« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

そうさく料理 『こっく』

クリスマスウイークは、出張だったり何かと忙しかったりで、恒例の『こっく』ランチに

行けませんでした。 こちらの画像を見ては悶々とした日々を過ごしてました。

今回、乙女さんの気持ちが、よ~く分かりました。(笑) 今週になって...というか、

今年の最終営業日に、何とか滑り込みセーフで伺うことができました。

 

今週のメニューはコレね。 2台巨頭のメインです。 あいたたた。(笑)

Menu

 

12月30日と、年も押し迫ってるせいか、お客さんは少なめでした。 世の奥様方は

今頃大忙しなんでしょうね。 かくいう、うちの奥様は優雅にランチをしてますが。(笑)

本人曰く、年末にバタバタしないように、こまめに掃除をしてたとか、してなかったとか。

 

暫くして出てきたんがコレね。 やっぱり、エビちゃんを頼んじゃった。(笑)

まあ、嫁さんがハンバーグを頼んだんで、ワケワケできちゃうもんね。

Zentai

 

「海老の紫蘇フリッター パプリカスイートチリソース」。 やっぱり、エビちゃん

プリップリ。 甘めだけど、すこ~し辛さがアクセントになったソースは、とっても

うまうま。 これ、いつも以上にご飯が進みます。 やばいわ、コレ。(笑)

Shrimp

 

「煮野菜の巾着仕立て」。 茶巾の中にはウズラの玉子や芽キャベツが入ってます。

長男、大喜び。 それに緑と赤のソースがとっても綺麗。 クリスマスしてますな。 

どこかで食べたレバニラの彩りとは大違いじゃな。(汗) 

Kinchaku

 

「白菜団子の揚げ物」。 シェフ必殺の揚げ団子シリーズじゃな。 これは鉄板の

旨さと食感です。 団子の下には柔らかく煮込まれた冬瓜に、白い野菜ソースが

た~っぷり。 こりゃ旨いわ♪

Dango

 

「鶏肉の茶巾煮 胡麻豆腐ソース」。 淡白な鶏胸肉で、煮込んだ野菜を茶巾に

してます。 下にあるゼリーは、食べてるうちは分からんかったけど、今が旬の

金時人参だそうです。 やさしいソースもおいしい、おいしい。

Chicken

 

デザートの「柿のレアチーズケーキ」。 柿をこんな風に使ったデザートって珍しい!

珍しいだけじゃなくて、おいしいのがシェフの凄いところなんよな。

Cheese

 

僕の大きな期待の、その上を行く絶品ランチ。 食べられてホント良かった~!

今年もおいしいランチをありがとうございました。 シェフ、来年もよろしくね~♪

 

【暮れのご挨拶】

「びっとさん、今日はどちらへ?」をご覧の方々、いつもありがとうございます。

拙い文章や画像を、恥ずかしげも無くブログにUPし続けられるのも、皆さんの応援が

あるからなんです。 この場をお借りして、あらためて感謝の気持ちをお伝えします。

世知辛いご時世の今日この頃ですが、来年が皆さんにとって、良い年である事を

心からお祈りしています。 もちろん我が家にとっても、いい年になりますように♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

八木酒造猿ヶ京蒸溜所 八千代伝 千代吉

正月用に好みの芋焼酎を何本か仕入れたんで、今日はその中から八木酒造の

「八千代伝 千代吉」を紹介します。 「八千代伝」は、そもそも30年前に一度製造

中止された銘柄でしたが、近年八木酒造さんが「猿ヶ京蒸溜所」を開設し、復刻した

ブランドです。 芋焼酎フリークにはすぐに受け入れられ、今注目の銘柄の一つです。

 

「八千代伝」の銘を貰った限定焼酎が、この「八千代伝 千代吉」です。

年に6回しか出荷されない、なかなか希少価値のある芋焼酎です。 特徴としては

黄麹と黒麹を使っていること。 その麹を操るのは、あの「黒瀬杜氏」の一人、

「吉行正巳(よけまさみ)杜氏」。 杜氏暦50年を超える氏が、「私の杜氏人生の

答えをこの蔵で出す。」と、真剣勝負で作った焼酎だそうです。

Omote

Ura

 

まあ薀蓄はさておき、恒例の...「びっとさ~ん チェ~ック!」

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(黄麹、黒麹)

 【香り】       やさしい控えめな香りです。 アルコール臭も少なめじゃな。 

 【芋らしさ】    確かに芋なんだけど、これも控えめ。

 【口あたり】  刺激は少なめですね。 まろやかな口当たりです。

 【飲み易さ】   ナンボでもカパカパいけちゃいます。(笑)

 【総合評価】 とっても飲みやすいんだけど、今一つ地味目かな。

 

フルーティーなタイプでも、ガツンとくるタイプでもありません。 甘いも酸いも

知り尽くした杜氏だから出せる味かもしれません。 いただくお料理の邪魔を

一切しない焼酎ですね。 その主張しないのが、吉行杜氏の主張なんかも?

って、しみじみ考えながらいただきました。 興味のある方は是非どうぞ♪

 

...って、正月用だったはずなのに、年末に開けちゃいけんがな。(滝汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

博多ラーメン サスケ

仕事中に嫁さんからTEL。 受話器の向こうで「買い物に連れてけ!」なんて言ってる。

気が付きゃ、もうとっくにお昼を回ってるがな。 忙しいんだけど、お昼ご飯を兼ねて

街中に繰り出しました。 聞けば、嫁さんも長男も、お昼ご飯は済んでるらしい。

「一人で何処に行こう?」と、一瞬悩んで思い出したんが『博多ラーメン サスケ』さん。

オープンして1年くらい経つのかな? チャンスがあれば行ってみたかったお店です。

Tatazumai

 

お初のお店では、まずオーソドックスのラーメンをいただく決まりになってます。

それではと、「サスケラーメン」をオーダーしました。 長浜ラーメンのお店らしく、

「硬さはどうしましょう?」なんて尋ねられたんで、無意識のうちに「カタで!」って

答えちゃいました。(汗) どうして、「普通で!」って言わんかな。(笑)

 

暫くして出てきたんがコレね。 お~、これぞ長浜ラーメンって面持ちじゃわ。

スープは癖のないライト豚骨。 『秀やす(旧 博多一番)』さんや『とみ吉』さんに

近い味かな? 麺は極細の長浜ラーメンによくあるタイプですね。 こりゃなかなか。

Ramen

 

「わ~かっちゃいるけど、やんめられないっ♪」って事で、替え玉をオーダー。(汗)

ついでに「辛子高菜」もオーダーしました。 高菜が別料金ってのがちょっと残念。

この「紅生姜」、『秀やす』さんから持ってきたん?ってくらい、ソックリなお味です。

少し○っぽい感じがするんです。 ご存知な方なら、分かってもらえると思います。

Ramen2

 

トンコツラーメン好きの僕としては、とっても満足の及第点! その分、ちょいと

個性が欲しい気がせんでもないです。 おいしかったです。 また来ますね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

『Pの密室』 島田荘司

今日は島田荘司著、『Pの密室』のご紹介。 名探偵 御手洗潔シリーズの一冊です。

Locked_room_p

 

「鈴蘭事件」、「Pの密室」の2つの中編で構成されてます。 いつもと違うのは、

御手洗潔が子供ってところ。 「Pの密室」では小学2年生、「鈴蘭事件」に至っては

なんと幼稚園児で登場します。 それが大人顔負けの推理をするって言うんだから、

誰もが「名探偵コナン」を思い浮かべるはずです。 コナンは高校生だけどね。(笑)

 

「子供がこんな事、思いつかんじゃろ!」ってツッコミは置いといて、トリックや

伏線は、さすが島田ワールド。 特に「Pの密室」の数学的世界に、理系の

僕はしてやられました。 まあ、証拠隠蔽のためのトリック自体、子供が考えた

内容なので、少し必然性にかける気もするんだけどね...って、ネタバレ。(汗)

 

独特な世界感を持つ御手洗潔のイリュージョン、気になる方は是非どうぞ♪

次も、島田作品を読んでみよっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

宇都宮出張 3日目

宇都宮出張2日目は、トラブルでお昼ご飯は抜き。(涙) 何とか仕事を終わらせて

夕食に「餃子を食べよう!」と、ホテルの近くの餃子屋さんに行ってみると、なんと

閉店してるじゃないですか!(涙) 寒空の下、1時間以上も独りでぶらついて、

結局コンビニ飯という切ない結末。 クリスマスだっていうのにねぇ...

 

翌日の出張最終日。 お昼頃に仕事は終わる事が分かってたんで、前日から

東京のランチ情報を入手してました。 朝から、お口は「鮨」モードになってたんです。

ところが、お客さんの「びっとさん! 近くに地元の名士が集うステーキ屋さんが

あるんですよ。 お昼はソコに行きましょう!」なんて言ってます。(滝汗)

急いで帰る身でない事はバレバレだったし、何とも断れませんでした。

そんなこんなでお昼ご飯に伺った『ステーキハウス 杣(そま)』さん。

Tatazumai

 

お客さんは「なんでも頼んで下さいね!」なんて言ってるけど、小心者だもんで

やっぱり遠慮しちゃうんよね。 ランチで一番安い「ステーキセット」を頼みました。

それでも1250円。 福沢さんオーバーなんてメニューがゴロゴロしてるがな。(汗)

 

暫くして出てきた「グリーンサラダ」。 まあ、普通です。

Salad

 

メインの「ステーキ(200g)」。 肝心のお味は「アメリカ~ン」って感じです。(汗)

Steak

 

食後のコーヒーでホッと一息。

Coffee

 

何だかグダグダ書いちゃったんだけど、お客さんから「ありがとう!」の気持ちを

いただくんは、仕事をしてる中で、やっぱり嬉しい瞬間の一つなんですよ。

 

羽田空港のホットスポットでも、バリバリ仕事をこなして、その合間に恒例のお土産を

調達しました。 お土産物売り場を歩くのも、出張の楽しみの一つです。

 

まず、目に飛び込んできた『ごまたまごプリン』。 速攻で飛びつきました。(笑)

Gomatamago

 

こんなかわいい卵型のカップに入ったプリンです。 「ごまたまごのプリンじゃが!」と、

家族の食いつきも、とっても良かったです。

Gomatamago_up

 

次に、「東京カンパネラ」のショコラ。 今回、お土産物売り場で、この青色が

目に鮮烈でした。 今まで気づかなかったんで、多分新製品だと思います。

Campanella

 

チョコ味のラングドシャクッキーが3層になってます。 最近、嫁さんはラングドシャに

はまってるのを知ってたんで、こりゃ絶対に気に入るはずなんよ。

Campanella_up

 

そして僕へのお土産は、いつもの「崎陽軒のシウマイ」。 これで一杯飲る瞬間、

「家に帰ってきたんだ~」って実感するんです。 おっ、おかげさまで100周年。(笑)

Siumai

 

あっ、そう言えば、「餃子像」に挨拶するんを忘れとった。(汗) 来年早々、宇都宮に

行くのが決まってるんで、その時の楽しみに取っとこっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

宇都宮出張 1日目

今日はクリスマスイヴ。 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 僕は、風邪気味にも

関わらず、岡山より寒い宇都宮に出張です。 責任者、出てこ~い!(涙)

まずは、餃子像に挨拶を!と思ったんだけど、以前いらした東口から西口にお引越し

されてるそうです。 時間が無いんで、帰りにでもご挨拶に伺いましょう。

 

取り急ぎ、現場に顔を出したら、アッと言う間にお昼ご飯の時間。 お客さんに

連れられて伺った『美よし』さん。 スナックのような怪しい佇まいじゃな...(汗)

Tatazumai1

 

一緒だったお客さんが二人とも、「レバニラ定食!」なんてオーダーするもんだから、

僕も、「じゃあ、レバニラ定食」って頼んじゃいました。 何せ、小心者だもんで。(汗)

恐らく、○十年生きてきて、初めてオーダーするメニューかもしんないです。

 

暫くして出て来たんがコレね。 う~ん、ほぼ想像通りの面持ちじゃな。(汗)

Zentai

 

「レバニラ炒め」のUPをどうぞ。 レバーがちょっとパサついてたけど、まあまあかな。

Rebanira

 

先発のお客さんの顔を、よ~く見てみると、お疲れのご様子。 だから、「レバニラ」

だったんかもね?(笑) 僕も風邪気味だったから、丁度よかったかもしんないな。

 

午後の仕事を片付けて、今日も一日、ご苦労さん♪ 帰りに夕食をいただきに

伺ったんが、『丸信ラーメン』さん。 そう言えば、前回も初日はココじゃったな。

Tatazumai2

 

ホテルに戻っても仕事があったんで、軽く済まそうと「ラーメン」をオーダーしました。

暫くして出て来たんがコレね。 お~、何となく見覚えがある!って思ったら、岡山の

『火の車』さんのラーメンにソックリじゃあ~りませんか!

Ramen

 

麺までソックリでしょ! でも、『火の車』さんよりもアッサリしてます。 こりゃなかなか。

こんなん出てきたら、岡山が恋しくなるじゃないですか!

Ramen_up

 

ホテルに戻って、いつものように晩酌タイム。 コンビニで仕入れたんは、好きな蔵元

山元酒造さんの『蔵の神』。 山元酒造さんの焼酎は、押しは強くないけど、優しい

味わいなんがお気に入りなんよ。 この『蔵の神』は、ちょっと癖がある方かな?

Kuranokami

 

今日は12月24日、クリスマスイヴです。 皆さん、色んな過ごし方をされていると

思います。 ここをご覧の全ての方にとって、よいクリスマスイヴでありますように♪

さ~て、今夜はいつも以上に深酒しちゃおっかな!(寂)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

キリン 「明治のラガー」と「大正のラガー」  続報

先日、仕事が終わって家に戻ると、「荷物が届いてるよ~」って、嫁さんがニヤニヤ

しながら言ってました。 さて、なんじゃろか?

Box

 

おっ、ビールが当たっとるわ!(嬉)

Okurijyou

 

「明治のラガー」と「大正のラガー」 、それぞれ3本ずつ、ご当選!

こりゃ飲み比べんといけんな。 

Letter

 

「明治のラガー」と「大正のラガー」だけじゃちょっとつまらないんで、早速、翌日

「ラガー」と「クラシックラガー」を買ってきました。 明治、大正、昭和、平成の

揃い踏みです。 お気に入りの琉球ガラスのコップに注いでみました。

Beers

 

肝心の味ですが、「ラガー」と「クラシックラガー」はおいといて、「明治のラガー」は、

一番ドッシリ感があるかな? 「大正のラガー」はそれに軽やかさをちょいと足した

感じ。 どちらも現在の「ラガー」より「クラシックラガー」に近い味わいです。

でも、どれも紛れも無く「ラガー」で、同じ系統のキリンビールの味ですね。

 

まあ、嫁さんも飲んでごらん! これが「明治」で、これが「大正」ね。

違いはどんな? そうじゃろ! 「明治」が一番ドッシリしとるじゃろ! 同感、同感!

で、返してもらった、このコップ、「明治」? 「大正」なん? えっ、分からん?(汗)

まあ、どっちでもいいや。(笑) どれもおいしいんだから。飲み比べはやめじゃ。

 

期間限定の、「明治のラガー」と「大正のラガー」。 キリン党の方は早めにどうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

『13階段』 高野和明

今日は高野和明氏の『13階段』をご紹介。 手持ちの本を切らしてて、時間がない中、

飛び込んだ書店で無意識のうちに手にしてました。 って、万引きじゃないよ。(笑)

13stairs_2 

 

題名から分かるように「死刑」というのが大きなキーワードになっています。

主人公の一人「三上純一」は、2年前に過失致死の罪で服役した後、仮釈放の

身になります。 両親の元に戻った純一を待っていたのは、自分の犯した罪の

ために苦しみもがく家族の姿でした。 そこへ、純一の服役していた刑務所の

刑務官「南郷」が突然尋ねてきます。 その刑務官の言葉とは、「今、服役中の

冤罪の可能性のある死刑囚を救いたい。 もちろん報酬は...」という内容だった。

 

ってな感じで始まります。 元刑務官と仮釈放中の二人が、素人ながら冤罪の

証拠を調査していきます。 その間、刑務官の苦悩、一度罪を犯してしまった

者の持つ苦悩が切々と語られています。 でも、さすがにミステリー、そこかしこに

たっぷり伏線が張られています。

 

8割方、読み終えたところで、「何となく、こっちの方にミスリードしてるな~」と

思ってると、ページをめくったところに驚きの一文が出てきます! お~、こりゃ

とってもミステリー!って嬉しくなるノリなんだけど、まだ2割も余ってるし...と

思いながらも読み進めると、そこからの疾走感は、特筆モノでした!!!

 

主人公の二人が別々のシチュエーションで、それぞれ驚くような展開を見せます。

もう、早く先を読みたくて、うずうずしながら一気に読了しました。 結末は少々

物悲しい形に収まっちゃったけど、これも仕方ないんかもしれんですね。

 

死刑制度のあり方だけでなく、罪を背負って生きていくこと、罪とは?正義とは?、

そもそも生きるってことの意味は、と色んなテーマが盛り込まれています。

そして、ミステリーとしても珠玉の一冊です。 興味のある方は是非どうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

そうさく料理 『こっく』

これは極秘なんですが、nyankoセンセとossyanに命じられ、海外から「ブツ」を

密輸しました。 その闇取り引きの場所として指定されたのが『こっく』さん。 

そのついでと言っては何ですが、もちろんランチをいただきました。

「ブツ」と言っても、怪しいものでも何でもないんですけどね。(笑)

 

この日のメニューはコレね。 さて、メインは...豚さんにしよっかな?

Menu

 

入店すると、どうやら一番乗りみたい。 何度も通ってるけど、一番乗りは多分

初めてじゃな。 お客さん一杯でバタバタされてるのとは、一味違った雰囲気です。

「嵐の前の静けさ」ってところでしょうか。 3人揃って、カウンターに陣取りました。

 

暫くして出てきたんがコレね。 わ~い、旨そうじゃ!

Zentai

 

「ポークソテー クリーミーミートソース」。 ミートソースはとってもやさしいお味です。

プリンとした豚肉とマッチしてて、ご飯に合いますな。

Pork

 

「鶏モモ肉のロール揚げ」。 鶏モモのロール揚げの香ばしさを、隠し味のゴマ油が

一層引き立ててる逸品です。 こりゃ旨いわ!

Chicken

 

「高野豆腐ミルフィーユ」。 ふんわりやわらか高野豆腐、干し椎茸、大根が層に

なってます。 いつもながら、手が込んでますね~。 これまた、やさしいお味です。

Koyatofu

 

「茄子と南瓜の生春巻き」。 揚げ茄子とレタスの生春巻きに、生ナメコをミキサーに

かけた絶品ソースがかかってます。 このソース、気に入った!

Roll

 

「やわらかガトーショコラ」。 コーヒーと一緒にいただいてホッと一息。

Dessert

 

シェフは、今から来週のクリスマスランチの事で頭が一杯だそうです。 あのシェフが

「仕込みが大変」って言うくらいだから、物凄いランチになる事、間違いなしです!

年末でバタバタしてるけど、何とか時間を作って伺います。 また来ますね~♪

 

ossyanの、「それでは場所を変えて」との一言で伺ったんが『NINIKINE』さん。

山陽新聞本社ビル内のお店には行った事がありますが、岡山本店はお初です。

すごく豪華な店内じゃな。 ビックリした~。

 

あれこれ悩んで「ブレンドコーヒー」をオーダーしました。 ポットにもう一杯分くらいの

コーヒーが入ってるんで、たっぷりコーヒーがいただけます。 おしゃべりするには

もってこいのセレクトじゃな。(笑)

Coffee

 

ふと気が付くと、入店して、かる~く1時間以上経ってる。(滝汗) そろそろ

お開きという事になりました。 名残り惜しいの~。(涙) お二人に元気を

いただいたんで、帰って仕事の続きを頑張ろっと。 また遊んで下さいね~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

P's GARDEN

この日は嫁さんと二人でランチ。 「デザートがおいしいお店に行きたい!」なんて

言ってます。 あれこれ考えて『P's GARDEN』さんに伺いました。 このお店は

今年の春頃、あの「VOICE21」で放送され、一躍大人気になりました。 一時は

予約をしないとランチにありつけない状態だったんだけど、さて今はどうなんじゃろ?

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね! お~、お値段据え置きじゃな。

Menu

 

店内は8割くらいの席が埋まってたんだけど、無事に座れました。 たまたまかも

しれんけど、大分落ちついたんかな? 二人とも「P's ランチ」をオーダーしました。

 

そんなに待つことなく出てきた「前菜盛り合わせ」。 「ジャガイモのキッシュ」、

「カツオのマリネ」、「カモのベーコン風」、「ラタトゥイユ」、「グリーンサラダ」と、

ほぼ定番の顔ぶれじゃな。 目でも楽しめるワンプレートですね!

Zensai

 

そして、「全粒粉」と「プレーン」の自家製パン。 いつもながらこりゃおいしい。

バターももったいぶらず、ドカッと添えられてます。(笑)

Breads

 

「オニオンスープ」。 少し塩気が強かったような気もするけど、これもなかなか。

Soup

 

メインの「チキンソテー 木の子の赤ワインソース」。 うわっ、凄いボリューム!

鶏のモモ肉がたっぷり1枚分は使われてると思われます。 付け合わせの野菜も

てんこ盛り。 このパシャじゃ伝わらないかもしれんけど、高さも結構あるんよ。

鶏の皮目はパリッとしてて、こりゃ旨い。 アツアツだったら最高だったんだけどね。

Chicken

 

ふ~、お腹一杯じゃ。 もう入らん。(汗) 「デザートの盛り合わせ」を前にして、

嫁さんの顔が嬉しそう。(笑) やっぱり、女性に甘いんは別腹のようですね。 

いつも思うんだけど、これで200円は、お得感たっぷりじゃな。 

Dessert

 

僕はコーヒーをいただいたホッと一息。

Coffee

 

満足してレジで清算していると、嫁さんがレジ横で売られてるクッキーやらケーキを

物色してる... えっ、買うの? どれ? えっ、そんなに? お歳暮なん?

えっ、自分ち用? 支払いは? えっ、僕? はっ、はめられたようじゃ。(汗)

お菓子類もおいしい『P's GARDEN』さん。 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

すき家 岡山西大寺店

突然ですが、「豚の角煮」って大好物なんです。 居酒屋のメニューで目にすると、

必ずと言っていいほど注文しちゃいます。 「牛スジの煮込み」や「モツ煮込み」も

同じように目に止まるんだけど、やっぱり「豚の角煮」が一番好きかも?

 

そんな僕の目に、近所の『すき家』さんの垂れ幕が飛び込んできました。

Tatazumai

 

これです。 「豚とろ角煮丼」。 写真とはいえ、とってもテリが旨そうです。

Taremaku

 

昼からガッツリ行く気にはならないけど、晩酌のお供にと買ってみました。

多少、「看板に偽りあり」って気がせんでもない、微妙な感じです。(汗)

Kakuni

 

実際にいただいてみると、甘辛く煮込まれた角煮は、八角も利いてなかなか旨い。

グビグビが進む進む。(笑) 家でいただけば、大好きなカラシも、思う存分たっぷり

つけて食べられるしね。 でも、待てよ。 昼には重くて食べられない物が、晩酌だと

食べられてしまうのは、何か間違ってないじゃろか?(滝汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

畠瀬本店

この日は嫁さんと何だかカレーな気分。 そう言えば、nyankoセンセが以前UP

されてたお店が、この辺りにあるはず...あった、あった『畠瀬本店』さん。

Tatazumai

 

「古民家再生」っていうんでしょうか? 古い、といっても僕が幼少の頃に建ったと

思われる民家に手を加えてカフェにされています。 そこかしこに、おシャレな

アイテムがディスプレイされてて、まさに女性向けといった感じです。

 

この日のメニューはコレね。 ありゃま、今日はドライカレーなのねん。

Menu

 

店内に入ると、そこは女性の園。(滝汗) 恐らく、幼稚園の父母会の帰りと思しき

団体さんや、女性グループでごった返しています。 男性客は、僕一人...(汗)

まあ、気にせんとこっと。(笑) もちろん、ドライカレーをオーダーしました。

 

暫くして出てきた「野菜たっぷりドライカレーセット」。 「玉ねぎとひよこ豆のスープ」、

「グリーンサラダ」、「ポテトサラダ」のダブルサラダ。(笑) まあ、ポテトサラダは

大好物だからいいんだけどね。

Curry

 

ドライカレーのUPをどうぞ。 手作り感たっぷりなんだけど、何だか変わった

風味がします。 スパイスには詳しくないんで、なんとも説明できないんだけどね。

ドライカレーだけじゃなくて、どのお料理も、知り合いのお宅でいただいてるような

やさしいお味です。 お店の雰囲気で余計に、そう感じるのかもしれません。

Curry_up

 

アットホームな空間で、癒し効果は満点です。 女性に人気があるのも頷けます。

ちょっとしたタイムスリップも味わえます。 美味しかったです。 また来ますね! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

手打うどん 名玄

岡山駅前で仕事があったこの日、あんまり時間が無かったんで、ちゃちゃっと

お昼を済まそう!と伺った『手打うどん 名玄』さん。 今更、説明なんて不要な

老舗のセルフうどん屋さんですね。 3年ぶりくらいじゃろか?

Tatazumai_2

 

「かけ小」に「えびのかきあげ」をトッピング。 お出汁は「辛口」と「甘口」があるんで

よく分からんけどハーフ&ハーフ。(笑) 他のお客さんが怪訝そうに見てる。(汗)

Udon

 

麺のUPをどうぞ。 ちょいと太めで適度にコシのある麺です。 あれっ、名玄さんの

うどんってこんなにおいしかったっけ?(失礼) 久々にいだたいて、僕の中での

ランキングが急上昇しました。 こりゃ、伺う頻度が増えそうじゃな。

Udon_up

 

広~い店内には、お客さんが一杯。 この味ならば大盛況も頷けます。 さ~て、

腹ごしらえも済んだし、駅前に向けて出発じゃ。 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

『逃げろ光彦』 内田康夫

今日は、内田康夫氏の『逃げろ光彦』をご紹介。 100作品を超える浅見シリーズ

ですが、3分の2は読破しています。 浅見シリーズを片っ端に読んでた時期が

あったんですが、今回、久しぶりに内田作品を手にしてみました。

Nigero

 

内田氏にしては珍しい、5編からなる短編集です。 どの話しにも印象的な女性が

登場します。 さすが、ミステリーの大御所の作品と言える出来栄えですわ。

肩の力が抜けてるっていうか、文章の組み立てにも余裕が感じられます。

 

題名に反して、浅見光彦が登場するのは、最後のお話しだけだったんが、

少し拍子抜けじゃったな。 何を隠そう、浅見光彦のファンなんですよ。

あんな風に爽やかで、その上、年を取らんかったら、どんなにいいやら。(笑)

興味のある方は是非どうぞ! それにしても、女性って怖い生き物なのね。(汗) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

栄楽

この日は昼から水島でお仕事。 腹ごしらえに立ち寄ったんが『栄楽』さん。

このお店から徒歩数分の近くに住んでるいとこと、子供の頃に伺ったような記憶が

ありますが、何せ古い話しだもんで定かじゃありません。 自慢じゃないけど、昨日の

記憶も怪しい今日この頃です。(笑)

Tatazumai

 

まずは、お手並み拝見と「ざるうどん」をオーダーしました。 『なか浦』さん系

なんかな? よく見る面持ちの「ざるうどん」です。 麺を手繰ると...

あれっ、ちょっ、なっ、なが~。(驚) 麺を1本、出汁猪口に入れただけで、

出汁があふれそうです。(笑) 口に入れると...口の中がパンパン状態。

それに、この麺、岡山最強クラスのコシです。 食べ応えが強烈なうどんじゃ!

Zaru

 

最初は、ざる1枚だけにする予定だったんだけど、ついつい追加しちゃった

「天ぷらうどん」。(汗) 薄めの天ぷらは、お出汁をすって、ふわんふわん。

お出汁も倉敷によくある、透き通ったタイプです。 これも旨いわ。

Tenpura

 

結局、2杯やらかして、お腹は破裂寸前。(汗) 大人になって来てなかったん

だけど、ちょっと損した気分。 おいしかったです。 また来ますね! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

中華料理 万寿苑

この日はお友達3人と急遽ランチをご一緒することになりました。 「さて何処に

行こう?」と、協議の結果伺った『中華料理 万寿苑』さん。 ご近所だけど、

お初です。 どこが入り口だか、開いてるんだか閉まってるんだか分からない

外観に今まで敬遠してました。 あっ、nyankoセンセwinさん、前を横切ると

写っちゃいますよ~。(笑) ossyanは無事通り過ぎた後じゃな、よかったよかった。

Tatazumai_3   

 

静かな外観に反して、お店の中はほとんどの席が埋まってました。 不思議な

感覚じゃ。 ランチは2種類あるようで、「鶏の唐揚げ定食」をオーダーしました。

 

暫くして出てきたんがコレね。 って、なんじゃ! このボリュームは...(滝汗)

割り箸の長さから、それぞれの大きさをご想像下さい。

Zentai

 

「鶏の唐揚げ」のUPをどうぞ。 大げさじゃなく、ゲンコツくらいの大きさです。

でも、カラッと揚がってて、とってもジューシー。 こりゃ旨いわ!

Karaage

 

winさんがいただいた「エビ天と肉団子」。 肉団子も巨大じゃな。(笑)

Ebiten

 

余りのボリュームに、唐揚げを半分、ご飯と野菜炒めを少し残しちゃいました。

すかさず、nyankoセンセから「さすがじゃ! 唐揚げの皮を残しとる!」という

ご指摘が... いえいえ、そうではありません。 たまたま残ったんが皮だった

だけなんですよ。 この期に及んで、カロリーを控えるなんてしませんって。(笑)

 

『万寿園』さんを後にして伺ったんが、『cafe AROMA』さん。 ossyanお気に入りの

お店だそうです。 こちらも近所すぎて、伺ったことがありませんでした。

 

「漆黒」という名の、一番深入りのタイプをいただきました。 どっしりとした

飲み応えのコーヒーです。 nyankoセンセのカップと並んでパシャ。(はあと)

Coffee

 

2時間くらいご一緒したはずなのに、瞬く間にお別れの時間が来ちゃいました。

また、一緒に遊んでくださいね♪ 気を使っていただいた分、一生懸命働こっと!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

セルフうどん かめや

京橋朝市でしこたまやらかした後、家に戻ると家族から冷たい視線が...(汗)

ということで、必然的に、この日のお昼は「麺類」で決定! それではと伺った

『セルフうどん かめや』さん。 このお店なら家族も納得してくれるじゃろ。

記事としてUPしている回数は少ないんだけど、月に2、3度は伺ってます。

 

僕がいただいた「たらいうどん 小」。 えっ、みんな「たらい」なん。(笑)

Yudame

 

分け分け用の「バラ寿司」。 売り切れてなくて、よかったよかった。

Barazushi

 

「たらいうどん」は、いわゆる「ゆだめ」です。 初めて「ゆだめ」を食べたんは、

多分『なか浦』さんじゃったはず。 小学生の頃だったんだけど、「素うどん」か

「ざる」しか知らんかった幼少期の僕には、衝撃的な「うどん」の食べ方でした。

『かめや』さんの「シイタケの炊いたん」、これも絶品なんよ~。

Yudame_up

 

よく見ると「バラ寿司」にも「シイタケ」乗ってるんじゃな。 これも旨~い!

Barazushi_up

 

これで、朝、昼と麺づくしです。(笑) こうなったら、夜はパスタか? って、それじゃ

明らかに炭水化物取りすぎですね。(汗) おいしかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

京橋朝市

先日の日曜日、ごそごそと寝床から這い出し、いつものようにパソコンの前へ。

そこで目に飛び込んできたのが、この記事です。 う~ん、朝からうどんが食べたい。

『平木製麺所』に行って、うどんを食べようかな?と思ってると、今日は京橋朝市で、

黒爺さま率いる「岡山ラーメン学会」が屋台を出店されてるんを思い出しました。

この冬一番と思われる冷え込みの中、食い意地という上着を羽織って出かけました。

Landscape

 

目指すはコレ! 今日は「鶏ガラ煮干し醤油ラーメン」だそうです。

Yatai

 

陣頭指揮を執っておられた黒爺さまにご挨拶。 すると、ついさっき、winさん

来てたそうです。(驚) winさんは、夜遊びならぬ、朝遊びにはまってるようです。

ちなみに、このモヤシの入ったザルを持っておられる方が黒爺さまです。 

Temoto

 

暫く待って出てきた「鶏ガラ煮干し醤油ラーメン」。 黒爺さまお勧めの胡椒を

少し振ってます。 表面には結構アブラの層ができてます。 冷え防止の効果も

狙ってるのかもしれませんね。 

Ramen

 

麺のUPをどうぞ。 中太の玉子麺じゃろか? スープは煮干が利いてて、

玉野にある『げんこつ屋』さんを思い出しました。 さすが「岡山ラーメン学会」が

作っただけの事はある一杯です。 素人さんとは思えん出来栄えですわ。

Ramen_up

 

アブラの層があるけど、あっさりいただけるラーメンでした。 朝にピッタリじゃな。

ふ~、お腹の中から温まったわ。 ごちそうさまでした! じゃあ、帰ろっかな...

 

この後、こんなんを食べたんは、忘れたい過去です。(滝汗)

Udon

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年12月 7日 (日)

INDUSTRY

ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンが三蔵♪と口ずさみながらの小旅行の

締めくくりは『INDUSTRY(インダストリー)』さん。 総社にあるパン屋さんです。

こちらを見てから、一度は来てみたかったお店です。 やっと念願が叶いました。

Tatazumai

 

お目当ては、今夜の食事パン。 店内を見回すと、時間帯のせいか、余り品数は

ありませんでした。 残念! 心残りだけど、楽しみは、またの機会に取っとこっと。

 

さて、買って帰ったんはコレね。 上段は「バゲット」、「バゲット(シリアル)」、

「バゲット(そば粉)」の3種類。(どれがどれだか分かりません。笑)

中段は、「ベーグル(プレーン)」、下段は「バゲット(チーズ)」ね。

Breads

 

「バゲット(チーズ)」のUPをどうぞ。 柔らかくて、ちょっと溶けた感じのあるチーズは

このパンにとっても合ってます。 こりゃ、焼酎が進むの~。

Cheese

 

心の洗濯ができた一日でした。 ストレスも豪渓に置いてこれたしね。

リフレッシュした気持ちで、明日からも張り切って仕事に励みましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

名勝 豪渓

『手打うどん よこた』さんを後にして向かったのは、豪渓です。 若い頃、この辺りを

走り回ったのを思い出します。 今から考えると、ただの暴○行為ですわ。(汗)

そんな事は置いといて、紅葉もそろそろお終いなんで、滑り込みといった感じです。

 

豪渓の駐車場に近づくと、どうやら通行止めになってるようです。 そう言えば、

何年か前に落石があったってニュースでしてたけど、まだ開通してないんじゃな。

ということは、昔刺さったコーナーは見れんのじゃ。 まあ、行けるところまで行ってみましょう。

 

お~、綺麗じゃの~。

Landscape1

 

裏からUPで。

Landscape2

 

せせらぎもいい雰囲気。

Landscape3

 

あっ、水鳥発見! 鴨なんじゃろか?

Landscape4

 

黄色いんも綺麗じゃの~。

Landscape5

 

この木が一番大きかった。

Landscape6

 

見返橋のところでSTOP。 ちなみに駐車場から800mくらいです。

Landscape7

 

来年は家族を連れてくるからね~。

Landscape8

 

ふ~、ストレスもどっかに飛んじゃった。 じゃあ、あのお店に寄って帰ろっかな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

手打うどん よこた

思いがけず半日弱、一人の時間ができたこの日、ふと思い立って一路、西へ。

途中で腹ごしらえに伺った『手打うどん よこた』さん。 約10年ぶりの再訪です。

Tatazumai

 

13時をゆうに回っているにもかかわらず、店内は市場のようなすごい熱気です。

さ~て何にしようかな?と迷って、オーソドックスに「天ぷらうどん」をオーダー。

周りを見回すと、有名な「釜飯」をいただいてる人も多いけど、あんまりお腹が

空いてないんで、今日はやめとこっと。

 

暫くして出てきた「天ぷらうどん」。 透き通ったお出汁が旨そうじゃ。

Udon

 

麺のUPをどうぞ。 しっかりコシのある麺は食べ応えも十分。 さっぱり目だけど

塩分が適度に利いたお出汁との相性もバッチリ! こりゃ、旨いわ。

Udon_up

 

ふ~、一杯で十分満足じゃ。 総社にある有名うどん屋さん、お近くをお通りの

際は、是非どうぞ。 美味しかったです。 また来ますね♪ よ~し、Go West!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

讃岐うどん 桃山亭 中仙道店

長女と嫁さんと3人で買い物に出かける前の腹ごしらえに伺った『桃山亭』さん。

以前、『めん作』さんだったお店ですね。 改装してるうちから、何ができるんじゃろ?

と気になってたんだけど、同じくセルフうどん屋さんが新装オープンしました。 

お店の名前が変わっただけなんじゃろか? 

Tatazumai

 

店内を見回すと、『丸亀製麺』さんを思わせる大鍋で、うどんをぐらぐら茹でてます。

以前は自分で麺を温めるスタイルだったように思うんだけど、お店の方が温めて

くれるスタイルに変わってるようです。 記憶力に自信はないんだけどね。(汗)

 

店頭の大きなのぼりに「名物肉ぶっかけ」ってあったんで、それをオーダーしました。

これが「肉ぶっかけ(中)」です。 こっ、こりゃ凄い肉の量じゃ。(こんなにいらん。汗)

「かけ小」をオーダーした嫁さんと長女のうどんを「肉うどん」にしてあげました。(笑)

Nikubukkake

 

麺のUPをどうぞ。 以前は少し細かったように思うんだけど、中太麺ですね。

食感はちょっともっさりした感じが『丸亀製麺』さんに似ているように思います。

肝心のお肉は、かなり甘めの味付けです。 ぶっかけ出汁も甘いんか、肉の

甘さが移ったんか、全体的に甘く単調なお味で、途中で飽きちゃいました。

あっ、決してまずかった訳ではないですよ。 僕には多すぎただけです。(笑)

Up

 

うどんも食べたい、お肉もガッツリ食べたい!って方にはお勧めだと思います。

ところで、『めん作』さんがスタイルを変えただけなんか、別のお店なんかが

とっても気になります。 誰か、おせ~て。(笑) 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

らーめん 味良

昼から水島の現場に入ったこの日、「さ~て、どこでお昼をいただこうかなぁ...」と

さんざん迷った挙句に立ち寄った『らーめん 味良(あじよし)』さん。 以前、お隣りに

あった強豪『よってこや』さんを蹴散らし、近所の『百万両』さんや、『喜楽園』さんなど

老舗店の存在にも負けないお店で、気にはなってたんだけど伺うんは初めてです。

Tatazumai

 

お初のお店では基本的にスタンダードなラーメンをいただく事にしてるんだけど、

この日は何故だか「唐揚げ」が食べたくて、Bセットにしてしまいました。(汗)

そんなにガッツリいくつもりじゃなかったはずなのにねぇ。

 

暫くして出てきた「Bセット」。 ゲッ、こっ、こんなにたくさんあるん...(滝汗)

Zentai

 

まずは、「醤油らーめん」。 しっかり煮出した豚骨と鶏ガラ、野菜のスープですな。

Ramen

 

麺は中太の、ちょい縮れ。 うん、なかなかうまい。

Ramen_up

 

「ミニ(?)天津飯」。 シンプルな天津飯です。 そう言えば、久々に食べたなぁ。

Tenshinhan

 

「唐揚げ」。 甘酢にくぐらせてるみたいです。 こりゃ、なかなかじゃ。

Karaage

 

お腹の具合もあったんか、完食できませんでした。(滝汗) このボリュームが

人気の秘訣かもしれませんね。 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

GAVI di GAVI

高屋の方に所用で出かけたこの日、住宅地の中に新しくできたイタリアンのお店

『GAVI di GAVI(ガヴィ・ディ・ガヴィ)』さんに伺いました。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 5種類から選べるみたいです。

Menu

 

僕は「ベーコン・ポテト・ドライトマトのオイルソースパスタ」を、嫁さんは

「栗とチキンのクリームドリア」をオーダーしました。

 

暫くして出てきた「シーザーサラダ」。 横のコップと比べて、結構大きなお皿って

分かるかな? それも深鉢だから、たっぷりあるんよ。 こりゃ嬉しいな。

Salad

 

自家製のパン。 アツアツなのが冷めないように、布に包んで出てきました。

Bread

 

嫁さんのドリアランチについてた「コンソメスープ」。 これもアツアツだったそうです。

Soup

 

嫁さんの「栗とチキンのクリームドリア」。 これが、アッツアツなんは当たり前じゃな。

ちょっといただいたんだけど、なかなか美味しかったです。

Doria

 

僕がいただいた「ベーコン・ポテト・ドライトマトのオイルソースパスタ」。 何だか

思ってたんと違ってスープスパゲッティみたいな面持ちじゃな。 熱っ、ヤケドした。

Pasta

 

苦味の利いたコーヒーをいただいてホッと一息。

Coffee

 

嫁さんはデザートを追加オーダー。 「ホニャララ(忘れた。汗)のシャーベット」と

「シュトーレン」。 そう言えば、もうすぐクリスマスですね。 何となく焦るな。(笑)

Dessert

 

熱いべきものがアッツアツで出てくるこのお店。 それだけでも好印象です。

基本的な事だと思うんだけど、結構できてないお店が多いんですよね。

ちなみに出掛けに店名の由来を聞いてみると、ワインの銘柄から取ったそうです。

ワイン...全然知らないんよな。(汗) 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »