« そうさく料理 『こっく』 (お持ち帰りの部) | トップページ | そうさく料理 『こっく』 »

2008年7月 5日 (土)

植園酒造 うえぞの

昨日の記事で、『こっく』さんのお持ち帰りと一緒にいただいた芋焼酎は、

植園酒造の「うえぞの」です。 杜氏が自分の名を冠した、入魂の1本だそうです。

この焼酎に使われてる芋は、黄金千貫ではなく、山川紫(やまかわむらさき)って

いう紫芋です。 ジョイホワイトで作った芋焼酎が好きだったりするんで、変り種の

「うえぞの」が、以前から気になってました。 それに、この山川紫って原価が高い

芋だそうで、黄金千貫の3倍もするんだって。(驚) 

高いからイイってもんじゃないんだろうけどね。(笑)

Uezono

Uezono_ura

 

ここで、恒例の...「びっとさ~ん チェ~ック!」

 【原材料】   紫芋(山川紫)、米麹(黒麹)

 【香り】       やさしくて控えめな甘い香りがします。 とっても好感触。 

 【芋らしさ】    芋らしさは少ない方ですね。 っていうか、僕の好みの芋らしさじゃ。

 【口あたり】  まろやかで、刺激は少なめ。 華やかさを感じます。 うまいっ。

 【飲み易さ】   こりゃ、いける。 ロックでもいいけど、水割りだと甘さが増します。

 【総合評価】 こりゃ今まで飲んだ芋焼酎の中でトップクラスの旨さじゃ!

 

ほんのり甘さを感じ、芋の味わいも品よく、全体に華やかな仕上がりです。

初心者の方にも、焼酎好きの方にも、お勧めの1本です。 何処にでも置いてある

芋焼酎じゃないんだけど、見つけたら是非、飲んでみて下さいね♪

 

追伸)

感動の開栓翌日、なんという事はないおかずを肴に「うえぞの」を飲んでみました。

すると...う~ん... 確かにおいしいんだけど、昨日ほどの感動がないがな。

僕の芋焼酎像って、あくまで脇役で、主役の料理の引き立て役だと思うんよ。

名脇役も、柱となる主役がしっかりして初めて引き立つっていうのを再確認しました。

それだけでなく、思い入れや、その場の雰囲気、体調にも大きく左右されちゃいます。

あっ、でも、美味い焼酎には間違いありません。 やっぱり、お勧めの1本ですよん♪

|

« そうさく料理 『こっく』 (お持ち帰りの部) | トップページ | そうさく料理 『こっく』 »

芋焼酎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植園酒造 うえぞの:

« そうさく料理 『こっく』 (お持ち帰りの部) | トップページ | そうさく料理 『こっく』 »