザート。 粉糖が雪みたいで綺麗でしょ。

左側がミントのアイスで、オリーブオイルでアブラギッシュになった口の中をサッパリと

流してくれてとってもイイ感じ。 右のティラミスも旨かったですよ。

Dessert_2

 

全体的にお得感はあるし、イタ飯好きにはお勧めです。 お洒落ですしね♪

びっとさんはイタ飯には辛口なんで、その分差し引いてやって下さい。

...しっかし、量を食べれんよ~になったなぁ。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

プチマリエ

この日は倉敷に用事があったんで、ついでに『プチラパン』さんのランチを予約しとった。

しかし、なかなか用事が片付かなくて、予約した時間に間に合いそうにない。(汗)

予約したのに残念ながらキャンセル。 (もちろん予約時間が来る前にね。)

「じゃあ、何処に行こうかな?」と、しばし考え...

名前が似てるって事で『プチマリエ』さんに決定! 理由がお店に失礼じゃな。(汗)

Tatazumai

 

僕はAランチ、嫁さんはBランチ(Aランチ+デザート)を注文。

まず出てきたんが、マッシュルームのスープ。

ホントにマッシュルームの味がする濃厚なスープ。 うん、おいし。

Soup

 

次に、メインディッシュね。

右が「白身魚のムースリーヌ なすのタプナート添え」。

白身魚を濃厚なムースでコートし、なすのソースが添えられてて、これも旨い。

左が「ハンバーグのクレピネット包み焼き」。

ハンバーグにゆで卵、サーモン、トマト、チーズをトッピングして網脂で巻いてる。

濃厚なソースで仕上げて、その上にチキンカツを乗せてる。 手が込んでて旨いね。

Main

 

おいしい!って食べ進むと次第に、ボリュームも凄いし、濃厚だし...

ずっと前に行った時にはそんな風に思わんかったけど、微妙なお年頃のびっとさんは

途中からちょっとしんどかった。(汗)

でも、しっかり完食しましたよ。 嫁さんは僕よりしんどかったみたい。(笑)

 

最後に、デザート。 嫁さんと分け分けして何とか完食。

ガトーショコラも濃厚で好み、お腹の加減が良ければホントにおいしいんだろうなぁ。

Dessert

 

たくさんお洒落に食べたい方にはとってもお勧め。 雰囲気も隠れ家的でバッチリ!

周りにもいかにもデートって感じの若いカップルもいましたよ。

店内が薄暗くて料理がおいしそうに撮れなんだんが、ちょっと残念じゃったな。

 

この日の夜、廻るお寿司を食べに行ったんだけど、3皿しか食べれんかった。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

重松 清 『送り火』

今日読み終わったのが9編の短編が織り成す、この『送り火』。

Okuribi_3

 

最初の2編はファンタジーホラー(で、いいん?)って感じのお話しで「今回は気軽

に読めるんかな?」と思ってたけど...んなこた~ない。

途中から、スピードは速くはないんだけど、ずっしりと重い、ド真ん中のストレートが

放り込まれます。 魔球「重松ボール」とでもいうんでしょうかね?

今回も逃げずにミットを構えて受け取りましたよ。

 

生を授かった瞬間から、差別なく皆に訪れる老いと死。

それを受け止めるしかない自分、それを受け止める身近な人を見守る自分。

だけど、こんな当たり前の事を忘れて(敢えて無視して)、日常は過ぎていく。

決して立ち止まる事のない時間の流れの中で、自分は今どうするべきか。

こんなんを考えさせられる訳ですよ。

 

この日記で「先週と同じ書き出しじゃな」なんて書いてるんだけど、1週間何事も無く

同じようにブログができる、これってとっても素敵な事じゃと思うんよな、最近。

「昨日」と変わり映えのしない「今日」、これもイイ。

一番身近な未来「明日」でさえ何が起こるかわからない、これもアリ。

「今日」、そしてたった「今」が平穏無事、これってとっても幸せな事だなって思うんよ。

...この後は、アンジェラ・アキの『TODAY』をお聞き下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました、『こっく』さんの日。 (先週と同じ書き出しじゃな...汗)

店先にはクリスマスリースも飾られてて、早くも年末ですねぇ。(また年取るんかえ?)

Wreath_2

 

本日のメニューはこちらね。

Menu_2

 

入店し、きまぐれシェフに「こんにちは」と挨拶して、嫁さんの後に続いて奥の院へ。

1時をとっくに回っての来店だったので、お店の中は祭りの後の静けさ。

暫く待って出てきたんがコレね。 (前菜の小鉢の蓋を取り忘れとるわ...汗)

Zentai_2

 

メインの「鶏モモ肉のソテー 和風ミートソース」。

もうね、見るからに美味そうでしょ。 鶏の旨みと和風ソースがなんとも絶妙。

Chicken_2

 

「牛モモ肉の味噌漬け 西京風」。 お上品な牛のタタキって感じ。

プチトマトのシロップ漬け(で、あってる?)も、定番で嬉しい一品。

下に見え隠れしている繊維質のお野菜、最後まで何か分からんかった。

Beef_2

 

「蓮根とチーズの春巻揚げ」。 今回一番楽しみだったんがコレ。

外はパリパリ、中にはお餅も入ってて食感も楽しい逸品。

Harumaki_2

 

「鮭と大根の巻き煮 粕汁クリーム」。 メチャ体裁のイイ粕汁ってとこかな。

お野菜の煮具合、お味もバッチリ。 細かい作業に頭が下がります。

Cream_2  

 

またもや一気に完食。 愉しい時間はあっと言う間じゃな。 ごちそうさまでした。

  

最後にデザート。

手前が「抹茶と小豆のケーキ」。 奥が「柚子風味のヨーグルトムースケーキ」。

主に「抹茶と小豆のケーキ」の方を食べたんだけど、和風ケーキってホントに落ち着く

感じがするんよな。 癒し系の旨さじゃな。

Dessert_2

 

本日も嬉しい時間をありがとうございました。

ホント、おいしゅうございました。

 

出掛けに気まぐれシェフと少し立ち話し。

先日のパンの答えは1つは大正解、もう1つはシェフも思いも寄らない貧相な理由

だったんであえなく不正解。 (答えを言ったらシェフ、苦笑いしとった。汗)

折角考えていただいたもう1つの答えが、家族愛に溢れるものだっただけに、自分の

器の小ささが身に沁みちゃいました。 えっ、だからネットじゃ書けんって。(汗)

   

それと、どうやら前日nyankoセンセが来店してたらしい。 

う~ん、またもやニアミスじゃな。

シェフのお父さま曰く、「余程相性が悪いみたいじゃな!」だって。(爆)

来週も伺いますんでヨロシクで~す。 さて、何曜日に出没しよ~かな?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

ロッキー・ザ・ファイナル

週末、DVDを3本見たんだけど、心に残ったのはこの1本。

言わずと知れたロッキーシリーズの最新作、そして間違いなく最終作。

Rocky

 

過去の栄光とその惰性のような日々、老いと日を追う毎に深まる孤独感や喪失感、

年齢と共に変わってしまうもの、変わらないもの、そして変えてはいけないもの。

そんなのをうまく、とってもシンプルに、本当にまっすぐ表現できている映画です。

 

スタローンがインタビューでこんな風なことを言ってました。

「自分の人生の汚点があるとすれば、ロッキー5。できればなかった事にしたい。

そんな気持ちで作ったのが『ロッキー・ザ・ファイナル』。これでいい幕引きになった。」

うん、ロッキー5のグダグダの終わり方を最高の形で払拭できたみたい。

 

最初の1時間は何だか寂しくなるような展開だけど、現チャンピオンとのエキシビション

マッチが決まった辺りからグンッとボルテージUP。

恒例の「ロッキーのテーマ」に乗せて特訓が始まったときにゃ...もうね、号泣じゃ。

「んなアホな!」なんて捻くれた見方をせずに、心を空っぽにして楽しんで下さい。

 

「最近草臥れてるんだよなぁ」とか、「日々に張りがないなぁ」なんてつぶやいてる

中年のおじさんたち! 是非この映画を見て元気を分けてもらって下さい。

下手な栄養ドリンクやサプリメントよりずっと効くこと間違いなし!!!

「パッ、パーパパ、パーパパ、パーパパパ♪(ロッキーのテーマね)」って頭の中で

口ずさみながらジョギングなんてどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 5日 (水)

ブリュケムント

『みよしラーメン』さんからの帰りに、おやつのパンでも買っちゃお!と立ち寄ったんが

『ブリュケムント(Brücke mund)』さん。

Tatazumai_2

 

おやつのパンだけじゃなくて、ついつい晩酌のお供まで買ってしもうた。

食欲の秋には勝てまへん。(汗)

Breads

 

手前左が「フランス産カマンベール」。 パカッと割るとカマンベールがこんにちは。

手前中央が新製品の「ほくほくじゃが芋とツナとマヨ」。 スパイシーでうんおいしっ。

手前右が定番「赤ちゃんのおしり」。 小麦の味と香りが楽しめます。

奥が「これがゴーダ」。 チーズがとっても濃厚で酒の肴にバッチシ。

 

レジを済ませた後、「店内を撮らせてもらっていいですか?」と尋ねると、少し間を

おいて「どうぞ」との事。 こんなオッサンが突然デジカメを出すと不審に思うわな。

そう言えば...と、前回の日記で気になった店名の謎を思い出してもうた。

普段は健忘症気味なのに、こんな時に限って、いらん事を思い出すもんじゃ。

 

勇気を振り絞って、「こちら橋口さんって方がされてるんですか?」と尋ねると、

一瞬怪訝そうな表情で、「...えぇ、夫婦でやってて苗字が橋口なんです。」

という事でした。

「やはりそうですか!お店の名前がドイツ語で"橋"と"口"ですよね!」と嬉しそう

に答えました。

「ビンゴじゃ!」と喜ぶ自分と、不審人物にいきなり苗字を聞かれ戸惑う奥さまとの

ギャップがご想像いただけますでしょうか?

「また来ますね!」と言って店を出ましたが、我ながら明らかに不審者じゃな。(汗)

会話はもう少し順序立ててしなくちゃね、と反省したびっとさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みよしラーメン

愛妻弁当なしの日に、一人だとついつい行ってしまうんよな、ラーメン屋さん。(汗)

まあ、以前みたいに週に何回も行ってないからヨシって事にしとこっと。(駄目?)

この日のお昼は『みよしラーメン』さん。

Tatazumai

 

鶏ガラベースのさっぱりしたお味で、何処となく懐かしささえ感じます。

でも、化学調味料を全く使わないこだわりは、ある意味個性派。

コッテリが少し辛くなったびっとさんには丁度いいかな。

Ramen

 

とか言いながら、あっと言う間に麺と具を完食。

いい加減にしとけ!って言う脳に、手と口が反応できず、スープをほぼ完飲。

もうね、書きながら自己嫌悪じゃわ。

 

そうそう、モミジや鶏頭をふんだんに使ってるそうで、コラーゲンたっぷりだそうです。

安心して食べられるお勧めのラーメンですね。 ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YAMADA BEE FARM

『セルフうどん かめや』さんで昼食後、さんすてへちょっと寄り道。

そのついでに立ち寄ったんが『YAMADA BEE FARM』さん。

こちら山田養蜂場さんの直営ショップで、蜂蜜はもちろん、蜂蜜を使った商品を扱って

ます。

Tatazumai

 

そのお店の中にあるはちみつドリンクコーナーに本日のお目当てが。

それがこの「はちみつソフトクリーム」。

Soft

 

2ヶ月ほど前に嫁さんの勧めで初めて食べたんだけど、一口食べてもうビックリ!

蜂蜜風味というより、蜂蜜そのものを口に含んだって感じるくらい、もう口の中が

「は・ち・み・つ」で一杯になります。 コレ、超絶品です。

蜂蜜好きさん、ソフトクリーム好きさん、どちらも是非一度食べてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

セルフうどん かめや

日曜日、長男が前日のソフトボールで少し体調を崩したみたい。

お昼に何が食べたい?って聞くと、「うどん!」だって。

ではでは、『かめや』さんに出かけましょう!

この日のメニューは、かけ(小)、あげ、ちらし寿司、玉ねぎのかき揚げ。

調子に乗って、ついつい取りすぎてもうた...(汗)

Zentai

 

まず、かけというより、きつねのUP。 いつもに増して、いいお出汁でうんまい。

麺もクニュッとした食感がたまらなく好きじゃ。

Kake

 

ちらし寿司。 酢飯は柔らかめなんだけど、それが僕好みなんよな。

Chirashi

 

玉ねぎのかき揚げ。 甘い、甘いんよコレが。

Tamaten

 

やっぱり取り過ぎで、ちらし寿司をわけわけして家族で食べました。

長男も満足そうに完食。 早うよ~なれよ!

今日もごちそうさまでした。 おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

CAFE 碧い森

ここ何日か、近所の『CAFE 碧い森』さんが閉まっている様子。

よく見ると、こんな張り紙が。

Aoimori

 

どうやら、12月9日(日)まで臨時休業だそうです。

この拙ブログで紹介している手前、ご報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Italian Panatteria Carino

『中国料理 アプランドル』さんで、お腹一杯になった後、次期マイカー候補車の試乗

に出かけました。

思ったより高かったね~、とか言いながら立ち寄ったのが『Italian Panatteria Carino

(カリーノ) 岡山店』さん。 お初でございます。

Tatazumai_2

 

とってもおしゃれな外観でしょ! もちろん店内もおしゃれでした。

ランチもあるみたいで、近々再訪かな?

この日はパンをテイクアウト。 こんなのを買って帰りました。

Breads

 

ちょこちょこ摘んでみたところ、どのパンもおとなしいイメージかな?

歯ごたえがガツンときたり、メチャふわふわだったりって主張するタイプじゃなくて、

普通っぽい感じ。 その分、気軽に安心して食べられるお味です。

あっ、もちろんどれもおいしかったですよ。 

 

左に写ってる「バケットサンドソーセージエッグ」と、一番長い「くるみバケット」を肴に

白ワインをいただきました。

ん? この白ワイン...『小鶴 黄麹』って書いとる。 まぁ、えっか。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

中国料理 アプランドル

先週、お客さんが一杯でランチを食べれんかったんが心にずっと引っかかってた。

今週、出直したのが『中国料理 アプランドル』さん。

このお店、今更説明の必要がない有名店ですね。 約2年ぶりの再訪です。

まず、お店のたたずまいから。

Tatazumai

 

入店すると、15分から20分待ちとの事。

今日は時間に余裕があるので待ちますよ。 そもそも覚悟してたしね。

 

暫くして席に通されランチを注文。 注文後、20分くらいして出てきたのがコレね。

おぉっ、相変わらず凄いボリュームじゃ。 では、恒例の撮影タイム。

Zentai

 

手前が豚肉の煮込み。 奥が野菜のクリーム煮。

豚さんは八角が効いてて美味。 白菜たっぷりのクリーム煮はちょっとアンマッチ!?

Oniku

 

手前は大根餅。 奥は海老、大根、蓮根の天麩羅ね。

天麩羅はマヨネーズソースがかかってて旨かった。

Omochi

 

手前は中華風お刺身。 奥はデザートの杏仁豆腐ね。

Sashimi

 

おかずが多くて多くて(笑)...ペース配分を間違えてご飯が先に終わってもうた。

やめときゃいいのに、おかわりをして嫁さん、長女とわけわけ。

おかげで3人ともお腹は破裂寸前。(汗)

食後にコーヒーをいただきました。 ごちそうさまでした。

 

おしゃれにガッツリ食べたい方にはお勧めですよ。

「これぞ中華!」ってのを食べたい方には???かな。

そうそう、何よりお時間に余裕のある時にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

上戸うどん

さて、はしご2件目は『上戸うどん』さん。 お客さん曰く、四国最強のコシだそうです。

まず、外観はこんな感じ。 海岸線の風光明媚なロケーションです。

Jyouto

 

駐車場には県外ナンバーもちらほら見えました。

お店の前に立つと、小麦の香りがするじゃないですか!

期待が膨らみ、お勧めのひやぶっかけ(小)を注文。

出てきたのがコレ。 お客さんは今日のは細いって言ってたけど十二分に太い。

Hiya

 

麺にエッジが立ってるのが分かるかな? それも鋭角でしょ。(笑)

一口啜ると、激しいコシにビックリ仰天!!!

噛み切る訳じゃなく、歯応えを楽しむ感じで軽く噛むと、この麺、グッと押し返します。

おとこの中のおとこ麺じゃ。 お店の前で感じた小麦の香りが鼻を抜けます。

うん、これまたうまい。 ごちそうさまでした。

 

観音寺駅まで送っていただき、四国を後にしました。

多度津辺りでの車窓から。

Hukuro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »