« 炭焼き工房 鷏 | トップページ | ぶどうの木舎 »

2008年5月23日 (金)

植園酒造 夢鏡

芋焼酎の原料と言えば、当然「さつまいも」なんだけど、岡山では馴染みのない

「黄金千貫(こがねせんがん)」という品種で作られるのが一般的です。

そんな中、鹿児島にもチャレンジャー(?)がいるみたいで、その他の品種を使った

芋焼酎も、ちらほら存在します。

実は、僕の大好きな「山ねこ」も、そのうちの1つで、「ジョイホワイト」という

さつまいもが原料になっています。 大海酒造の「海王」もそうですね。

 

今回紹介するのは、その「ジョイホワイト」を原料に使った、植園酒造の「夢鏡」です。

「ジョイホワイト」を使った芋焼酎のイメージは、かろやかで芋をあまり感じさせない

タイプなので、とっても期待が持てます。

Yumekagami

 

さて、恒例のダメ舌チェック!(汗)

 【原材料】   さつま芋(ジョイホワイト)、米麹(黒麹)

 【香り】       ありゃ、どしたん? 芋の甘い香りがガンガンくるがな。(汗)

 【芋らしさ】    うわっ、来た。 久々の芋焼酎、直球ド真ん中。(笑)

 【口あたり】  まったり感があって芳醇。 刺激感は少ないです。

 【飲み易さ】   ロック、水割りは、あんまり合わないみたい。 こりゃ、湯割りじゃな。

 【総合評価】 芋がガツンと来て、薫り高いタイプをお求めの方にはイイはず!

 

残念ながら、自分の好きなタイプじゃありませんでした。(笑) 

しかし、「ジョイホワイト」=「軽い」という概念を根底から覆させられ、いい勉強に

なりました。 しっかし、芋焼酎はホント奥が深いな~。

|

« 炭焼き工房 鷏 | トップページ | ぶどうの木舎 »

芋焼酎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植園酒造 夢鏡:

« 炭焼き工房 鷏 | トップページ | ぶどうの木舎 »