« そうさく料理 『こっく』 | トップページ | 旬菜 菜の花 »

2007年12月15日 (土)

なか浦

この日は水島で軽作業。 1時を少し回って伺ったのが『なか浦』さん。

子供の頃からうちの親や、友達の親父さんに連れて行ってもらってた老舗&有名店。

nyankoセンセからの情報では『天乃』さんはこちらのご出身だそうです。

それじゃあ、『天乃』さんの味を忘れんうちに食べ比べじゃ!(健忘症気味じゃけど。)

Tatazumai

 

まず、「ざる、ちょうだい」とお願いして出てきたんがコレ。

一昨日の日記と見比べたら分かるけど、ソックリじゃろ。

Zaru

 

3分の2ほど食べたところで、「亀さん、ちょうだい」って出てきたんがコレ。

ちなみに「亀さん」っていうのは「天ぷらうどん(亀)」で、海老のかき揚げうどん。

「天ぷらうどん(鶴)」ってのもあって、そちらは海老天うどんで、ちょっとお値段UP。

この呼び方、友達の親父さんが使ってて、それを真似してます。 

えっ、どうしてかけじゃないんだ!比較にならん!だって? う~ん、そう思うわな。

理由は簡単...「亀さん」って言いたいからじゃ! (ただ、「通」ぶってるんよ。笑)

Kame

 

それでは、びっとさんの『なか浦』さんと『天乃』さんの大胆比較。

・麺はコシ、歯ごたえとも酷似。 麺の表面のツルッと感は『なか浦』さんが上かな?

 でも、これは好みで、どっちが好きかって聞かれても分からんです。

・「ざる」はほぼ同量。 どんぶりは『なか浦』さんの方が大きく、麺、お出汁も多め。

 そのせいか、お値段は『なか浦』さんの方がちょっとだけ高め。

・ざるのつゆは二つ並べて出されても、当てられる自信なし。

 熱いお出汁は『なか浦』さんの方が、少しだけ薄目かな?

 

まあ、梅肉を使った甘めのソースを、缶詰のさくらんぼを使ってるで!って言い張る

程度の舌の持ち主なんで、全然あてにならんですけどね! ついでに健忘症だし。

あっそうそう、大きな共通点は、どちらもおばちゃん達が元気良く働いてるところ。

ちょっと疲れてる時なんか、「僕も頑張らんとね!」って思うんよ。

|

« そうさく料理 『こっく』 | トップページ | 旬菜 菜の花 »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485841/9457530

この記事へのトラックバック一覧です: なか浦:

« そうさく料理 『こっく』 | トップページ | 旬菜 菜の花 »