« ら~めん道場 | トップページ | 龍の髭 »

2007年12月28日 (金)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました、『こっく』さんの日。 (平穏無事の証拠!?)

と、書きながら、実は『こっく』さんに向かう道中で、仕事に関しての調査依頼というか

ほとんどクレームの電話連絡がありました。 もう、最悪の気分じゃ...

内心、超ブルーで引き返そうか?と思いながらも、「まあ腹が減っては戦はできん!

どこかでお昼は食べるんだし。」と、予定通り『こっく』さんへGO。 (さすがB型じゃ。)

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

入店すると、シェフの表情に微かな笑み?と思った瞬間、カウンターにおられた

先客の女性に「びっとさんですよ」と、一言。

その方が振り返ると、な、な、なんと、nyankoセンセじゃないですか!!!

なかなか逢えんと思ってたのに、2週立て続けでバッタリ逢うなんてホント奇遇じゃ。

もちろん、心の準備もな~んもできてないから、もう開き直るしかないわな。(汗)

 

あれこれ、お話ししているところに出てきた本日のランチ。

Zentai

 

メインの「鶏モモ肉のソテー 柚子こしょう風味のソース」。 風味たっぷりのソースに、

いつものように旨みたっぷりの鶏モモが合ってて、ご飯がすすんでしまいます。

Chicken

 

「蕪豆腐の揚げ出し」。 中を割ると、卵豆腐みたいにフワフワで黄色い豆腐です。

蕪をどうやったらこうなるんでしょ? 優しいお出汁、もちろん完飲!

Kabu

 

「ポテトサラダとカリフラワーソース」。 ジャガイモと紫イモかな? よ~分からん。

シェフの魔法にかかるとポテトサラダがこんな事になっちゃいます。 激ウマ!

Potato

 

「木の子の生春巻き」。 何種類かのキノコを生春巻きで包んで、酸味の強いソースと

合わせてた。 生春巻きが大好物な嫁さんに食べさせてあげたかったな。

Harumaki

 

最後にデザート。 すいません、名前を失念。 なんとかかんとかのプリンです。(笑)

Dessert

 

今日も本当においしゅうございました。 ごちそうさまでした。

 

実はnyankoセンセ、僕が入店した時には完食されてたんだけど、気を使って下さった

のかどうか、僕が完食するまでお店にいて下さいました。 びっとさん感激です!

お食事の間、あんな事やこんな事をたくさんお話ししました。

って言うより、一方的に聞き役だった、の方が合ってるかも?(爆)

nyankoセンセ、本当に楽しい時間をありがとうございました。

また、どこかでお逢いしましょう! 次も『こっく』さん、はたまた『かめや』さん!? 

|

« ら~めん道場 | トップページ | 龍の髭 »

そうさく料理」カテゴリの記事

コメント

年末は ほんと 電話が鳴るたび ドッキドキ
あたちもね イヤな話が多いんよぉ
こう見えても(ぷっ) じつは根っからのA型なので 
はい上がるのに けっこうチカラがいるんですわ。。。


「びっとさん 今週はお忙しくって成敗できないかもって
そんな コメント入れられてたね」って シェフと
ちょうどうわさしてるところに ご登場~~~♪
たのちかったね おいちかったね

>一方的に聞き役

まさにぃーーーっ(爆)
あたちの弾丸炸裂トーク すごいじゃろ?(爆)x3
それがね シェフがこのところテクを身につけてきて
絶妙なタイミングで 突っ込みを返せるように!!!

びっとさんもがんばってにゃ~~~(^_^)v

投稿: nyanko | 2007年12月28日 (金) 16時27分

>nyankoセンセ
いらっしゃいませ♪
先日はお付き合いいただき、ありがとうございました。

お互い、お仕事は大変ですよねぇ。
クレーム処理は最優先で処理しないとダメだけど、他の業務で
アップアップの時は、もうホント凹みます。
そんな時、以前の先輩の名言を思い出して、何とか乗り切ります。
その名言は、「何があっても命までは取られりゃせんけん。」
おかげ様で、未だに死なずに何とかやってます。(笑)

一方的な聞き役、結構居心地が良くて好きなんですよ。
幼い頃、盆正月の親戚連中の集まりで、母親を含めた女性陣の
井戸端会議の横で、話しを聞くんが好きでした。
何だか、その頃の心地よさをnyankoセンセに感じます。
これからもマシンガントークを炸裂させて下さい。
シェフに負けんよう、気の利いた返しができるよう精進しますね。

投稿: びっとさん | 2007年12月28日 (金) 20時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうさく料理 『こっく』:

« ら~めん道場 | トップページ | 龍の髭 »