« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

フジタパン

この日、所用で津山へ出かけました。 うちの嫁さんの故郷です。 以前から、

嫁さんが「メロンパンだったら、ここが日本一!」って豪語してた『フジタパン』さん。

日本一のメロンパンとは、どんなもんなんか、興味津々で伺いました。

Tatazumai

 

店内はこんな感じで、懐かしめのパンが並んでます。 メロンパンが4種類もあるわ!

Tennai

 

買って帰ったんは、嫁さんお勧めの、この2種類。 奥が「生カスタードメロン」で、

手前が「チョコクリームメロン」。 この「チョコクリームメロン」が絶品なんだって。

Breads

 

まず、「生カスタードメロン」を割ってみると、こんな感じで、カスタードクリームが

入っています。 ちょっと、かたよっちゃってるけど。(笑)

Cream

 

そして、「チョコクリームメロン」の中には、昔なつかしチョコバタークリームがたっぷり!

少しいただいたんだけど、バタークリームって何年、いや何十年ぶりだろ?

どちらのメロンパンも、生地が、ふわっふわなんが特徴じゃな。 ホンマ、旨いがな。

Choco

 

こちらのお店、嫁さんが子供の頃からある老舗だそうです。 それに、このメロンパンも

何十年も前からあるんだって。 メロンパンにクリームを入れるって発想は、当時、

斬新だったんでしょうね。

ちなみに、20年ほど前、嫁さんはこちらのお店でレジ打ちのバイトをしてたそうです。

そりゃ、味に思い出がプラスされて、より旨いはずじゃわ。 ...って、関係者のやらせ

じゃありませんよ。(笑) ホント、おいしかったです。 また来ますね♪

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008年3月30日 (日)

思い出に残る画像3枚

先日、HDDの中をごそごそしてたら、ジムカーナをやってた頃の画像が出てきました。

中には、思い出深い物もあったりして、懐かしく見入っちゃいました。

ということで、特に思い出に残る画像3枚をご覧下さい。

 

【1枚目】

Ef8_1

これは、なださきレイクサイドパークでの一コマ。 目標にしてた選手に初めて勝った

時の画像です。 知人が銀塩(多分EOS)に600mmの望遠で撮ったのを、スライドに

して、スライドスキャナで取り込んだ画像です。

 

左奥から3速で飛び込んできて、この先の左の鋭角コーナーに向けて、荷重を

右フロントにじわじわ移しているところです。 見ての通り、ウェット路面ですが、

Sタイヤというレース用のタイヤ、それもSSコンパウンドという、ムチャクチャ

グリップするタイヤでの走行なので、100km/h弱くらいスピードは出てるはずです。

普通のタイヤだと、ありえないスピードですわ。 とっくの昔に飛んじゃってます。(笑)

 

よ~く見ると、路面に残ったタイヤの跡、フロントの舵角から、高速ドリフトしてるんが

分かるかと思います。 この後、2速へシフトダウンするために、左手は隠れてますね。

見れば見るほど、ギリギリ感が伝わってきて、とっても怖~い画像です。(笑)

ちなみに、この時の成績は...めでたく1等賞でした♪

 

【2枚目】

Ef8_2

これは、1度だけ出場した全日本ジムカーナ選手権 広島ラウンドでの一コマです。

1本目の出走直前に、車検をしてるところです。 車の後ろでは排ガスを測定してて、

リアタイヤのところでしゃがんでる人は、タイヤにマーキングをしてます。 当時の

レギュレーションで、タイヤ交換をしてはならないため、その目印を付けてます。

...買ったばっかりの新品タイヤなのに、落書きしちゃって、もう。(笑)

 

ちなみに、成績は...23台中、20位でした。 この年から、クラス分けが変更に

なり、僕の車より40馬力もパワーのあるインテグラを敵に回しての成績なので、

まあ、上出来ってところでしょうな。

 

【3枚目】

Dc2

目標だった全日本出場を果たし、モチベーションがガタ落ちしちゃいました。

何となく、主力車種のインテグラを中古で買ったんだけど、なかなか気乗りがしない。

「このまま引退でもいいや...」と、思ってたんだけど、長男の一言がきっかけで

もう一度、車を作って、走る事にしました。

その言葉とは...「パパの1等賞、見たことないよ」。

 

ジムカーナに行くときは、必ず子供を連れて行ってて、長女には1等賞を取ったり、

シリーズチャンピオンで表彰される姿を見せられたんだけど、長男は見た事無いって

言うんです。 実は、幼い頃に何度か見てるはずなんだけど、本人は覚えてない様子。

そんな事を言われたら、パパとしては、頑張るしかないわな。(笑)

 

DIYで車を作り(レースで勝負ができるよう改造する事ね)、この日が本格復帰第1戦。

この画像は、そのときの一コマです。 知人が、デジイチ(多分NikonのDなんちゃら)で

撮ってくれた画像です。 右上に子供が写ってるんだけど、ナントこれ、うちの長男!

友人は何の計算もなく撮ったんだけど、偶然、長男が写ってるという奇跡の一枚です。

他のお客さんもたくさんいたんだけど、なぜかツーショット状態で、競技会って雰囲気は

全くないですな。(笑) この画像は、お気に入りで、デスクトップの壁紙にしてます。

 

気になる成績は...もちろん、ぶっちぎりの1等賞♪

おかげさまで、長男にも1等賞を見せてやる事ができました。

ちなみに、この年、めでたくシリーズチャンピオンもゲットしました!

 

そんなこんなで、ただいま隠居状態です。 でも、一応、インテグラは、まだ手元に

あるんだよね。(笑) 悪い虫が、騒がんかったらいいんだけどね。(汗)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

山下商店

この日、毎週恒例の『こっく』さんへ。 しかし、13時半になろうという時間にも

関わらず、お店の前には行列、いやいや、黒山の人だかりができとった。(汗)

怖い物見たさで、予約の状態を確認すると、7~8組、ざっと20人待ちみたい。

客層を見ると、結構、中高生が混じっとる。 先日、シェフと、春休みになったら、

お母さんたちが子供たちにお昼ご飯を作るために、客足が減るんでは?なんて

話しをしたんだけど、その子供たちを連れて来ちゃって、逆に増えとるがな。(爆)

 

さすがに、これは待てん!と、泣く泣く断念。 そして向かったのが『山下商店』さん。

かれこれ半年ぶりかな? つい、この前に来たときは、定休日で食べれんかったんよ。

Tatazumai

 

この日、初めてNew Weaponのデジイチを投入。 カメラ本体だけを持って行こうか、

バッグに入れたままかと悩んだ挙句、バッグに入れたまま入店しました。

結構な大荷物なっちゃうし、バッグからデジイチを出すのが恥ずかしかったりで、

またもや挙動不審状態。(笑)

 

オーダーをした後、店内のお品書きをパシャしようと、「写真を撮っていいですか?」

って、女性の店員さんに尋ねると、「どこをですか?」なんて切り返されちゃって、

「あのぅ、この辺を」って、壁を指差す始末。(汗) もうね、いいんよ、どうでも。(涙)

 

そうしたやり取りの後に、お品書きをパシャ。 麺が新しくなったって書いとる。

Menu

 

暫く待って出てきた「らーめん」。 チャーシューが巻きになってるくらいで、以前と

面持ちはあんまり変わらんみたいじゃな。 ちょっと、コッテリ度が上がってるかも?

肝心の麺ですが、以前と比べ、麺の表面が滑らかになっています。 以前は、

ざらっとした感じで、粉っぽく感じるきらいがあったんで、こっちの方が好みじゃわ。

Ramen

 

ついつい、替え玉。(滝汗) レンゲを使わなかったにも関わらず、スープが結構

減っとるがな。(涙) ちなみに、チャーシューを1枚残しとくっていう小技も使ってます。

Kaedama

 

県内の長浜ラーメンでは、こちらが一番好みです。 惜しむらくは、スープがもう少し

多ければ、替え玉をしたときのバランスが良くなるんだけどなぁ...と思ってたら、

「半替え玉」なる物が、新たに設定されてました。 (お品書き画像の中央上を参照。)

無意識のうちに「替え玉、カタで~」、なんて言っちゃったんだけど、「半替え玉」に

しとけばよかったかもね。 いやはや、お腹一杯になりました。 ごちそうさまでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

和syokuya ほんのり

前日の夕食が鶏の唐揚げで、さっぱりしたもんがいただきたいと伺ったんが

『和syokuya ほんのり』さん。 ナビに案内してもらって、辿り着いたんだけど、

ここって以前、ハンバーグ屋さんじゃなかったっけ?

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 えっ、週替わりは「と、鶏の唐揚げ」ですか?(滝汗)

Menu

 

「ほっけ」は、ご飯のおかずというより酒の肴だし、お刺身定食でお刺身だけしか

おかずがないとこれまた失敗だし...ということで、僕は「週替わり定食(もみじ)」を、

嫁さんは「お刺身定食」をオーダーしました。

 

暫くして出てきた「週替わり定食(もみじ)」。 

Zentai

 

「鶏の唐揚げ」に、あんというよりお出汁がかかっててます。 「玉子あんかけ」って

ことだから仕方ないんだろうけど、できれば別々にいただきたかったな。

Karaage

 

こちら、嫁さんがオーダーした「お刺身定食」。 Photo by 嫁さん。

Sashimi

 

こうやって書きながら、あんまり覚えてないんよ。 「コレッ!」と言った特徴を感じない

お料理でした。 う~ん、「ほんのり」って感じかな? (そのまんまじゃがな。汗)

って言いながら、もちろん完食しましたよ。 ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月27日 (木)

OH!牛乳

我が家は結構、牛乳を消費します。 長男は冷蔵庫に牛乳がないと不機嫌になるし、

嫁さんは毎朝、健康にいいと、暖めた牛乳に緑茶青汁の粉末を混ぜて飲んでます。

先日、近所のマルナカさんで、こんなんを見つけました。

Oh

 

とうとう、OH!くんは、牛にまでなっちゃったみたいです。(笑) すげ~、かわいい。

OH!くんの発信元のOHKは岡山だし、オハヨー乳業も岡山、肝心の牛乳も岡山で

搾ってるって事は、地産地消ですな。 これだけでも、この牛乳を買う価値アリです。

ちなみに僕は、メタボが怖いんで、無脂肪乳しか飲みませんです!(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

Canon EOS 40D

ついに買っちゃいました。 「Canon EOS 40D EF-S17-85 IS USM レンズキット」。

今月20日から2万円キャッシュバックキャンペーン中なので、時期としてはバッチリ!

CFカード、フィルタ、バッグ、保護フィルムこみこみで、15万円強。 キャッシュバックを

入れると、13万円くらいです。 それでも、発売当時のボディのみのお値段なので、

その頃に買われた方には気の毒じゃわな。(汗)

Eos40d

 

CFカードは、サンディスクの「ExtremeIII 4GB」。 これだと、6.5コマ/秒の連写も

いけちゃうみたいです。 そんなに連写する事があるんか分からんけど。(汗)

Cf

 

早速、うちの次男、三男をパシャ。 夕暮れ時で薄暗かったんで、コンデジでは、まず

まともな撮影は不可能なシチュエーション。 なかなか、良さ気でないかい。

Jinan

Sannan

 

ついでに、うちにあった八朔をパシャ。 どんなもんでしょ?

Hassaku

 

既に、「新しいレンズが欲しい病」を患っています。 いや~、困ったもんじゃ。(汗)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

酒工房 あおえ

倉敷に来たら、是非伺おうと思ってた『酒工房 あおえ』さん。 reiさんからの紹介です。

住所を調べてみると、「あぁ、ここか!」って感じです。 何せ、元々倉敷市民だもんで、

このお店の前も何回も通ってるし、近所に知人も何人かいます。 でも、当時、家では

ビールしか飲んでなかったもんで、酒屋さんにまではアンテナを張ってなかったんよ。

Tatazumai2

 

店内には、有名処の焼酎が並んでいます。 垂涎の品揃えです。(笑)

この日のお目当ては大海酒造の「楔(くさび)」だったんだけど、残念ながら品切れ。

そこで、第2候補だった、さつま無双の「土竜(もぐら)」を買って帰りました。

Mogura

 

芋が主張しすぎるタイプじゃなくて、すっきり飲みやすい、僕好みの芋焼酎です。

いやいや、これも旨い。 飲みやすくって、危険な焼酎じゃわ。(笑)

この夜、ついつい深酒してもうて、4合瓶、ほとんど空けてもうたがな。(汗)

 

「楔」も飲みたいし、店頭で飲みたい焼酎を新たに発見したんで、必ずまた来ますね♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年3月24日 (月)

山賊

嫁さんの愛車の検査に、一路倉敷へ。 「さて、お昼はどこへ行きましょうかね?」と、

話してて、ふと思いついた『山賊』さん。 実は、このお店、嫁さんとの初デートに

行ったお店です。 そのデート以来、行ってないんで、かれこれ15年ぶりです。(汗)

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 お手ごろなお値段ですな。

Menu

 

「コンソメスープ」。 まあ、普通ですな。

Soup

 

これが「チキンカツ」と「鮭のムニエル」。 鮭はちょっと焼き過ぎ。(汗) チキンカツは

モモ肉を使ってて、ボリュームたっぷり! もちろん、ご飯もてんこ盛りです。(笑)

Zentai

 

これは、この店の名物(って勝手に思ってる)「コールスロー」。 「コールスロー」なる

キャベツを使った料理を、産まれて初めていただいたのは、こちらのお店です。 

懐かしくて、変わらぬお味に、当時の色んな事が、走馬灯のように頭を駆け巡ります。 

Cabbage

 

最後にコーヒー。 業務用のコーヒーメーカーで、何十杯も一度に作ってるみたい

だけど、運良く淹れたてでした。 ラッキー!

Coffee

 

15年前は、おしゃれだった内装も、あの頃のまま...じゃなくて、時の経過を

感じずにはいられません。 それは、お店だけじゃなくて、うちの夫婦にも言える

ことなんよな。 誰だって、何だって、時間が経つごとに古くなるんは仕方ないけど、

ただ歳を取っただけなんてのは、寂しいよね。 大それたことなんてできんけど、

「いい歳の取り方をしたなぁ」と後から思えるように、過ごしていければ嬉しいな。

 

ちょっと逸れちゃったけど、こちらのお店、昔ながらの人気店で、お客さんは一杯。

でもね、こちら店員さん、笑いが出る程、愛想がないんで、そこは目をつぶってね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

winさんとのお食事会

以前、ブログ友達のwinさんと、「いつか『こっく』さんに行きましょうね♪」、なんて

やり取りがありました。 年度末という事もあり、ハードな毎日に、ストレスも飽和状態。

また、winさんにも色々あったんで、今が絶好のタイミングかも?と、僕からお誘いの

メールを送りました。 快く承諾いただいて、この日二人で『こっく』さんを襲撃です。

 

カウンターに陣取り、まずは乾杯!!!

Kanpai

 

ランチでは各1つずつのお漬物がてんこ盛り! これだけで、お酒がすすみます。

Otsukemono

 

僕が芥子好きという事で、そうさく一品目。 「菜の花の白和え 芥子風味」。

花粉症の鼻の通りが良くなるくらい、芥子がツ~ンってきます。 こりゃ嬉しい!

Karashi

 

「大根の茶碗蒸し風」。 大根おろしに、少し玉子を入れ、茶碗蒸し風にまとめてます。

具には大根、牛スジ。 お出汁も絶品で、ウマウマじゃわ~。

Chawanmushi

 

winさん大好物の「山芋の揚げまんじゅう」。 できたてアツアツはたまらん旨さじゃ。

Agemanjyu

 

こちら「そうさくサラダ」。 春らしい色使いで、ベッピンさんじゃ。 真ん中のフライは

牛蒡を炊いたんです。 ホクホクしてうま~い!

Salad

 

「じゃこ飯の特製黄身のせ」。 おこげがパリパリして、食感は楽しいし、濃厚な黄身と

じゃこの芳ばしさが相まって、こりゃ~絶品ですわ。

Jyako

 

「根菜の白玉団子揚げ」。 今週のランチの小鉢の一品です。 気になって仕方が

なかったんで、無理言って作ってもらいました。(笑)

Shiratama

 

前回も登場した「トマトのシャーベット」。 口の中をさっぱりとしてくれます。

Tomato

 

いや~、『こっく』さんの夜の部、タンノーしました。 winさんやシェフとのお話しも

楽しくて、アッと言う間に時間が過ぎちゃいました。 

「ごちそうさまでした。 また来ますね~♪」と、挨拶を残した後、二人は当然のように

岡山の街へ繰り出したのでした。(笑)

 

 

 

さて、行き先は、winさんお楽しみの『まことや』さん。 お昼は2度ほど来た事が

あるんだけど、夜の部は初めてです。 結構、あれこれ酒の肴があるみたいです。

 

まずは、「かしわの煮込み」。 多分、チャーシューの煮汁で炊いてるんだと思う。

味も濃い目で、お酒に合わん訳ないわな。 柚子胡椒もいいね。 こりゃ旨い。 

Kashiwa

 

「芥子高菜ときゅうりの漬物」。 この高菜、ラーメンに入れたい。(笑)

Takana

 

「水餃子」。 皮もモッチリしてて、おいしいです。

Gyouza

 

これが、僕の今日の〆。 「きざみチャーシューねぎ入りラーメン」。

いや~、具がてんこ盛り。(汗) 見た目より、さっぱりいただけます。

Ramen

 

こちら、winさんの〆、「コクの赤玉ラーメン」。 

ちなみに、ある方からの言い付け通り、二人ともスープは残しました。(笑)

Ramen2

 

winさんの醸し出す、ほんわかとした雰囲気の中、楽しい時間を過ごす事ができました。

winさんの周りを流れるスピードと、僕の周りを流れるスピードに違いがあるように

感じました。 何だか余裕のない毎日を過ごしている僕から見ると、懐の深さというか、

人間の深みというか、見習わんとな~、と考えさせられたお食事会でした。

また、色々、おせ~てやって下さい。  是非是非、また遊んで下さいね♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

CHINESE TEA & DINING Room Room

前日から、我が家へお泊りに来てた、嫁さんのお母さんを岡山駅まで送る途中に

伺ったんが『CHINESE TEA & DINING Room Room』さん。 嫁さんのリクエストです。

Tatazumai_2

 

運良く、4人がけテーブルに陣取り、「本日のおかず弁当」をオーダー。

暫くして出てきたんがコレね。 うん、今日も立体駐車場じゃ。(笑)

Zentai_2

 

メインの「鰯の照り焼き」。 濃い目の味付けで、なかなかおいしい。

Iwashi

 

とってもきれいな「菜の花の豆腐ソースがけ」。 この季節らしいですな。

Nanohana

 

実は、パシャできてないんだけど、ご飯の左に「ふき味噌」が合ったんよ。

失礼かもしれんけど、それが今日の一番! ご飯がいくらでも食べれそうじゃった。

 

やはり、雰囲気はとってもイイですね。 嫁さんもお母さんも、くつろげたみたいです。

ごちそうさまでした。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

フリュティエ 原尾島店

会社で仕事をしていると、特に用事も無いはずの嫁さんがやってきました。

時間は、お昼前。 「何だかラーメンが食べたいな~」なんて言ってるし。(汗)

はいはい、じゃあ近所の『あか鬼』さんでも行きましょうかね、と伺ってみると満車。

『山下商店』さんまで足を伸ばしてみると、定休日。 そういや、月曜日は休みじゃ。

何処でもいいや!って飛び込んだんが、『フリュティエ 原尾島店』さん。

僕はお初、嫁さんは友達と数回来た事があるんだって。

Tatazumai

 

僕は「トラントアミューズ」、嫁さんは「プラ・デュ・モワ」をオーダー。

名前からは分からんけど、僕のは2皿構成、嫁さんのはワンプレートのランチです。

 

まず、僕の1皿目がコレね。 上段左から「ほうれん草のポタージュスープ」、

「スモークサーモンとラディッシュのマリネ」、「いちごのカクテル」。 下段左から

「たこのトマト煮込みグラタン」、「ホタテのサラダ」、「ツナとオニオンのキッシュ」。

Zentai

 

それと同時に、こんなパンも付いてきます。

Breads

 

1皿目を食べ終わるのを見計らって、出てきた「鶏もも肉の茄子とトマトクリーム

煮込み フィジリ」。 う~ん、このパスタ、ちょっと苦手なんよ。(汗)

Pasta

 

ちなみに、嫁さんのはこんな感じでした。

Zentai2

Dessert

 

周りは女性ばっかりで、少々気圧される感じがします。 正直、ちょっと落ち着かん。

こちらのお店は、そもそもケーキ屋さんなので、ランチにケーキ+ドリンクを追加して

女性同士が、ゆっくり食事とおしゃべりを楽しむんが、本来の楽しみ方なんでしょうな。

僕みたいに甘いんが苦手な人だと、このお店の魅力が半減しちゃうかもね。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

Kaji-Pan

『ア・ラ・メゾン』さんでお昼をいただいた後、立ち寄った『Kaji-Pan(カジパン)』さん。

2週間ほど前に伺った時は、残念ながらお休みで、今回めでたく、お初です。

Tatazumai_2

 

入店すると、レジ打ちをされてる女性(店主さん?)の威勢のよい声が響いています。

とっても気さくで、お話しも上手、そしてユーモアたっぷり! 自然とこちらも微笑んで

しまいます。 こちらのお店では、パンだけじゃなくて、元気もいただけますよ。

 

家に帰ってパシャする時間がないかも?と、失礼して店内でパシャ。

手前のデニッシュは左から、「いちごのデニッシュ」、「ベリーデニッシュ」、「金柑の

デニッシュ」。 右手前から、「くるみとチーズのカンパーニュ」、「カンパーニュ

ベーコンエピ」、「じゃがいものフォカッチャ」。 袋に入ったんが、切り売りの

「カンパーニュ」ね。

Breads

 

帰りにベーコンエピを一欠パクッ。 ベーコンとチーズが、とっても贅沢に使われてて

多分、僕が食べたベーコンエピの中で一等賞! これをトースターでちょっと焼けば

もっとおいしくいただけるだろうと、想像しただけで、ヨダレが出そうじゃ。(笑)

それ以外は食べれんかったけど、嫁さん曰く、どれもおいしかったそうです。(涙)

近いうちに、再確認必須じゃ! おいしかったです。 必ず、また、来ますね♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

ア・ラ・メゾン

この日は土曜日だったんだけど、昼過ぎから出張の予定が入ってました。 

休日に仕事だと不機嫌になる嫁さんのご機嫌取りに伺ったんが『ア・ラ・メゾン』さん。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

ランチをオーダーし、暫くして出てきた「かぶのスープ」。 柔らかい口当たりに

やさしいお味。 うん、ホッとするスープです。

Soup

 

「グリーンサラダ」と、その向こうが「フォカッチャ」ね。 フォカッチャは自家製みたいで

レジの横でも、持ち帰り用に売られています。 食事パンとして、とってもおいしい。

Salad

 

メインの「岡山県産豚ロースのグリエ 香りバターソース」。 豚ロースが堅すぎず、

柔らかすぎずの、絶妙な歯応え。 噛めば味がする、とってもイイお肉です。

香りバターソースも、文字通りイイ香りで、お肉とよく合ってます。 うまうまじゃ!

Main

 

食後のコーヒーでホッと一息。 好みの深煎りで、なかなかおいしいです。

Coffee

 

こちらのお店、雰囲気もいいし、お料理は外さんし、お気に入りのお店です。

今日も、とってもおいしかったです。 また来ますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

『占星術殺人事件』 島田荘司

実はこの本、3年ほど前に一度、書店で手に取った事があります。

もう片方の手には、東野圭吾の『秘密』があって、悩んだ挙句、東野圭吾の方を

選んじゃいました。 その後、東野ワールドにどっぷりはまり、文庫本は数冊を

除いて、ほとんど読破しました。 ハードカバーは重いんで、読んでないけど。(汗)

あれから、何年かして、「そういえば!」と、思い出し、今回読んでみる事にしました。

Senseijyutu

文頭は、とっても重く、暗く、とてつもなく読みづらい文章が続きます。

「おいおい、ドグラマグラばりに読みづらいがな。」と、呆れ半分で読み進めて行くと、

その読みづらい部分は、故人の手記という事で一段落し、ある意味、普通の

推理小説のような展開になります。 途中、内田康夫のような旅情サスペンス的な

箇所があったり、ミスリードがあったりと、伏線を張り巡らしながら物語は進みます。

 

ここでは書きませんが、この小説に使われているトリックは、とっても印象的で

読み終わって何日か経つ今でも、余韻を引いています。 いや~、こりゃ凄い!

それに、この作品が、今や大御所の島田荘司のデビュー作って言うんだから、

二度ビックリじゃ! 調べてみると、福山出身だそうで、親近感も沸きますね。

 

ミステリーものを読んでみようかな?と、思っている方、この本、お勧めですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

手打ちうどんの館 より

長女が期末試験中、僕のお弁当は長女のついでに作ってもらってるんで、この時期の

お昼ご飯は、自然と外食になっちゃいます。 嫁さんと伺ったんが『手打ちうどんの館 

より』さん。 10年ぶりくらいだと思います。 そん時は、「ざる」を食べたはずじゃ。

Tatazumai

 

この日のオーダーは、「うどん定食」。 なかなか、うまそうでしょ。

Zentai

 

セルフうどんと、お値段を比べると2~3倍。 その分、お味も2~3倍かと言うと

...残念ながら、そうではありません。 もちろん、十分おいしいかったですけどね。

 

お腹一杯になった後、清算とレジに向かうと、お土産にこんなん貰いました。(驚)

もちろんタダ! 3玉分はありそうじゃ。 日頃の行いがイイって事なん?(笑)

Udontama

 

湯がいたうどんを取り置きせずに、ある程度の時間が経ったものは、こうやって

お土産に配るみたいですね。 こういうのに、弱いんよな~。(笑)

もちろん、この日の夕食は「焼きうどん」だった事は、言うまでもありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

そうさく料理 『こっく』

そろそろ『こっく』さん行脚を、VOICE21放映前の、毎週に戻そうかと思ってます。

未だに、ピーク時は凄いみたいだけど、うまく外せば何とかなりそうです。

ちなみに、この日は待ち時間ほとんどなしで入店でした。 読み通りじゃ♪

 

この日のメニューはコレね。 出掛けには、黒板は裏返されてたんだけど、外して

地面に置いてパシャ! 厚かましいけど、この画像がないと何も書けんのんよ。(汗)

Menu

 

カウンターに通されてオーダーした後、シェフが「絶対、体脂肪が上がってますよ!」

なんて言ってる。 カキコならともかく、面と向かって言われると、結構キツイわ。(汗)

こんな風に、あくなき報道使命のために、あちらこちらで食べてる裏で、涙ぐましい

努力をしてるんですよ。 毎日毎日、結構ハードに体をいじめ抜いてるんです。

えっ、誰も頼んでないって、そっ、そうじゃな。(汗) 好きでやってます、ハイ。(笑)

 

暫くして出てきたんがコレね。

Zentai

 

メインの「鶏モモ肉のソテー トマトフォンヂュソース」。 イタリアンっぽいソースと

鶏肉が絶妙に合ってます。 ご飯に合うわ~。 

Chicken

 

「サツマイモ団子とえのき茸あん」。 先週の「木の子白玉の揚げ煮」と、よく似てます。

微妙な違いがあるんも、面白いですね。 ちなみに、次回も少々アレンジをしたんが

出されるんだって。 「団子三部作」って、ところですね。 上品でいいね~。

Satsumaimo

 

「白菜豆腐と豚シャブサラダ」。 豚肉と、玉ねぎ(多分、新玉)のサラダが凄く旨い。

白菜豆腐(食べてる最中は、全く何だか分からんかった。汗)も、やさしい口当たりで

とってもうまくまとまってます。 とっても、うまうまじゃ。

Hakusai

 

「海老とチーズの春巻揚げ」。 ある意味、定番料理ですね。 見えづらいけど、

海老の火の通り方が絶妙です。 この辺が、『こっく』さんらしいところですね!

Harumaki

 

いやいや、今週も大満足です。 タンノーいたしました。 おいしかったです♪

 

デザートは、「ココナッツのなめらかクリームプリン」。 うん、おいしっ!

Dessert

 

シェフに聞いてみると、ランチは未だに、ほとんど毎日完売なんだって。

個人的な意見だけど、多分、今のペースが、これからの普通になるんでしょうな。

シェフ、体だけは壊さんように、頑張って下さいね♪  また、来ますね。

あっ、このメニューが食べられるんは、今日までです。 食べたい人、急げ~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

ビーバーズベーカリー

水島での仕事が一段落した後、以前から気になってた『ビーバーズベーカリー』さんに

ちょっと寄り道。 自分ちの晩御飯用のパンと、僕の実家へのお土産が目当てです。

Tatazumai_2

 

夕方前だったんで、店内に並べられたパンは、ちょっと少なめって感じじゃな。

店内に並ぶ、「くるみチーズ(下に画像あり)」と、「くるみおさつ」の表面の模様を見て、

「ピンッ!」と来ました。 そこからの店員さん(以下、店)と僕の会話をどうぞ。

 

僕 「すいません。こちら、おかやま工房さんと関連があるんですか?」

店 「えっ? えぇ、以前、修行してたらしいですけど...(数秒間の沈黙)

   あちらこちらのパン屋さんをご存知なんですか?」

 

パンを見ただけで、言い当てて、ご満悦な僕。(笑) しかし、その数秒後、そんな

質問が帰ってくるとは思わんかった。 予期せぬ事態に、

 

僕 「えっ? えぇ、まっ、まぁ.....でへへ。」

 

照れ隠しをするにしても、40歳のオッサンが、「でへへ」って、ありえんわ。(滝汗)

完全に不審者じゃがな。(泣)  店員さん、顔が引きつってるし...

お互い気まずい雰囲気の中、そそくさと、支払いを済ませて帰りました。

 

この日に買って帰ったんがコレね。 右下から左上にかけて「バイエルンフランス」、

「天然酵母いちじく」、「くるみチーズ」、「めんたいこフランス」。

右の方にあるんは、「ちょっと足らんかな?」と、ブリュケムントさんでの追加購入分ね。

Zentai_2

 

「天然酵母いちじく」の断面をどうぞ。 いちじくは、ハーフウェットタイプですな。

歯応えがあって、甘さ控えめ。 こりゃ旨いわ!

Ichijiku

 

『ビーバーズベーカリー』さんも、『マサベーカリー』さんも、『おかやま工房』さんの

派生なんだけど微妙に違うんよ。 そんな楽しみ方も面白いかもね。 

もちろん、どのパンもおいしかったです。 ごちそうさまでした。 また来ますね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

セルフうどん だい好き 西大寺店

先日UPしたばっかりなんだけど、西大寺で一番好みなんて、何処かで書いちゃった

もんだから、嫁さんが「連れてけ~」なんて言ってる。 じゃあ、確認兼ねて行きますか。

Tatazumai

 

この日は、「かけ小」に、「あげ」をトッピング。 それと「ばら寿司ね」。

Zentai

 

この、巨大なおあげにはビックリ! デカイだけじゃなくて、とっても分厚い!

1cmは軽~く超えてます。 厚揚げじゃな、こりゃ。(笑)

Kitsune

 

こちらは「バラ寿司」。 こっちは、まずまずといったところじゃな。

Barazushi

 

うどんだけど、おあげの冷たい煮汁が混ざっちゃって、かけ出汁が少し冷めたけど、

十分アツアツ。 嫁さんは「かけ」だったんで、かけ出汁をすすると、う~ん、やっぱり、

アッツアツじゃ。 それに、この出汁、うまいわ!

前回が、たまたまじゃなかった事が確認できました。 また、来ますね~♪

ちなみに、嫁さんは下唇の裏側をヤケドして、皮が剥けちゃったそうです。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

そうさく料理 『こっく』

石釜作りの翌日、そりゃあれだけ遊べば、体はしんどいわな。 でも日曜日だもんで、

家族サービスもしなきゃね。 義務感で体を揺り起こしてると、嫁さんが「お昼はこっく

行こうか?」なんて言うもんだから、しんどさなんてぶっ飛びじゃ!

 

丁度お昼時に伺ったんだけど、運良く前に1組だけしかいません。 長男は「まだぁ?」

なんて言ってるけど、こんなのかわいいもんじゃ。 10分ちょっと待って入店。

この日のメニューはコレね。

Menu

 

シェフとお父さんから満面の笑顔で挨拶されて、こちらも笑顔返し。(笑)

これなんよ、コレ! 頑張られてるんが、ひしひしと伝わります。 

 

奥のテーブルに通されて、暫くして出てきたんがコレね。 やっぱりキレイじゃわ。

Zentai

 

メインの「ビーフカツ 生姜とワサビ風味のソース」。 揚げ物を、薬味でサッパリと

仕上げてます。 多分、「ビーフカツ」は初めてじゃなかったっけ。 ボリュームも

あって、ウマウマじゃわ、こりゃ。

Beef

 

「メキシカンサラダの湯葉巻き」。 モッチリ感のあるポテサラを湯葉で巻いてます。

好物のポテサラ、夜の部 襲撃の時を思い出します。 それに、のけぞる程、旨い!

ソースに若干の甘さと渋みを感じたんだけど、あれってバナナなん? (多分違う!)

Yuba

 

「和風マーボー豆腐寄せ」。 豆腐、ひき肉をキッシュ(ちょっと違う?)のように

まとめて、和風チリソースがかけられてます。 シェフの発想に驚かされる逸品です。

Tofu

 

「木の子白玉の揚げ煮」。 モッチモチの白玉揚げと、煮込んだお野菜が

やさしいお出汁でまとめられてます。 もちろん、上品なお出汁もいただきました。

Shiratama

 

やっぱり、『こっく』さんのランチは旨いわ。 暴飲で荒れた胃にも、とってもやさしい。

至福を感じながら、いただきました。

 

最後にデザート。 「黒糖とゴマのパウンドケーキ」と、「ココナッツのなめらかクリーム

プリン」。 コーヒーと一緒にいただいて、今日もありがたく完食。 

Dessert

 

「さて、お店をでましょうかね」と、支払いを済ませ、盛り付け中のシェフに挨拶すると、

慌てられて、盛り付け中のお料理を、ポロンと床に落としちゃいました。(滝汗)

ごっ、ごめんなさい! 驚かすつもりは、微塵も無かったんですが...

相変わらずウマウマ絶品のランチ。 ごちそうさまでした。 また、来ますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

nyankoセンセ提案のお店とは『鷏(てん)』さん。 今、一部で注目の焼き鳥屋さんです。

ここも来たかったお店の1つなんよ。 nyankoセンセ、ossyan、僕の3人で襲撃~!

Tatazumai_2

 

カウンター7、8席の狭い店内は、ただならぬ雰囲気。 隠れ家的ですな。

まずは、お通しで「ちりめんじゃこ」と「大根おろし」。 大根おろしは、とっても細かく

当たられてて、雪のような舌ざわり。 期待が膨らみます。

Otooshi

 

適当に!ってオーダーで、最初に出てきたんが、「豚シソ巻き」と「モモ串」。

豚の脂も甘くって、しつこくなりそうなんを、シソでキッチリしめてます。 うまうまじゃ。

定番のモモ串もこれまた旨い!

Butagushi

 

次に出てきたんが「白肝」。 白子を思わせる食感で、甘さがジュワッって広がります。

その上、臭みは皆無。 こりゃ絶品じゃ! ちなみにレア物らしいです。

Shirokimo

 

こちら「手羽先串」。 プリプリした感触がたまりません。 これも旨いわ!

Tebasaki

 

「セセリ串」。 香ばしく焼かれた具合もバッチリで、焼酎が進んでしまいます。

Seseri

 

こちら「肝串」。 表面に色が着く程度の焼き加減で、中は超レア。 

この肝串、間違いなく、今まで生きてきて食べた肝串の中で一番です。 

Kimo

 

これ、何だと思います? 実は「牛タン」なんですよ。 それも、根元辺りの一番柔かい

部位だそうです。 食べた事のない歯応えで、メチャうまじゃ、コレ。

こちらもレア物だそうですよ。

Tan_2

 

この熱々にも関わらず、コラーゲンの膜を張った「鶏のスープ」。 少ししょっぱい

感じもするけど、このくらいの方が、酒に合うんかもね。 身悶えモンの旨さじゃ。 

こちらのスープは「0円」なんだって。 サービスでココまでやるん?

以前は、このスープでラーメンも出してたんだって。 う~ん、それ食べたい。(笑)

Soup

 

西酒造の「芋麹全量」。 麹まで芋を使った芋100%の芋焼酎です。 贅沢ですな。

この日は、「佐藤黒」、「山元」、「芋麹全量」、「紅東」をロックでいただきました。

シャロレーさんでやらかしたんと合わせると...やめとこ。(汗)

Syouchu

 

最後に「らっきょ」。 ご主人のおばあさん手作りなんだって。 ホッと一息。

Rakkyo

 

「おいしい焼き鳥屋さんがないかなぁ」と、常日頃思ってたんだけど、ココがそれじゃ。

もう、僕の中で、焼き鳥屋さんといえば、『鷏』さんで決まりじゃな。 焼酎も豊富じゃし。

この狭いお店の2階に、6人くらい座れる部屋があるそうです。 そこも気になる。

そうそう、ご主人はドランクドラゴンの塚地そっくりなんですよ。 

それだけでも一見の価値アリじゃ! 必ず、また来ますね。 ごちそうさんでした。 

 

それにしても、よく遊んだもんじゃ。 家に着いたんが、午前2時前...(滝汗)

幸せ過ぎる、ここ最近。  神様! 反動で、悪い事がありませんように♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

石釜作り 3日目

「謎の三人衆」の正体とは、ossyan、nyankoセンセ、winさん。

そう、この日は石釜作り3日目で、わざわざ我が家までお迎えに来てくれたんです。

このお三方が我が家に来るなんて、数ヶ月前だったら想像も及ばん事ですわ。

うちの嫁さんと、nyankoセンセが話しをしてるし、何だかね、涙腺が緩みそう。(笑)

いや~、我が人生も捨てたモンじゃないみたいじゃ。 

 

その上、nyankoセンセから、『らんらん亭』さんのプリンと玉子まで頂いちゃって。

この場を借りて、お礼申し上げます。 後で長女に聞いたんですが、嫁さんは

一口食べる毎に「感嘆の雄叫び」をあげてたそうです。(笑)

 

さて、winさん邸を目指す道中、ちょっと寄り道したんが『リリー ブランジェ』さん。

最近できたパン屋さんだそうです。

Tatazumai

 

この日、買ったんが「くるみチーズ」。 甘々系のパンやデニッシュが多い中、好みの

パン発見で、すかさずゲット。

Kurumi

 

割ったら、こんな感じです。 うん、なかなか旨いわ。

Kurumi_watta

 

スタートが遅めだった午前中の作業も一段落し、お昼タイム。

少し早めにお昼ご飯の用意に取り掛かったnyankoセンセが包んだ餃子をどうぞ。

「8年ぶりに餃子を包んだ」って言ってましたけど、この通り、プロ顔負けの面持ち。

餡は、豚ミンチ、白菜、青ニラ、そして黄ニラの入った、winさん手作りの物です。

Gyouza

 

焼いたんをパシャ。 ねっ、絶妙の焼き加減でしょ。 お味は、甘さのある白菜と、

黄ニラの効果で、とってもやさしいお味に仕上がってます。 こりゃ、旨いわ!

作り手のwinさんの性格が出てるんでしょうね。

Gyouza_yaita

 

こちら、『ら~めん道場』さんのお持ち帰りラーメン。 固まった脂を少し取ったんで、

お店で食べるより、凶暴さは減ってると思われます。 ちなみに、中央の唐辛子も

『ら~めん道場』さんのんです。 winさんは、一味として『ら~めん道場』さんの

韓国唐辛子を買って帰ってるんだって。 僕も、今度頼んでみよっと。

Ramen

 

ウマウマなお昼ご飯と一緒に、全員ビールをリッター単位で飲んじゃったもんで、

手元がとっても怪しいです。(汗) そんな事もありながら、何とか予定通りのところ

まで作業完了。 皆さん、お疲れ様です!

 

さて、この日の打ち上げは、winさん邸のご近所の『シャロレー』さん。

地元で有名な焼肉屋さんです。 ココ、来たかったんよ。

Tatazumai2

 

まずは、生ビールで乾杯の後、1品目の塩タン(並)。

Tan

 

こんな風に焼いていただきます。 うん、なかなか。

Tan_yaita

 

こちら、カルビ(並)。 結構、柔らかくって、旨かった。

Karubi

 

左が「上ホルモン(大腸)」、右が「ミノ」ね。 白味噌ベースと思われる揉みダレが

かかってます。 どちらも柔らかくって、ビールに合うわ~。

Horumon

 

そして、この日のメイン「牛刺し」登場。 凄いサシの入り具合じゃ。

薬味と一緒に、酢味噌でパクッ。 甘い脂がたまらんわ。 生肉LOVEじゃ!

Sashimi

 

この後、キムチ、野菜サラダ、イカなんかを食べたんだけど、パシャし忘れ。(汗)

ビールと焼酎水割りをガバガバ飲んで、アッという間に閉店時間が来ちゃいました。

楽しい時間は過ぎるんが早いわ。 旨かったです。 ごちそうさまでした。

 

この後、4人は万富駅まで徒歩で移動。 今回は終電じゃないし、大人しく帰りましょ!

って事で、winさんとは残念ながら、ここでお別れ。 ホント、お疲れ様でした♪

 

良い子にして帰るはずだったのに、車中で次第に違う方向に話しが進んじゃってる。

そっちの方向には、とってもなびき易いんで、歯止めはききません。(キッパリ)

nyankoセンセのお店の提案は一発通し! ossyanは、即座に予約の電話。

凄いフットワークじゃ。(笑) って、炊きつけたんは、僕じゃったかもしれん。(滝汗)

ということで、3人組は、またもや岡山の街に繰り出したのでした。

<To be continued>  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自家製 ドッグラン

以前から嫁さんに、「庭にドッグランを作ってくんない!」って、頼まれてたんよ。

「はいはい、あったかくなったらね~。」って、やり過ごしてきたんだけど、だんだん

あったかくなってきたもんで、やらなきゃならんわな。(汗)

 

とはいえ、庭の3方は閉じてるんで、1方にネットを張るだけの簡単な作業です。

まあ、とりあえず、こんな感じで様子見じゃ。

Dogrun

 

いやいや、うちの次男、三男には大好評! 走る、走る、ホント、走りまわる。(笑)

喜んでいただければ、作った甲斐があるってモンですわ。

 

ポイッて、おもちゃを投げると、二人がダ~ッと追っかけます。

でもね、運動神経のいい三男ばっかりが取っちゃうんよ。

Sannan

 

そんな時、次男は切なそ~に、こっちを見るんだよね。 「あれが欲しいんか?」(笑)

Jinan

 

こうやって遊んでると、謎の三人衆が我が家を訪れました。

歓迎しようとした次男、三男は、あっけなくネットを乗り越えちゃいました。(汗)

ということで、支柱増設決定です。(涙)  ところで、その三人衆とは? 

<To be continued>

 

...「こんなとこで、つづきかい!!!」って、ツッコミが入りそうじゃな。(汗)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2008年3月10日 (月)

ブリュケムント

朝、恒例のブログチェックで、皆さんのところを周回していると、こちらの記事が目に

飛び込んできました。 そういえば、暫く行ってないな~、って事で、『龍の髭』さんで

ランチをいただいた後、立ち寄ったんが『ブリュケムント』さん。

Tatazumai_2

 

店先にこんな黒板が...ありゃ、定休日が、日曜日と月曜日になっとる!

って事は、以前お休みだった木曜日は営業してるんじゃな。 頭の中に、メモメモ。

Notes

 

で、こんなんをゲットして帰りました。 奥左から「フランス産カマンベール」、

「ワイルドブルーベリー&クリームチーズ」、「ラズベリーとクリームチーズ」。

手前左から「これがゴーダ」、「シュペック・ミニ」、「ほくほくじゃが芋とツナとマヨ」。

Breads

 

どれも噛めば噛むほど味がジュワンと出てくるハードタイプのパンたちです。

軽くトーストすると、焼酎が進む進む。(笑) こりゃ、たまらんわ。

そう言えば、「生メロンぱん」を3つ、買わんかったっけ? それも、できたてのんを。

...あっ、そう、食べたん。 3つとも全部? ...えっ、そう、そうなんじゃ。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

龍の髭

この日の前日、実は嫁さんと別の中華料理屋さんにランチに出かけたんですよ。

ところが、「こんなのありえんじゃろ?」ってくらい、トホホな目に合っちゃって...(泣)

『龍の髭』さんで、中華ランチへの概念を修正してもらおうとやって来ました。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

こちらのお店、先日、ニョッキン7で紹介されたんですよね。 店内にアンガールズの

サインと写真が飾られてました。 その際、取り上げられてた角煮マンや酢豚マンは、

好評に付き、売り切れだそうです。 また、来んといけんな。

暫くして出てきたんがコレね。 やっぱり、旨そうじゃ。

Zentai

 

「鶏肉のバルサミコソース」。 うん、なかなかおいしい。

Tori

 

「かわはぎのチリソース」。 チョイピリ辛で、ご飯に合いますね。

Kawahagi

 

こちらのお店自慢の豆腐料理。 上にかかってるのは麻婆餡、混ぜれば麻婆豆腐の

出来上がり~。(笑) 自家製のお豆腐は、いつも通り、おいしいですね~。

Tofu

 

いや~、今日も旨かった。 ごちそうさんでした。

奇をてらった料理って訳じゃないんだけど、一品一品、丁寧に作られてるのが

こちらに伝わります。 完食後の満足感もイイし、これで1000円切ってるしね。

おかげさまで、中華ランチはおいしいって事を再確認できました。

...それにしても、昨日のランチ、1600円でアレかいな。 って、しつこい?(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎

書店で、「なんかイイ本ないかなぁ」と、見回してると「当店オススメ!」とあったんで、

何となく手に取った、伊坂幸太郎著 『ラッシュライフ』。 もちろん伊坂幸太郎って

名前は聞いた事があったんで、一度読んでみようかな?ってノリです。

Rushlife

 

全く別の5つのお話しが、それぞれ独立して物語が展開していきます。

しかし、実は場面場面で登場人物たちが交錯していて、最後に向かうにつれて、

その張り巡らされた伏線が明らかになる、といった手法が取られてます。

プロットもしっかりしてるし、「ふ~ん、なるほどねぇ。」と、感心しました。

 

でもね、何となくだけど、登場人物たちの言動に不自然さを感じなくもないかな。

読み終わった後の「爽快さ」も、今一つといったところ。 

物語の係わり合いは明確になるんだけど、気になる疑問がハッキリせんままなんよ。 

(読んだ事がある方は、何の事か分かるはず。まあ、作者の意図なんだろうけど。)

結構、読みやすい文章だったんで、また他の作品も読んでみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

CHINESE TEA & DINING Room Room

お昼ご飯を買いに、近所のスーパーに出かけようとすると、嫁さんからTEL。

買い物をしに、近所まで来てるらしい。 何気にランチに出かける事になりました。

一路、西を目指してぶらぶら。 何件か定休日で、辿り着いたんが『CHINESE TEA &

DINING Room Room』さん。 お初でございます。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。

Menu_2

 

「本日のおかず弁当」をオーダーし、暫くして出てきたんがコレ。

おっ、なかなか豪華に見えますよ。 花なんか添えられてて、嫁さんは喜んどる。

この日はおひなさまだったんで、赤飯と、ハマグリのお吸い物なんかもね。 

Zentai_2

 

メインの太刀魚のソテーと、白和え、玉子焼きも結構なボリューム。

太刀魚はしっかりした味付けで、ご飯に良く合いますね。

Main

 

鶏肉の野菜巻き、海老、飛龍頭、牛蒡、竹の子の煮物。 これもなかなか。

Nimono

 

茶碗蒸しに、中華餡がかかってる。 うん、おいしい、おいしい。

Chawanmushi

 

よ~分からん、お豆腐。 ジーマミー豆腐みたいな、しっかりした感触で旨いわ。

仄かにミルク風味だったように思うけど、如何せん、ダメ舌なもんでね。(汗)

Tofu

 

店内もお洒落だし、お料理は目でも楽しめます。 嫁さんはとても気に入った様子。

お味は全体的に濃い目かもしれません。 まあ、たまたまかもしれんですが。

木曜日は「フレンチランチプレート」なんてのもやってるみたいなので、

また来てみよっと。 おいしかったです。 ごちそうさまでした♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

東久留米出張 最終日

2泊3日の出張も、この日が最後。 予定通り、作業を完了。 お疲れさん。

帰りは羽田から飛行機。 座ってる時間が新幹線より短い分、体が楽だしね。

羽田で時間があれば、必ず利用する『エアポートラウンジ』。

Lounge

 

コーヒーなどのソフトドリンクがいただけます。 リラックスできる空間ですね。

おっ、フリースポットになっとるがな! こりゃ、今まで以上に長居できるわ。(笑)

Lounge_in

 

 

 

という事で、この後、無事に帰宅。 そして恒例のお土産のお披露目~!

留守を守ってくれた家族たちへのご褒美1つ目は、『キース・マンハッタン』の

「ニューヨークチーズケーキ」。

Cheese

 

要冷蔵の濃厚タイプ。 こりゃなかなか旨い。 もう少し大きければ言う事なしじゃな。

Cheese_up

 

ご褒美2つ目は『パティスリー キハチ』の「クリームサンド 抹茶 & アーモンド

キャラメル」。

Kihachi

 

嫁さん曰く、抹茶の方が旨かったらしいですわ。

Kihachi_up

 

東京方面に行ったときの、自分へのご褒美は、大体コレ。 『崎陽軒』の「シウマイ」。

Kiyouken

 

やっぱり、家に帰ってからの一杯は、格別じゃ!

...って、何処にいようが、結局、飲むんだけどね。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

東久留米出張 2日目

午前中の仕事もほぼ順調に片付いて、お昼ご飯。

全国チェーンの和食ファミレス『和食さと』さん。 出張でも無い限り、ファミレスには

行かんなあ。

Tatazumai2

 

いただいたのは、日替りの「チキン南蛮定食」。 ムネ肉はパサつき気味じゃけど、

まあこんなもんかな。 「チキン南蛮」と言えば、『亀山』さんにも、暫く行っとらんなぁ。

Zentai

 

外に出ると、こんなワンちゃんがイイ子してました。 看板犬ですか?(笑)

出張先でワンちゃんを見ると、うちの次男、三男を思いだすんよ。

Dog

 

 

 

予定通りの段取りで、この日の仕事を片付け、ごくろうさん。

そんなに遅くなった訳じゃないけど、安堵感から、もう近所でいいや!って事で

伺った『ラーメン一代元』さん。 そう言えば、岡山にもなかったっけ?

Tatazumai3

 

夕食時だったんもあるんだろうけど、25分も待たされて出てきた「こってり醤油」。

Ramen

 

何か凄いコピー書いてるけど...

Menu

 

チェーン店だと分かってるんで、「おいしさのハードル」は、ググッと下げてたんだけど、

そのハードルのそんなに下をくぐらんでも...(涙)

その分、スープを飲まんで済んだんで、不幸中の幸いかもしれんな。

この後、意気消沈して、ホテルの自室でヤケ酒やらかしました。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

東久留米出張 1日目

岡山に住む人が、「東久留米」と聞くと、多分「九州?」って思うじゃろうな。 

実際、僕もそうじゃったし。(汗) 本当は、東京都の西の方にある街で、ある程度

以上の年齢の方なら、「東村山」の隣りと言った方が分かり易いかもしれんですね。

 

この日は夕方から移動だけだったんで、気楽なもんじゃ。

ホテルに着いて伺ったんが『和楽』さん。 焼き鳥屋さんです。

Tatazumai1

 

まず、お通しで、湯葉が出てきて...

Yuba

 

サラダはポテサラが2種類あって、左のはサツマイモじゃった。 うんなかなか。

Salad

 

左の串は、手羽肉を骨から外して、串に打ってるみたい。 右のんは、モモ串ね。

Yakitori1

 

何処のお店でも、あったら大体頼んじゃう「モツ煮込み」。 まあまあかな。

Motsu

 

セセリとボンジリ。 プリプリしてうまいわ。

Yakitori2

 

こんなんを肴に「生中」を2杯やらかして、ホテルに戻りました。

今、ホテルで日記を書いてます。 もちろん、傍らには芋焼酎がありますです。

さ~て、英気を養った事だし、明日の仕事もいっちょ頑張るかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

セルフうどん 玉壷

出張前のお昼、手短かに済まそうと伺った『セルフうどん 玉壷』さん。

多分7~8年ぶりだと思います。 前回はアイドルタイムだったせいもあり、???

だったんですが、いつも駐車場は込み合ってるんで、確認を兼ねて再訪です。

Tatazumai_2

 

「かけ小」、「ゲソ天」、「巻き寿司」をゲット。 410円也。

Zentai

 

麺はこんな感じです。 コシは弱めだけど、麺の表面はとってもツルツル。

お出汁は昆布とカツオかな? カツオにない香りを感じたんで煮干も入ってるかも。

って、偉そうに言ってるけど、ダメ舌なんであてになりませんね。(汗)

Udon

 

こちらのお店は割り箸でなくて、こんなお箸です。 ん?、その向こうに貼り紙が...

Ohashi

 

割り箸をやめた理由が貼られていました。 以前、割り箸は製材した残りの木っ端で

作ってるって聞いた事があるんだけど、ふ~ん、9割は中国製なんだ。

Notes

 

西大寺の真ん中という立地条件もあるんだろうけど、なかなか流行ってます。

前回より印象もずっと良くなったんで、また来ようかな? ごちそうさまでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

ジクハラ酒店

先日の石釜作りの日、うら若い女性メンバー2人から「酒屋はココ!」って紹介して

貰った『ジクハラ酒店』さん。 晩酌用の焼酎が切れそうだったんで行ってみました。

Tatazumai

 

入店すると、正面の保冷ケース(と思われる)に日本酒がズラッと並んでます。

目当ては焼酎だったんで、グルッと見回すと...ありました、ありました!

西酒造、黄金酒造、松露酒造あたりが一通りあるみたいです。

「さて、どれにしようかな?」と一思案した後、買って帰ったんが「松露 黒麹仕込み」。

普通の「松露」は飲んだ事があるんだけど、黒麹はお初です。

Syouro

 

ロックで飲ると、クンッと芋っぽさを感じさせ、その後、甘さと黒麹特有のコクが

鼻を抜けます。 う~ん、なかなか美味じゃ。 芋焼酎中級者コースくらいかな。

...と偉そうにいいながら、フルーティーな初級者コースが好きなんだけどね。

 

僕の中では、有名どころの焼酎が定価で売られてるんを、良心的な酒屋さんの

目安にしています。 このお店も、定価売りをされてる良心的な1軒ですね。

それにしても、こちらを紹介してくれたお二人さん、若いのにお店選びが通じゃわ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

豚松

winさん家を後にした、nyankoセンセ、ossyan、僕の3人は、一路、岡山へ。

電車の車中でnyankoセンセは、揺れに任せて、大きく船を漕いでいます。

前日ギリギリの図面の改訂、大変だったみたいですね。 ホント、頭が下がります。

微力の僕なんかで良かったらナンボ~でも力を貸しますよ。 

メンバーの皆さん、「石釜作り、絶対成功させましょうね!!!」

 

雪の降る中、タクシーで伺ったんが『豚松』さん。 さて、かれこれ3~4年ぶりかな。

Kanban

 

カウンターしかない狭い店内に、ちょうど3つ席が開いてる。(ラッキー!)

その席に陣取り、「豚松ラーメン」と「生中」を3つずつ、それと「玉子焼き」も1つ注文。

僕の満腹中枢は既に壊れてるみたいですわ。(汗)

 

暫くして出てきた「豚松ラーメン」。 濃厚ピリ辛トンコツ醤油とでもいいましょうか。

大人の夜のラーメンといった風情じゃな。 あっ、「コーン抜き」って言うん、忘れた。

しかし、このお店に来るときは、いっつもグデングデンじゃ。(汗)

まあ、酔ってなかったら、こんな時間にラーメンはありえんわな。(笑)

Ramen

 

こちら「玉子焼き」。 玉子にマヨネーズってどうなん?って思うんだけど、これが

なかなか旨いんよ。 ビールに合うわ~。

Egg

 

めでたく(?) 3人とも完食。 ごちそうさんでした♪ 

降りしきる雪の中、タクシーで家路に着きました。 あ~、一日、よ~遊んだわ。

帰ってから、風呂上がりにビールをプシュってしたんわ、嫁さんにゃ内緒じゃ。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »