« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました『こっく』さんの日。 いつもと同じ出だしですが、今週にかける

思いは、いつもと微妙に違います。 この日を過ぎると、いやいや、今日から

『こっく』さんにはいつもに増して、行列ができる事が容易に予測できます。

嵐が来る前に、しっかり味わっておかないと、次回はいつになるんだか予測不能です。

とか言いながら、来週も来てるような気がしなくもないんだけどね。(笑)

 

今週のメニューはコレね。

Menu

 

暫く待って、出てきたんがコレね。 今週も、色とりどりで旨そうじゃ!

Zentai

 

「鶏モモ肉ソテー 柚子こしょう風味のソース」。 柚子こしょうが、辛くない程度に

利いてて、こりゃ旨いわ! 鶏皮の焼き目がパリッとした感じ、分っかるかな~?

Chicken

 

「筍と蓮根とキャベツのコロッケ」。 サイコロ大の筍と蓮根の歯応えがたまらん!

お出汁の中にも筍と蓮根がゴロゴロ入ってて、お出汁と相まっておいしい~。

Croquette

 

「豚シャブとゴボウの湯葉巻きサラダ」。 ベトナム料理の生春巻き風ですね。

かかってるソースもそれを意識した感じです。 豚とゴボウの相性サイコー!

Yuba

 

「彩野菜の味噌ピーマンソース」。 味噌ベースのソースってのは分かったんだけど、

それにピーマンが練りこまれてて、複雑な味わいです。 シェフマジック、炸裂ですな。

Yasai

 

「胡麻とココア風味のパウンドケーキ」と、「苺風味のクリームプリン」。

コーヒーと一緒にいただいて、ホッと一息。

Dessert

 

今週もおいしかったです。 ごちそうさまでした♪

お店を出る際、シェフに「明後日(放映日の翌日、つまり今日!)から、大変ですね。」

と、声をかけたら、引きつり笑いをされてました。 プレッシャーをかけるつもりでは

全然なかったんですが...(汗) そういえば、今でも十分大変でしたね。(滝汗)

次回はいつ来れるか分かりませんが、必ずまた来ますね♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年5月30日 (金)

小玉醸造 朝掘り

さて、今日はまたまた芋焼酎のご紹介。 飲めない人、ごめんなさいね。(汗)

今日の1本は小玉醸造の「朝掘り」。 以前から飲んでみたかった1本です。

この芋焼酎の杜氏さんは、大好きな黒木本店で修行された方だそうです。 

Asabori

Uragaki

 

ここで、恒例のダメ舌チェ~ック!(汗)

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫、紅芋寿)、米麹(白麹)

 【香り】       まずはアルコール臭。(笑) その中に、ほのかな芋の香り。 

 【芋らしさ】    芋らしさはほとんど感じません。 大分遅れて、鼻を抜けるかな。

 【口あたり】  刺激は少なく、なんかこう、ゆるりっと入っていきます。

 【飲み易さ】   こりゃ、やばい。 ロックでも水割りでもグイグイいけちゃう。

 【総合評価】 香りは控えめで、主張の少ない地味なタイプです。 

 

僕の持論に、「宮崎の芋焼酎は、芋らしくないのが多い!」というのがありますが、

この「朝掘り」は、まさにその通り! 芋が苦手な方でも、問題ないと思います。

地味って書き方をしたんだけど、料理の邪魔をしないって意味ではイイかもです。

裏書にもあるように、ロック、水割りがお勧め。 興味のある方は是非!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

畠山製菓

長船にあるパン屋さんに出かけたんだけど、残念ながら定休日でした。

やきやき繋がりで伺ったんが『畠山製菓』さんの豊原工場。

Factory

 

工場のすぐ横に、こんな落ち着いた雰囲気の直売店があるんです。

店内では、「手焼きコーナー」もあって、自分で焼いて食べたりもできます。

Tatazumai_2

 

色んな種類がある中、買って帰ったんが、この2種類。

僕が選んだ「備前焼」(左)と、嫁さんが選んだ「おかきせんべい カレー味」(右)。 

嫁さんは幼い頃の駄菓子屋を思い出したみたいです。

Senbei

 

僕も、この「備前焼」を見て、子供の頃の事を思い出しました。

子供の頃に好きだったお菓子の1つに「はりま焼」があります。 もちろん徳用の

300g入りね。(笑) 見た目は、この「備前焼」と、ほとんど同じです。

3g多い「あずま焼」ってよく似たのもありましたが、僕は断然「はりま焼」派でした。

 

その「はりま焼」を作ってた『播磨屋本店』さんは、高級志向になっちゃって、

今ではスーパーのお菓子売り場で見ることができません。

そう言えば、岡山駅前に支店があったから、久々に行ってみようかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

イル ブルスケッタ

長女を岡山駅前の塾に送り届けた後、まだお昼ご飯を食べてなかった嫁さんに、

「何を食べたい?」って聞くと、「イタリアン!」という返事が返ってきました。

先日の「そうさくバジルパスタ」に味をしめて、イタリアン熱が上がっている様子。(笑)

特にめぼしいお店が思いつかなかったんで、カーナビに尋ねてみました。

すると、あるわあるわ、近所にイタリアンのお店が一杯。(驚)

その中で一番近かった『イル ブルスケッタ』さんに伺いました。

Tatazumai

 

オープンテラスもある、お洒落な佇まいのお店です。

この日のメニューはコレね。

Menu

 

嫁さんも僕も、欲張ってAランチとBランチのハーフ&ハーフ「イル ブルスケッタ」を

オーダーしました。 Bランチのパスタソースは、もちろん別々ね。

 

暫くして出てきた「ジャガイモのポタージュ」と、「グリーンサラダ」。 グリーンサラダの

ドレッシングが、オリーブオイルたっぷりなんがイタリアンぽいですね。

Soup

 

バゲットに、2種類のアンティパストが添えられてました。 どちらもうんまい!

「ブルスケッタ」って、焼いたパンに具材を乗っけたものを意味するみたいだから、

この一皿が、店名の「イル ブルスケッタ」をイメージしてるんかもね。

Bread

 

メインの「ポークとトマトとチーズの重ね焼 赤ワインソース」と、「ベーコンと野菜の

スパゲッティ トマトソース」。 赤ワインソースにはシナモンが効いててなかなか。

パスタも、こりゃなかなか旨いんでないかい。 

Dish

 

ベーコンと野菜のスパゲッティ にんにくオイル」。 とっても、ガーリー。(笑)

シンプルだけど、旨みはこっちの方があったように思います。

Pasta

 

デザートの「苺のシャーベット」と、「レアチーズケーキ」。 チーズ好きなんで、苦手な

甘いんでも、レアチーズは好きなんよ。 2つを合わせていただくと、これまた旨い!

Dessert

 

欲張りにあれこれいただけて、とっても満足でした。 嫁さんもご満悦の様子。

ごちそうさまでした。 また来ますね!

 

食事中、店内で、こんなカードを見つけました。

Memo

 

こちらのお店、先日記事にした『アリゾノ』さんの系列のお店のようです。 

そういえば、赤ワインソースのお味はよく似てましたわ。 構成もよく似てるしね。 

4件中2件、記事にしてるんで...他の2件も記事にせん訳にはいかんわな。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

創作らぁめん あぢや

ここ最近、ラーメンを食べてないなぁ...と、夕食後、ちびちびやりながら考えてると、

週に一回、近所を回ってる夜鳴きラーメン屋さんのチャルメラの音が聞こえました。

「なんて素敵なタイミング!」と、車を呼びとめ、一杯作ってもらいました。

(完全に酔っ払っとるわ。 こりゃ、メタボまっしぐらコースじゃが。滝汗)

 

パシャも忘れて、いっただきま~す! 一口すすったところで、ふと気が付くと、

横から長男の矢のような視線が飛んできてました。 

「はい、どうぞ。」と、ラーメンを渡すと、何を血迷ったか、スープをゴクッと一飲み。

もちろん、出来立てアツアツなんで、そんな勢いで飲み干せるわけありません。

いったん口に入れたスープを、事もあろうか、ラーメンの中に戻しました。(滝汗) 

あっ、ありえん。 う、うん、いいよ、全部、食べて、それ...(涙)

 

そんなこんなで、翌日のお昼ご飯はラーメンしかありえません。(笑)

本当に久々に伺った『創作らぁめん あぢや』さん。 開店当時、一度行ったきりです。

Tatazumai   

 

当時、コッテリじゃないとラーメンじゃない! って思ってましたんで、サッパリ気味の

『あぢや』さんから足が遠のいてました。 嗜好も変わってるんで、再確認ですね。

迷わず、お店一押しの「白しょうゆらぁめん」をオーダー。 

嫁さんが「ぎょうざ、いっとく?」って言うもんだから、「ぎょうざ」も1皿オーダー。

 

暫くして出てきた「白しょうゆらぁめん」。 トッピングがテンコ盛りでしょ。

手前から、チャーシュー、メンマ、カイワレ、白ゴマ、ネギ、大葉の上には練りウメ。

Ramen

 

節系が立ったスープは、なかなか旨いです。 ベースは豚骨と鶏ガラだそうです。

以前、トッピングの大葉と練りウメは別盛りじゃなかったっけかな?

あれこれ混ざって雑多になっちゃうんで、以前のスタイルの方が嬉しいかもね。 

とか、言いながら、途中で「からみ」なる、唐辛子ベースの調味料もトッピング。(笑)

Karami_up

 

「ぎょうざ」は、特製みそだれでいただきます。 こちらは、まあ普通かな。

Gyouza

 

久しぶりだったけど、旨かったです。 ラーメンにカオスを感じました。(笑) 

こちらのご主人、一見すると、絵に描いたようなガンコ親父タイプなんだけど、

実はとっても気さくの方でした。 スープの取り方や、お店のホームページのお話しで

談笑しました。 分かりにくい立地で頑張っているお店です。 興味のある方は是非!

ごちそうさまでした。 次回は、5年ぶりといわず、もっと早く来ますね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

Kaji-Pan

『こっく』さんの帰りに、『おかやま工房』さんに寄ったのですが、残念ながら定休日。

納税という大仕事が終わったんで、今日はのんびりしようという事で、少々足を

伸ばして伺った『Kaji-Pan(カジパン)』さん。 やった~! 今日は開いてる。

Tatazumai

 

お店の真裏にある駐車場に車を停め、お店に向かってると、道すがら、

路駐のお客さんの車の横に、チョークを持った婦人警官さんが立ってました。(驚)

店内にいらしたお客さんは、パトカーに気が付いて事なきを得ましたが、ホントに

危ないところでした。 お店の方曰く、結構、駐禁の取締りをやってるそうです。

 

前述のように、お店の真裏に2台分ですが、駐車場があります。 何より、駐禁は

ルール違反です。 順番待ちをしてでも、駐車場を使いましょう。 事故を誘発する

かもしれんですしね。 それに、メチャクチャ高いパンについちゃいますよ。(笑)

 

入店後の、ジの女性(バイトさんかな?)、長さん、さん、の会話をどうぞ。

 

 僕 「すいません。写真を撮っていいですか?」

 レ 「ちょっと待って下さい。店長に尋ねてみます。」 (工房の方へ)

 店 (わざわざ出てきていただき、ニッコリ笑顔で) 「どうぞ、どうぞ。」

 僕 「ありがとうございます。」

 嫁 「ブログに載せるんですよ。」 (いらん事を。汗)

 レ (ご主人を見て) 「店長、良かったですね。 ブログに乗るそうですよ。」

 店 (ニッコリ)

 

もうね、ブロガー冥利に尽きますわ。 浮かれ気分で、いつもは余り載せない

店内パシャを3連発!!! こんな感じで、所狭しとパンが並んでます。

Tennai1

Tennai2

Tennai3

 

この日買って帰ったんがコレね。 このパシャも店内でのものです。 左から

「ラズベリーのクリームチーズデニッシュ」、「ベリーデニッシュ」、 「カンパーニュ

ベーコンエピ」、「ウインナーカンパーニュ」、「クリームチーズとくるみのカンパーニュ」、

「チーズカンパーニュ」。 子供用の甘いんと、大人用のカンパーニュです。

Breads

 

この日の夜は、嫁さんのそうさくバジルパスタと、カンパーニュをいただきました。

やっぱり、このお店の「ベーコンエピ」は一番好みです。 くるみとベーコンが贅沢に

使われてます。 他のカンパーニュも、どれもこれも、ホントに旨いですわ。

こうやって記事を書きながら、また食べたくなってきた。 必ず、また来ますね♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

そうさく料理 『こっく』

この日は朝から納税でドタバタしてました。 片っぱしに、ぜ~んぶ払っちゃいました。

気分はスッキリ! 銀行の口座も、財布の中身も、ホント~にスッキリ。(号泣)

納税は国民の義務なんで、包み隠さず、しっかりお支払い致します。

その代わり、国も県も市も、僕の血税を、大切に、有意義に使って下さいね。

 

嘆き節は、この辺でやめとこ。 今週もやってきました、『こっく』さんの日。

大枚叩いて傷心気味の心を癒していただきましょう。 って、しつこい?(笑)

 

この日のメニューはコレね。 魚は「サバ」のようです。 これは初めてじゃな。

Menu

 

暫くして出てきたんがコレね。 うっひょ~、やっぱり旨そうじゃ!

Zentai

 

「サバの幽庵漬け パン粉焼き 白味噌とチーズ風味のソース」。 

コクのあるソースと、脂控えめのタンパクなサバフィレがよく合ってますね。 旨~い!

Salmon

 

「ずんだ餅の揚げ物」。 シェフお得意の揚げまんじゅうシリーズです。

ずんだ餅というだけあって、多分、枝豆と思われるお豆が練りこまれています。

いや、この季節だったら、枝豆じゃなくて、空豆かグリーンピースかな?

お出汁は結構しっかりと味付けされてて、もっちりとした生地といいバランスです。

Zunda

 

「鶏肉とキャベツのサラダ仕立て」。 緑色のソースがとっても色鮮やかです。

緑色の正体は分かりませんが、鶏肉と茹でキャベツによ~く合います。

残ったソースは、玉子焼きを使って、しっかりフキフキしました。(笑)

Salad

 

「大根と南瓜のディップ」。 名前から、大根と南瓜は、両方マッシュ状なんだろうと

思ってたんですが、やはりシェフは只者じゃありません。 カボチャはマッシュに、

大根はサイコロ状の煮込んだんと、ナント味付けした切干大根を使ってました。

彩野菜に、そうさくディップを付けていただくと、こりゃたまらん。 旨いわ、コレ。

Dip

 

最後にデザート、「苺風味のバニラアイスクリーム」と、「やわらかガトーショコラ」。

絞りを開けすぎて、ガトーショコラがよく見えませんね。(汗)

Dessert

 

この日も、お客さんで一杯。 商売繁盛、いい事です! 

ゆっくり、お話しはできんかったけど、またの機会を楽しみにしています。

本当においしかったです。 ごちそうさまでした。 また来ますね♪

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年5月24日 (土)

ぶどうの木舎

嫁さんと、何かと話題が多い問屋町にでも行きますかね、と車を走らせてました。

すると、前方に心当たりのある車が走っていました。

追いついてみると、ビンゴ! 偶然にも、ossyanと遭遇です。(爆) 

ossyan、その車、目立ちすぎですよ! って、こっちの青いんも人の事言えんわ。(笑)

 

そんな楽しいハプニングがありながら、問屋町に到着。 しかし、丁度お昼時で、

どのお店もお客さんが一杯でした。 余り時間がなかったもんで、それではと、

もうちょっと足を伸ばして伺ったんが『ぶどうの木舎』さん。 お初でございます。

Tatazumai

 

日替りのメニューはコレね。 お~、ハンバーグステーキじゃ。

二人ともランチをオーダーしました。

Menu

 

暫くして出てきたんが「ごぼうのスープ」。 こりゃ珍しい!と一口いただくと、本当に

ごぼうの香りが鼻を抜けます。 嫌味がなく、おいしくいただけるスープでした。

Soup

 

「グリーンサラダ」。 寒天が乗ってますね。 こちらもなかなか。

Salad

 

メインの「ハンバーグステーキ」。 アッツアツで、少し口の中をヤケドしちゃった。

肉汁もジュワッと出てきて、こりゃなかなか旨いわ。

Humburg

 

こちらのお店、ライスを、白米と玄米から選べます。 『こっく』さんみたいですね。

これは「玄米」。 玄米だけじゃなくて、雑穀も混ざっていますね。

Rice

 

最後にデザート。 「オレンジシャーベット」。 こちらにも、寒天が乗っかってます。

よ~分からんけど、1日分の食物繊維をいただいたような気がします。(笑)

Ice

 

どのお料理からも、お店の方の健康志向が伝わってきました。 

ご年配のお客さんが多かったのも、そのせいかもしれませんね。

ごちそうさまでした。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

植園酒造 夢鏡

芋焼酎の原料と言えば、当然「さつまいも」なんだけど、岡山では馴染みのない

「黄金千貫(こがねせんがん)」という品種で作られるのが一般的です。

そんな中、鹿児島にもチャレンジャー(?)がいるみたいで、その他の品種を使った

芋焼酎も、ちらほら存在します。

実は、僕の大好きな「山ねこ」も、そのうちの1つで、「ジョイホワイト」という

さつまいもが原料になっています。 大海酒造の「海王」もそうですね。

 

今回紹介するのは、その「ジョイホワイト」を原料に使った、植園酒造の「夢鏡」です。

「ジョイホワイト」を使った芋焼酎のイメージは、かろやかで芋をあまり感じさせない

タイプなので、とっても期待が持てます。

Yumekagami

 

さて、恒例のダメ舌チェック!(汗)

 【原材料】   さつま芋(ジョイホワイト)、米麹(黒麹)

 【香り】       ありゃ、どしたん? 芋の甘い香りがガンガンくるがな。(汗)

 【芋らしさ】    うわっ、来た。 久々の芋焼酎、直球ド真ん中。(笑)

 【口あたり】  まったり感があって芳醇。 刺激感は少ないです。

 【飲み易さ】   ロック、水割りは、あんまり合わないみたい。 こりゃ、湯割りじゃな。

 【総合評価】 芋がガツンと来て、薫り高いタイプをお求めの方にはイイはず!

 

残念ながら、自分の好きなタイプじゃありませんでした。(笑) 

しかし、「ジョイホワイト」=「軽い」という概念を根底から覆させられ、いい勉強に

なりました。 しっかし、芋焼酎はホント奥が深いな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

炭焼き工房 鷏

winさん邸を後にした、nyankoセンセ、umiさん、ossyan、僕の4人で伺ったんが

『炭焼き工房 鷏』さん。 今、自分ランキング1位の焼き鳥屋さんです。

 

出てくるお料理は絶品なんだけど、少々ブロガー泣かせのお店です。

店内が暗めで、前回、コンデジでパシャした画像は、そのままでは使えませんでした。

今回、EOS40D+EF35mm F2で、どれだけ太刀打ちできるか、興味深々です。

 

まずは、「豚シソ巻き」。 やっぱり、アブラが甘いんよ。 おっ、撮れとるわ。

Butashiso

 

こちら、「セセリ串」。 セセリ、好きなんよ。 ホント、旨すぎる!

Seseri

 

「地鶏モモ串」。 プリプリ感は、普通の鶏より一段上じゃな。

Momo

 

「つくね串」。 玉子の黄身が1つポンと付きます。 甘辛のタレと相まって、絶妙の

バランス加減。 うわ~、これも旨いわ。

Tsukune

 

こちら「肝串」。 中は適度なレアで、やっぱり、臭みが全くないんよ。 

Kimo

 

こちら、「焼き白子」。 プリンプリンで、薄皮は今にも弾けそうじゃ。 

そろそろ、こちらのお腹も弾けそうじゃ。(笑)

Shirako_2

 

最後に「地鶏の炙り焼き」。 もうお腹一杯。 勘弁して。(笑)

Aburi

 

〆には、お約束の絶品鶏スープ。 お代はタダという、信じられない代物です。

やっぱり、いつかコレでラーメン食べたい...って、また食べるんかい!(笑)

Soup

 

この日も、遊んだ、遊んだ。 とっくの昔に12時回ってるし。(笑)

この飲み会の魅力があるから、次回の作業も頑張れるんよな。

この場を借りて一言、「皆さん、お疲れ様でした! 次回も頑張りましょう♪」

 

(おまけ)

ご覧の通り、EOS40D+EF35mm F2で、前回の敵討ちができました。

肉眼で見ても、真っ暗だったらダメだけど、店内が常識的な明るさならば、問題なく

パシャできる事が分かりました。 これで悔しい思いをしなくて済みそうですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

石釜作り 5日目

大体、月1回ペースで行われている石釜作りも、今回で参加する事、5日目。

最初は、大雪の中の作業だったんだけど、もう暖かいを通り越して、暑い時節に

なりました。 月日って、アッという間に流れるもんですね。

 

肝心の作業の進捗ですが、今回はパシャし忘れ。(滝汗)

いつもはコンデジをポケットに入れてるんで、都度、パシャしてたんだけど、今回は

コンデジの電池を略奪されるというアクシデントがあったため、こんな凡ミスを

しちゃいました。(笑) この事件、「○○がした」シリーズで使えたのに、残念。(爆)

作業進捗は、こちらでUPされていますので、そちらをご覧下さい。

 

でも、肝心のお料理は、しっかりパシャしました。

まずは、お昼ご飯! nyankoセンセ特製、ハヤシライス。 注ぎ手はみぃさんです。

しかし、この大量のハヤシソースと、巨大鍋は凄い。 学校給食みたいじゃ。(笑) 

Hayashi1

 

3日間かけて熟成されたそうです。 角が取れてて、激ウマじゃった!

Hayashi2

 

ビールのお供に、umiさん特製「ゲタの煮付」。 しっかりした味付けで、ビールが

ススムススム。(笑) さすが、料理上手じゃ!

Geta

 

午後の作業を終えて、お楽しみの夜の部、開始~。

まずは、ossyanお取り寄せの「カツオのタタキ」。 臭みが無くて、うま~い。

Katsuo

 

umiさん手作りの「タコとタイの湯引きのお刺身」。 タコはバジルソースでカルパッチョ

風にしていただきました。 タコの吸盤が旨いのなんの。 こりゃたまらん。

Sashimi

 

こちらもumiさんお手製、「タイとサワラの白子」と、「ワラビ入り寄せ豆腐」。(でいい?)

こんなん、なかなか食べれんです。 聞きしに勝るお料理で、猛烈に感動じゃ。

Shirako

 

これまた、umiさんの「シャコの塩湯で」。(でいい?) この後、オスが旨いか、

メスが旨いか、ケンケンガクガクの議論に。(笑) 皆さん、ホント食べるん好きじゃわ。

Syako

 

ようこさんの差し入れ、肉のクマザワの焼豚! 炭火で炙っていただきました。

豚のアブラが甘くて旨いんよ。 この厚さも、最高じゃ!

Yakibuta

 

こちらもようこさんの「ほお葉味噌」。 やべっ、焼酎が進みすぎる。(滝汗)

Houba

 

これまた、ようこさんの「竹輪のハムチーズ巻き」。(でいい?) 今回使っている

チーズは、初めて使ったそうなんだけど、竹輪とよく合ってて旨かった~。

Chikuwa

 

ビーさん手作り、「めんたいポテト」。 明太子が贅沢に使われてて、こりゃ旨い!

芋好きの僕が最初に照準を当てたんは、何を隠そう、コレだったんよ。

Potesara

 

さて、本日のメイン、「手作り餃子」。 まずは、焼き餃子バージョン。 圧巻じゃ! 

ノーマル、シソ入り、黄ニラ、エビの4種類の具で、とってもゴージャス。 

Gyouza

 

そして、水餃子も。 なんて贅沢な食事会じゃ。

Suigyouza

 

ようこさんが持って来られた日本酒「獺祭(だっさい)」と、僕が持ってった芋焼酎

「薩摩茶屋」のツーショット。 自分のんにピント当ててるし。(笑)

Osake

 

いや~、飲んだ食った。 そして、たくさん喋って、いっぱい笑った。 夢見心地じゃ。

そんな中、〆をどうぞと配膳された「タイの湯引のヅケ おむすび茶漬」。(でいい?) 

umiさんのそうさく料理です。 うひゃ、こりゃ旨いわ。 悶絶モンじゃ!

Shime

 

気が付けば、そろそろ終電タイム。 月日が流れるんも早いけど、楽しい時間が

過ぎるんは、も~っと早いわ。 かくして、winさん邸を後にしました。 お疲れ様でした。

...当然の如く、今回も続きがあったりします。(滝汗)

<To be continued>

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

洋食のお店 アシェット

長女を、岡山駅前の塾に送り届けるついでに伺った『洋食のお店 アシェット』さん。

前回伺ったんは、昨年末だったかな?

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

まず「コーンポタージュスープ」。 安心していただけるお味です。

『アシェット』さんのスープは、他店さんより少々多めですね。

Soup_2

 

「白身魚のミラネーゼ トマトソース」と「若どりのカツレツ レモン 温野菜添え」。

このお店は、魚と肉がどちらも出てきます。 サラダの緑、レモンの黄、ソースの赤、

肉や魚の茶、鮮やかな色のコントラストが、とってもきれいですね。 もちろん旨い!

Dish

 

いや~、今日も昼から、お腹一杯じゃ。 こりゃ、しっかり腹ごなしせんといけんな。

おいしかったです。 ごちそうさまでした。 また来ますね♪

 

ということで、嫁さんと二人、足を伸ばして、RSKバラ園に伺いました。 

今がバラの盛りということもあり、園内はアマチュアカメラマンで一杯。

その中に混じって、いっぱいパシャしてきました。 それでは、一部をご紹介。

Gate

 

ラン♪

Rose1

 

ランララ♪

Rose2

 

ランランラン~♪

Rose3

 

ラン♪

Rose4

 

ラン ラララン~♪

Rose5

 

ランラン♪

Rose6

 

ランララ ランランラン♪

Rose7

 

ラララ~ ランらんランチ♪

Rose8

 

ごめん、りー子さん、またまたパクった。(爆) 最後に、ビーさんまで登場したし。(汗)

これを書きたいがために、バラ園まで行ったといっても過言じゃありません。(笑)

 

RSKバラ園ですが、ホント、今が見ごろです。 所狭しと、バラが咲き乱れてました。

その景色は、圧巻です! 興味のある方は、是非お越し下さいね♪ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

Canon EF35mm F2

デジイチの魅力って、あれこれあると思うんだけど、僕が1つ挙げるとすると、

「背景のボケ」だと思うんよ。 これはコンデジじゃ、なかなか真似できないんよな。

この「ボケ」を出す方法の1つが、絞りを開ける事なんだけど、今、持っている

レンズはズームレンズでは、一杯に開けてもF4まで、望遠にすると絞りはどんどん

閉じられます。 「ボケ」は出にくいし、暗いところでは手ブレしちゃったり、そもそも

撮れなかったりしちゃいます。

 

そこで、以前、新宿で物色した時に気に入ったレンズを、ついに購入しちゃいました。

35mmなので、APS-Cでは56mm換算になります。 いわゆる、標準ですね。

絞りはF2。 結構、開けられるんで、背景のボケもそこそこ期待できます。

Ef35

 

まあ、お金さえ出せば、もっと絞りを開けられたり、手ブレ防止が付いたんも

あるんだけど、このレンズ、コストパフォーマンスは抜群だし、自分の使い方を

幅広~くカバーしてくれそうなんよ。

 

早速、スナップを撮ってみました。 まず、今までのズームレンズでパシャ。

1785

(ISO100、F5.0、1/50秒。)

 

次に、EF35mm F2でパシャ。 背景のパキラのボケ具合が違うんが分かるかな?

35

(ISO100、F2.0、1/320秒。)

 

そして、このレンズのもう1つの特徴が、結構寄れちゃうところ。

最短25cmまで寄れちゃいます。 こんな画像も、あっさり撮れるんですわ。

Cap

(ISO100、F2.0、1/64秒。)

 

もちろん、絞りを開けられるって事は、暗いシチュエーションにも強いです!

暫くは、このレンズを付けっ放しで、あれこれ撮りまくって、修行せんとね。

この場を借りて嫁さんに一言、「相談もせず勝手に買ってすいません。」(汗)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

ジェヌイーノ

『こっく』さんの帰りに、嫁さんのリクエストで伺った『ジェヌイーノ』さん。

イタリアンジェラートをいただけるお店です。 すぐ近所なんだけど、お初です。

Tatazumai

 

ジェラートは、こんな感じで売られています。 自分の好きなんを選んでいただきます。

嫁さん、目移りして、なかなか決まらんし。(笑)

Tennai

 

結局、「リッチミルク」と「デコいちご」のダブルコーンをセレクト。

分けて貰ったんだけど、1口目は思ったよりサッパリしてます。 食べ進むと、濃厚さを

感じてきて、食べ終わる頃に丁度よくなる頃加減じゃな。 こりゃなかなか旨い。

Gelato

 

ちなみに、すぐ横には牛舎があります。 そこには、ジェラート製造主の乳牛も

たくさんいます。 やっぱり、「も~」って鳴くんじゃな。(当たり前じゃ。笑)

今度は、子供たちを連れてこようかな。 おいしかったです。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

そうさく料理 『こっく』

今週もやってきました、『こっく』さんの日。 この日は嫁さんと二人で伺いました。

店内は満席だったけど、外に待ちはゼロ。 タイミングも良好じゃ。

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

店内には、こんなポスターが貼られてました。 何故か脇の下に汗かいちゃうし。(笑)

Poster

 

暫くして、時給が一番高い(ご本人談。笑)お父さんが配膳してくれました。

お~、今週も旨そうじゃ!

Zentai

 

「チキンカツ なめ茸ソース」。 皮を取ったモモ肉なんかな? ムネ肉なんかな?

とっても柔らかいチキンカツでした。 チキンカツは初めてじゃと思う。 ウマウマじゃ。 

Chicken

 

「キンピラゴボウの肉団子 白菜ソース」。 『こっく』さんのお味にしては、とても濃厚。

変な表現かもしれんけど、鍋料理の最後の煮詰まった感じがしました。 肉団子も

味がしっかりしてて、ご飯に良く合います。 もちろん、お出汁も完飲!

Nikudango

 

「筍とワカメの揚げ物」。 もっちりした里芋と上新粉のアンに、サイコロ状の筍が

た~っぷり。 ソースは細かくした「おかか」が入ってるんだって。 こりゃ絶品じゃ!

Agemono

 

「彩野菜の盛り合わせ」。 癒し系のやさしい味付けの野菜に、オクラソースが

かかってました。 おっ、ズッキーニじゃが。 そろそろ夏ですな。  

Yasai

 

デザートの「紅茶風味のパウンドケーキ」と「ココナッツ風味のなめらかプリン」。

コーヒーをいただいてホッと一息。

Dessert

 

5月30日のニョッキンに向けて、嵐の前の静けさといったところかな。

(とはいえ、十分満席だと思うんですが。笑)

これが来月になると...はたして、どんな事になっちゃうんでしょうね。(怖)

今週も心の底から癒していただきました。 おいしかったです。 また来ますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

祁答院蒸溜所 青潮

先日、ある焼酎を手に入れたくて、ネットサーフィンしてました。

そこで、とっても良心的なお店を発見! 定価販売はもちろん、垂涎の品揃え!

さすがに、四大焼酎(森伊蔵、魔王、村尾、伊佐美)なんかは、余程タイミングが

良くないと手に入らんみたいだけどね。

 

迷いに迷った挙句、お目当ての1本と、未飲の5銘柄の計6本をゲット。(笑)

今日は、その中の1本、「青潮(あおしお)」をご紹介。

Aoshio

 

ここで、恒例のダメ舌チェック!(汗)

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(黒麹)

 【香り】       ほんのりソーダを感じるイイ香り。 

 【芋らしさ】    芋らしさはそれほどありません。 つまり、僕好み!

 【口あたり】  若干ピリッと感があり、サラッといけます。 味にも微かなソーダ感。

 【飲み易さ】   飲みやすいわ、こりゃ。 ロックでも水割りでもグイグイいけちゃう。

 【総合評価】 こりゃ旨いわ。 爽快感が夏にピッタリじゃな。

 

1升瓶を見て、大海酒造の「海」を思い出させる面持ちじゃな、と思ってたんだけど、

味自体も似た感じがします。 「海」と比べると、もう少し落ち着いてるかな。

 

貴重な1本を手に入れた!って喜んでたんだけど、先日、『ワインショップ武田』さんの

店頭にあるんを見つけました。 それなら、飲み干しても大丈夫じゃな。(笑)

これからの季節、お勧めの1本です。 気になる方は、是非一度ご賞味下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月15日 (木)

パスタフローラ

三男の社会勉強のために、ワンちゃんと一緒に食事ができるお店という事で、

伺ったんが『パスタフローラ』さん。 お隣りで同系列の『ワインショップ武田』さんには

何度となく伺ってるんですが、こちらのお店はお初です。

Tatazumai_2

 

テラス席に陣取ると、こうやって、三男にもお水を出してくれました。 

これこれ、テーブルに手を乗せんの!(汗)

Mocha

 

僕がいただいた「カルボナーラ」。 スープスパ?ってくらい、スープがたっぷり。

Carbonara

 

嫁さんがいただいた「明太子クリーム」。 なかなか、おいしかったそうです。

Mentai

 

その辺のドッグカフェでいただくより、ずっとおいしいパスタをいただきました。

三男も喜んでました。(多分。笑) おいしかったです。 また来ますね!

 

お隣りの『ワインショップ武田』さんには、テラス席から、連絡扉1つで行けるので、

待ち時間に焼酎を見て、時間を潰せるメリットがあります。

しかし、ついつい焼酎を買ってしまうというデメリットもあります。(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

三田ミート

倉敷で所用を済ませた後、晩御飯の食材を求めて立ち寄った『三田ミート』さん。

以前は、水島での仕事帰りなんかに、コロッケを買い求めてたんだけど、最近は

めっきりご無沙汰でした。 お久しぶりです!

Tatazumai

 

お肉をあれこれ買った後、ついでにコロッケも買って帰ることに決定。

そのまたついでに、今晩のおかずは、この持ち帰りのコロッケに決定。(笑)

Tennai

 

注文すると、お店の方が、その場で揚げてくれます。

もちろん、揚げ立てはアッツアツ。口の中の皮がベロンってなっちゃう可能性大。(汗)

Ageage

 

これが買って帰った「コロッケ」。 家に帰ってパシャしたんだけど、十分サクサク。

お肉屋さんのコロッケだけあって、お肉もたっぷり。

Crocket

 

こちら「ミンチカツ」。 コロッケより少々小振りだけど、お肉の旨みがタップリ。

Katsu

 

「牛すじコロッケ」。 これは、お初です。

クリームコロッケのようなトロトロのタネに、小さく刻んだ牛すじが入ってました。

Suji

 

どれも、ウスターソースをジャブジャブかけて、カラシをタップリつけていただきました。

これまた、焼酎がススム君です。(笑) 休み前だったもんで、ついつい深酒。(汗)

おいしかったです。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

とあるお店にて

先日、お気に入りのお店に伺いました。 

いつものように、お店のたたずまいと、店先にあるメニューボードをパシャして入店。

嫁さんと、ランチをオーダーして、イイ子にして待ってました。

 

暫くして、ランチが出てきました。 お~、やっぱり旨そうじゃ。

ここから、お店の方と僕との会話をご覧下さい。

 

 僕 「写真を撮らせていただいていいですか?」

 店 「ブログに載せられるんだったら、ご遠慮下さい。」

 僕 「あっ、は、はい。」

 

お料理は、これまたいつものように、とってもおいしかったです。 ごちそうさまでした。

 

自分としても、店内で撮影をする事自体、お店に許可を取ってするもんだと認識

しています。 お店の方だけでなくて、周りのお客さんにも不快感を与えちゃうかも

しれんですしね。 なるべく、目立たんように心がけています。

 

僕のブログ感ですが、『大切な日記帳』と思ってます。 『大切な宝箱』とも言えるかな?

ですんで、一つ一つの記事には多かれ少なかれ思い入れがあります。

その思い入れは、自分にとって、この先、『イイ思い出になるもの』であって、後から

読み返して不快に思うような事は、基本的に書いていません。

そして、もちろん、色んな方からのカキコも、僕にとっては『大切な宝物』です。

 

食いしん坊なので、評判を聞きつけると、あちこちのお店にでかけます。

そんな中には、はっきり言って、『ハズレ』のお店も存在します。

口に合わなくて残す事もあれば、お味は良くても、お店の対応がひどかったりする

事もあります。 そんなんを覚えててもしょうがないし、どちらかと言えば忘れたいんで

ブログの記事にはしません。 自分が、「もう行かない」だけです。

僕なんかが、あれこれ書かんでも、そういうお店は、遅かれ早かれ...ねっ!

 

話しを戻すんだけど、お店を出た後、このお店の対応について考えさせられました。

「撮影お断り!」と聞けば、すんなり納得するんだけど、「ブログお断り!」って、

なんかおかしくないでしょうかね? 色んな考え方があると思うんだけど、思い当たる

理由を書いてみると、こんなところかと思います。

 

 ・既に固定客が十分いて、宣伝されて客が増えたら困る。

 ・自分の料理は、直接食べて貰わないと困る。

 ・自分の料理をネットに流され、よそにマネされたら困る。

 ・お店に不利になることを書かれると困る。

 

あれこれ知恵を搾って、あげつらったんだけど...多分、最後の理由じゃわ。

そのお店はグルメ情報誌に何度も出てるし、そもそも、お店は営利目的だしね。

 

それって、お店の対応で、何とかなんない? っていうか、何とかせんとダメでしょ。

お店側は、お客さんに美味しい料理を提供し、心からの接客態度で、『食べて頂く』、

お客側は、そんなお店のお料理を、平身低頭、『食べさせて頂く』。

お店とお客のイイ関係って、こうなんじゃないかな? って思うんよ。

 

そりゃ、お店の方としても、大変な事もあると思うんだけど、やっぱりプロとしては

最善の努力をしなきゃいけないはずだし、改善点があれば、とことんやり抜くんは

業種が何であろうが、同じだと思います。 できなきゃ自分に跳ね返るでしょ。

ベストを提供してれば、お店に不利益を与えるような記事は誰も書かんと思うんよ。

まあ、客側にも、同じ客と思われたくないようなんが存在するんも事実だけどね。

 

酔っ払ってるんで、少々エキサイト気味じゃな。(汗) このへんでそろそろ〆ますね。

僕がブログに食事の記事をUPする時の楽しみ方を、ちょっとご紹介。

まず、出てきたお料理をできるだけおいしそうにパシャするんを楽しみます。

次に、お料理をいただいて楽しみます。 (当たり前じゃ。笑)

最後に、ブログにUPしながら、「そうそうコレが旨かったんよ~」って楽しみます。

こうする事で、ブログをしてなかった頃より、ず~っと楽しい毎日を過ごしています。

 

ということで、今回パシャを断られたお店には、暫く行かないと思います。

大好きなお店なんで、ブログを辞めちゃったら、行くかもしれんですけどね。

パシャできんでも記事にするあたり、転んでもタダでは起きん奴と我ながら感心。(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

霧島町蒸留所 明るい農村

『ワインショップ 武田』さんの前を通り過ぎる事ができず、ついつい寄って買っちゃった

霧島町蒸留所の『明るい農村』。 とっても有名な芋焼酎ですね。

何度かお店で飲んだことはあるんだけど、一升瓶で買ったんは初めてじゃな。

 

あらためて見ると、凄いネーミングじゃな。(笑)

Syoutyuu

 

それでは恒例の、独断と偏見による、あてにならない評価をどうぞ。(笑)

 

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(黒麹、白麹)

 【香り】       ムフフと笑みがこぼれるやさしい芋の香り。 微かにフルーティ。

 【芋らしさ】    僕の好きな意味での芋らしさはあります。 全然嫌味じゃないけどね。

 【口あたり】  とってもまろやか、かつ芳醇。

 【飲み易さ】   ロックでもグイグイいけちゃう。 水で割ってもイイ香りは残っとる。

 【総合評価】 こりゃなかなか旨い。 お気に入りの1本じゃな。

 

『ワインショップ 武田』さんで、こんなんも買っちゃった。

沖縄名物の「油みそ」。 特製味噌にサイコロ大の豚肉が漬け込まれてます。 

Nikumiso

 

これだけで、ご飯も焼酎もガンガンいけちゃいます。(汗)

また、沖縄に行けるよう、頑張って仕事せんといけんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました、『こっく』さんの日。 

いつものように、『こっく』さんのランチに癒していただきましょう!

 

この日のメニューはコレね。 メインは悩ましい組合せじゃな。

Menu

 

入店すると、シェフが「申し訳ないんですが、カウンターは使えません。」との事。

普段、鈍い僕でも「ピン!」と来ました。 シェフの顔、引きつってるし。(笑)

シェフ、皆まで言わんでヨロシ、そうか、今日なんじゃな。 ニョッキンの取材は!!!

 

...と、他人事のように書きながら、何故だか僕も緊張しちゃってるし。(滝汗)

脇の下に汗をかくやら、妙に水を飲むやらで、いつも通りの挙動不審じゃ。(笑)

 

暫くして出てきたんがコレね。 反射的にパシャしてるんだけど、心ここにあらず。

今回は、画像だけで勘弁してください。 お味は記憶にございません。

Zentai

 

「紫蘇風味の海老フライ レモンシーザーソース」。

Shrimp

 

「切干大根の茶巾豆腐」。

Tofu

 

「豚肉と白菜のロール煮 ワラビソース」。

Roll

 

「穴子とゴボウの赤ワイン煮 春巻包み揚げ」。

Tsutsumiage

 

デザートの「抹茶風味のクリームムース わらび餅仕立て」。

Dessert_2

 

ランチが配膳されて数分後、OHKのロケクルーが入店してきました。

まず、その場にいらしたお客さんに取材をする事に断りを入れてました。 流石じゃ。

その後、カメラ、照明、音声の方が最終チェック。

 

しかし、どうやら、取材の段取りを伝えられてないようで、お母さんは、

「どうすりゃいいんか分からんがな~」と、僕に同意を求めてました。

そうそう、僕もどうすりゃいいんか分からんし。 って、僕はどうでも良かった。(笑)

 

取材班の段取りが整って、撮影開始。

若いお笑い芸人(と思われる二人組み。汗)と、魚住アナ、しんがりにカメラさんを

引き連れて入店してきました。

その頃、デザートをいただいてたんだけど、この席ってカメラに映る位置じゃがな。

 

魚住アナの「凄いお客さんですね!」の一言から始まり、お店を初めて何年だとか、

家族3人でやってるだとか、お昼はそうさくランチだけだとか、お店の紹介の話しを

してました。

 

その後、3人がオーダーを決めた時点で、最初のカット。

シェフの緊張感がヒシヒシと伝わって来ちゃって、こっちが汗だく。(滝汗)

「シェフ、置き去りにしてスマン!」と、心で念じながら、お会計を済ませて帰りました。

 

肝心の放映日は5月30日(金)だそうです。 これまた要録画じゃな。

...って、TVに写ってたら、びっとさんの面が割れるがな。(汗) 

もし写ってたとしても、俯いてるはずだし、減るもんじゃないんで、まあ、えっか。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年5月10日 (土)

焼きたてパン工房 Lassen

『du'lue(ドゥエリエ)』さんの帰り道、嫁さんはビグアメに、僕は少し歩いて

『焼きたてパン工房 Lassen』へ行きました。

こちら、以前『おかやま工房 京山店』だったお店ですね。

Tatazumai_2

 

お店の看板は変わっていますが、店内はほとんど変わらん印象でした。

お店の方に伺うと、独立されたそうです。 頑張って下さいね!

 

こんな紙袋に入れてくれます。 昔ながらの紙袋が、何だか新鮮ですな。

Bag

 

左手前が「くるみカマンベール」。 長いんの手前から「チーズなんとか」(汗)、

「オニオンベーコン」、「くるみチーズ」。 お味も、そのまま。 やっぱりおいしい!

Breads

 

『Masabakery』さんや『Lassen』さんを見てると、『おかやま工房』さんの経営者さんの

懐の深さを感じます。 なかなか、マネのできん事だと思います。

そんな寛大な方のレシピを踏襲してるんで、こんなにおいしいんかもしれんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

de'lue

GW後半の3日目。 この日も嫁さんと水入らず。 ちょっと遠出しようかと伺った

『de'lue(ドゥエリエ)』さん。 情報によると、ワンちゃんと一緒に食事ができるそうで、

嫁さんは一度来たかったんだって。 

Tatazumai

 

人気店のようで、お客さんは一杯。(驚) 暫く待たせてもらいました。

席に通されて、二人とも、メインに肉をセレクトしたランチをオーダーしました。

 

暫くして出てきた「自家製パン」。 香ばしくて、ほんのり甘いパンです。

「ふうまん」の皮を感じさせるお味でした。(変?) こりゃ旨い。

Bread1

 

こちらが前菜ね。 実はメニューをパシャし忘れてて、詳細は書けんのよ。(汗)

どれもおいしかったです、はい。

Zensai

 

記憶によると「かぼちゃのポタージュ」。 なかなかじゃった。

Soup

 

パンが終わっちゃったんで、お替りしちゃいました。 出てきたんは、バゲットじゃな。

Bread2

 

メインの「何とか豚の香草焼き」。(滝汗) 豚肉は少々歯応えがありすぎたかな?

その分、味はしっかりしてて、これはこれでアリじゃと思う。 バルサミコの利いた

ソースもバゲットでふきふきして、しっかりいただきました。

Main

 

嫁さんがいただいたデザートの「アールグレイのタルト」と「オレンジのパンナコッタ」。

どちらもおいしかったそうです。

Dessert

 

最近、気が付いたらコーヒーに口を付けっちゃってるんよ。(滝汗)

こんなかわいいお砂糖が添えられてました。 使わないんだけどね。(笑)

Sugar

 

人気があるのも頷けるランチでした。 ごちそうさまでした。 また来ますね!

 

そうそう、肝心のワンちゃん情報ですが、裏にこんなオープンテラスがあります。

この日も、ダックスを連れたお客さんがランチしてました。

次は、次男、三男を連れてこようかな?

Uraniwa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ARIZONO

今年のGW後半は、奇跡的に休みが取れたのに、長男のソフトボールで遠出はNG。

長女も友達と遊びにでかけちゃうし...親離れと言えば、そうなんだろうけど、少々

寂しいもんじゃな。 となれば、否が応でも夫婦水入らずになる訳で。(笑)

この日のお昼ご飯に伺ったんは『ARIZONO(アリゾノ)』さん。

Tatazumai

 

このお店は、基本的に要予約ですんで、お気をつけ下さい。 

二人とも、ランチをオーダーしました。

 

まず「前菜」。 トマトのサラダ、ナスのグリル、水菜の下には、煮豚もありました。

これは、この後の展開を期待させます。 どれも旨いわ。

Zensai

 

一緒にバゲットも出てきました。 こちらは普通かの。

Bread

 

「カボチャのスープ」。 横にはハムとマスカルポーネのディップが乗ったカナッペが

添えられてました。 スープには、ほんのりとチーズの風味がしてて、こりゃおいしい。

Soup

 

ブリが付いた嫁さんは、グラスワインを頼んでるし。(笑)

Wine

 

メインの「豚肉のチーズとポテトの重ね焼き」。 どれも好物で、もちろんおいしかった

けど、色目がちょっと悪くないかい?(笑) 

Main

 

「白インゲンとベーコンのパスタ」。 とってもオイリー&ガーリーな仕上がり。(笑)

白インゲンエキスは炭水化物の吸収を抑制するらしいんで、この日いただいた

炭水化物が無かった事になりますように。(ダメ?)

Pasta

 

最後にデザート。 「チョコレートケーキ」と「パンナコッタ」。 できたらスプーンだけ

じゃなくて、フォークも欲しかったな。(汗) エスプレッソをいただいてホッと一息。

Dessert

 

住宅地にあって、隠れ家的な雰囲気のお店。 カウンターに通されたんで、最初は

少~し落ち着かなかったんだけど、慣れちゃえば全然OK。

それに、お店のスタッフの教育は完璧。 料理の出てくるタイミングもベストじゃ。

ボリュームも十分で満足しました。 おいしかったです。 また来ますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

セルフうどん かめや

嫁さんは長男のソフトボールのお手伝いで外出、子供たちもそれぞれ用事があって

不在。 家にいながら、一人きりの休日なんて、何年ぶりだろ?

自分一人のために、お昼ご飯を作るのも面倒くさいんで、伺った『かめや』さん。

何だか暫くぶりのような気がします。

Tatazumai

 

さすがに休日という事もあり、駐車場は一杯。 少し待った後、車を停めて入店。

すると、出入り口まで行列ができてるし。(笑) 商売繁盛、イイ事です。

10分程して、やっとレジまで辿り着きました。 お母さんに「今日はお一人ですか?」

って尋ねられ、「えっ、ええ」という小声の返事と、引きつり笑いを返す体たらく。(笑)

 

この日は「かけ中」。 いつもは「かけ小」なんだけど、待ち時間の間に心変わり。

もちもちプルンとした麺も相変わらず、この日はお出汁も素晴らしかった。

Kake

 

「玉ねぎのかき揚げ」には、ヘルメスのソースをタップリ...こりゃ、かけ過ぎじゃ。

Tamanegi

 

いや~、この日も旨かった。 満足満足。 ごちそうさまでした。 また来ますね♪

 

帰りに『Kaji-Pan』さんに寄ったんだけど、またまたお休みでふられちゃった。(涙)

あの「ベーコンエピ」を食べられるんは、いつの日になることやら...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

さつま無双 竈

寄り道ついでに『酒工房 あおえ』さんに立ち寄り、さつま無双の『竈(かまど)』を

買って帰りました。 先日の『もぐら』と同じ酒蔵の芋焼酎です。

3年間、甕壷で貯蔵して熟成しているそうです。 

 

ラベルはこんな感じです。 緑の瓶に、和紙のラベルがカッコイイですな。

Kamado

 

裏書には、こんな詩が書かれてます。 そうそう、飲みたいんだよなー。(笑)

Uragaki

 

肝心の味ですが、今回から独断と偏見で感想をまとめてみます。 

あれこれ飲んでても、すぐに忘れちゃうんで、備忘録のつもりです。 

ダメ舌の持ち主ですんで、参考にはなりませんです、はい。

 

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(白麹)

 【香り】       芋の香りはあんまりしない。その分、アルコール臭がクンと来ます。

 【芋らしさ】    余り芋っぽさを主張するタイプじゃないですね。

 【口あたり】  まろやかなんだけど、結構辛口。

 【飲み易さ】   ロックだと辛めなんだけど、少し水を足すと、これはヤバイ。(笑)

 【総合評価】 さっぱりしてて、ちょっと地味目じゃな。 

 

ってな感じかな? もちろん、及第点は楽々超えてます。 なかなか旨い!

 

何となくだけど、焼酎を集めようかな~、なんて思ってます。

この『竈』も一杯だけ飲んで、仕舞っとこっと! さてさて、お次は何を飲もうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

ぱんごーの

矢掛からの帰り、小高い山に登ってみました。

Mountain

 

上目使いの小鬼が、番をしてます。 パンツじゃなくて、ふんどしなのね。(笑)

Oni1

 

ほとんど登りきったところに、こんな看板が出てました。 そう『ぱんごーの』さんです。

Kanban

 

小鬼が3人並んで、お出迎え~。 

Oni2

 

こちらの建物の中に入ると...

Tatazumai_3

 

ズラッと、カンパーニュが並んでます。 どれも旨そうじゃ~。

Tennai

 

あれこれ悩んで、「いちじく、おれんじ、くるみ、ちーずの詰め合わせ」と、「ちーず」を

買って帰りました。

Breads

 

もちろん、家に辿り着くまで我慢ができず、「いちじく」をかじっちゃいました。

もっちりしてて、塩加減も丁度イイ! 今まで食べたカンパーニュの中で一番です!

 

この日の夕食は、「スペアリブのトマト煮込み」と一緒にパン食でした。

どのカンパーニュも、身悶えする程、絶品じゃった! 「こりゃ旨い」を連発してたら、

料理もカンパーニュのUPもパシャし忘れてもうたがな。(汗)

予約をすれば、ランチやピザもいただけるようなので、あらためて、また行こっと♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年5月 4日 (日)

ラーメンショップ 矢掛

インテグラの車検で、わざわざ矢掛へ。 ガソリンもまた値上がりしたし、そんなに

遠くまで行かなくても車検はできるんだけど...まあ、腐れ縁って奴ですな。

この日のお昼ご飯は、以前から一度行きたかった『ラーメンショップ 矢掛』さん。

Tatazumai_2

 

メニューはこんな感じです。 迷わず「ねぎラーメン 並」の食券をゲット。

お店の方に食券を渡す際、「ちょいこて で!」と、オーダーしました。

こういう風にお願いすると、無料で背脂を、ちょっとだけチャッチャしてくれます。

Menu

 

これが、「ねぎラーメン(ちょいこて)」。 麺は少し柔らかめじゃな。 ネギの食感は

シャッキシャキ。 背脂の効果もあってか、コクもあるし、なかなか旨いわ。

Ramen

 

しかし、↑の画像は、速度優先になっちゃってて、真っ黒なのを画像処理してます。

早く食べようと、気が急いちゃった証拠じゃな。(笑) よ~く、確認しなくきゃね。

おいしかったです。 この辺りに来ることがあったら、また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

そうさく料理 『こっく』

今週もやって来ました、『こっく』さんの日。 

無事、年度末を乗り切り、やっといつもの書き出しに戻れました。(笑)

いつものように、『こっく』さんのランチに癒していただきましょう!

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

奇しくも、この日はシェフの○○回目のお誕生日。 ある方から、その情報を

戴いてたんで、開口一番、「シェフ、お誕生日おめでとうございます♪」と、祝福の

言葉をかけさせて貰いました。 言葉だけで、プレゼントはありませんでしたが。(汗)

 

暫くして出てきたんがコレね。 今週も旨そうじゃ~!

Zentai

 

「イカフライ カレー風味のタルタルソース」。 揚げ立てアツアツのイカフライは

肉厚で旨いわ~。 多分、モンゴウイカじゃろうな。 タルタルもスパイシーで

思った以上に、ご飯がススム君です。

Ika

 

「叩きワラビと豆腐の飛龍頭仕立て」。 中身が、ふわんふわんの飛龍頭です。

やさしい味付けのお出汁を含んで、これまたおいしい。

Hirouzu

 

「茄子と挽き肉のトマト味噌ディップ」。 これは、はまった! ゲキ旨じゃ。

とはいえ、うまく文章で伝えられん。 なんかこう、ポテサラのように柔らかくて、

挽き肉の旨みがググッと来て...だめじゃ、これじゃ伝わらん。 とにかく旨かった!

Nasu

 

「新玉ネギと切干大根のプリン」。 玉ネギの甘さと、切干大根の甘さがあいまって、

やさし~くまとめられてます。 ほわわ~んとした、お味と食感ですな。

Pudding

 

最後にデザートの、「トロピカルチーズケーキ」。 バナナとパイナップルが入った

チーズケーキです。 甘いんは苦手だけど、『こっく』さんのんなら、ホントおいしく

いただけます。 コーヒーと一緒にいただいて、ホッと一息。

Dessert

 

まだ、波はあるようですが、一時期と比べると、少々落ち着いてきたんかな?

この日はシェフと結構お話しができました。 

主に、先日の「かまや」の日の飲み食いの話しでしたが。(笑)

今日も、本当に美味しかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

Palpasta

前日、「パンチェッタ」と「タバスコ」って単語を何度か聞いていたために、何となく

イタリアンが食べたくなったこの日、伺ったんが『Palpasta(パルパスタ)』さん。

何度か、ふられてて、この日がお初です。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。

Menu

 

入り口のすぐ横に、こんなメニューと、薪の山がありました。 「かまや」にも

こんな薪が詰まれる日が来るんでしょうな。

Menu2

 

入店すると、テーブルの上に3種類の「タバスコ」が鎮座していました。

こりゃ、よりどりみどりで、かけ放題じゃ。(笑)

Tabasco

 

まずは「自家製天然酵母パン」。 よもぎが練りこまれています。

結構、しっかりとよもぎの風味がします。 うん、なかなか。

Breads

 

そして「サラダ」。 赤いドレッシングがかかってます。 こちらもまずまず。

Salad_3

 

嫁さんがオーダーした「ちりめんじゃことたっぷりキャベツの大葉じそスパゲッティー」。

和風テイストで、こりゃおもしろい。

Jyako

 

長女がオーダーした「ソーセージとたけのこのチーズクリームスパゲッティー」。

ほんのりチーズ風味で、長女は喜んで食べてました。

Sausage

 

僕がオーダーした「ツナとたっぷり春野菜のトマトソーススパゲッティー(よもぎ麺)」。

こちらのお店の「カルボナーラ」は、パンチェッタじゃなくてベーコンだそうです。

じゃあ、タバスコをバシャバシャかけようと、トマトソースをチョイスしました。(笑)

Tuna

 

このお店の一番の特徴は「自家製の生パスタ」。 乾麺とは食感も見た目も違います。

見た目はエッジが利いてて四角だし、食感はプルンとした独特な柔らかさ。

多分、好き嫌いが分かれるんじゃないかな? 僕は...普通のんがいいかも?(笑)

 

嫁さんのデザート「ほうじ茶かのこ マフィン」。 なんか変わった形じゃな。

Maffine

 

長女が頼んだ「フレッシュバナナ マフィン」。 どちらも甘さ控えめでした。

Maffine2

 

僕はコーヒーのみで。 ゴメン、少し飲んだ後じゃ。(汗)

Coffee

 

お客さんは引っ切りなしに出入りしてて、ホント大盛況です。 このお店の生パスタに

魅了された方々なんでしょうね。 個性があるのは間違いありません。

パスタの好きな長女は大満足。 ごちそうさまでした。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

石釜作り 4日目 第2部

電車の中で、「さて、何処に行こう?」と協議の結果、『鷏』さんにTEL。

しかし、残念ながら満席で断念。 お店が決まらぬまま、岡山駅に到着しました。

そこで、口が焼き鳥になってる3人の再協議の結果、『新八』さんに決定!

 

店じまいの時間まで1時間無いって事だったんで、急いでオーダー & グビグビ。

焼き鳥、セセリ、手羽先、皮などをアテに、焼酎をいただいたんだけど、画像は

全滅。(涙) タダでさえ暗い店内の端っこで、パシャは全部まっくろけ。

帰りに、たたずまいをパシャしたんだけど、灯の消えた看板も、やっぱりアウト。

 

少々、飲み足らない(いやいや、壊れてたの方が正しい!)んで、先日、残念ながら

定休日だった『お好み焼 よしこ』さんに伺いました。 1年半ぶりくらいです。

こちらのお店、芋焼酎が店内にところ狭しと並んでます。 大将に聞いたところ、

店内に並べてるだけで250銘柄、奥にしまっている物を合わせると500銘柄も

あるそうです。 ちなみに、「これ、ある?」って聞くと、何でも出てきます。(笑) 

Yoshiko

 

僕は、お気に入りの「薩摩茶屋」と「朝邑」を、ossyanは、「伊佐美」、nyankoセンセは

大将のお勧めで「知覧ほたる」をいただきました。

肝心の焼酎の雛壇をパシャしてないのも壊れてた証拠ですわ。(滝汗)

 

そして、お酒のお供に頼んだんが、このおでん。 確かにこちらの牛スジは絶品

なんだけど、ついさっき、winさん邸で食べたばっかりじゃが。(滝汗)

完全に酔っ払いの成せる業ですわ。 こうやって書きながら、すっかり自己嫌悪。 

nyankoセンセ、ossyan、至らぬエスコートでホントすんません。

Oden

 

〆のお店は、「まことや」さん。 nyankoセンセ、ossyanはお初だそうです。

ちなみに、winさんはこちらにはまっているそうです。

Makotoya

 

nyankoセンセと僕が頼んだ、「まことやらーめん」。 レギュラータイプですね。

あっさり目のとんこつですが、純長浜じゃなくて、多少アレンジが利いてます。

Ramen

 

ossyanがオーダーした「コクの赤玉ラーメン」。 奇しくも、前回のwinさんと同じです。

Akatama

 

そんなこんなでお開きになったんが、午前2時前。(汗) ホントに、楽しかった~。

結構、大変な作業の後、これだけ飲んで食ってできるんは、若い証拠のハズじゃ。

次回も、若さ爆発でガンバルぞ~! (← ガンバルのは「作業」それとも「飲み」?)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »