« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

そうさく料理 『こっく』

つい先日、お正月だったはずなのに、気が付けば1月も残り2日しかないがな。(汗)

そう言えば、今年になって『こっく』さんに行けてない! って事で、急遽伺いました。

 

この日のメニューはコレね。 お~、ラッキー!、今日はこっくバーグじゃ。

Menu_2

 

入店すると、そこにはいつもと変わらぬシェフ、お父さん、お母さんの姿がありました。 

シェフに、「明けましておめでとうございます!」と、声をかけさせてもらったんですが、

心なしか顔が引きつってたようでした。 さすがに、年始の挨拶には遅いわな。(笑)

 

暫くして出てきたんがコレね。 お~、旨そ~!!!

Zentai

 

メインの「ハンバーグ 和風ネギソース」。 和風ネギソースって名前だったけど、

ステーキソースのような味わいのソースでした。 こりゃ、このハンバーグに一番合う

ソースかもしれん。 ホワンとして旨みたっぷりのハンバーグ、こりゃ旨いわ♪ 

Hamburg

 

「豚肉と白菜の茶巾豆腐」。 ふわふわ豆腐の茶巾が、豚肉と白菜を包んでます。

やさしい和風出汁が全体をまとめてて、みつ葉がキュキュッと引き締めてます。

Tofu

 

「海老とゴボウとチーズの春巻き」。 シェフお得意の炊いたゴボウと、海老、大葉で

春巻きに仕上げてます。 チーズは...多分ソースに使ってるんじゃないかな。

色は薄めだけど、皮の食感はパリパリッとしたモノです。 わ~い、うまうまじゃ。

Harumaki

 

「彩野菜とカリフラワーのポタージュゼリー」。 パシャでは分からんけど、彩野菜の

下の、カリフラワーとポタージュゼリー、そしてサツマイモ(だと思う)の食感が

たまらなく面白い逸品です。 野菜を食べてて「面白い」って、このお店くらいじゃな。

Jerry

 

ふ~、いつもに増して絶品ランチじゃった。 美味しい物を食べるって幸せじゃな♪

 

「小豆クリームとそば粉のロールケーキ」。 コーヒーといただいてホッと一息。

Dessert

 

「今年も」と言わず、これからもずっとお世話になります。 あらためてヨロシクです。

『こっく』さんの健在ぶりを確認できました。 美味しかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

和食にしざき

嫁さんのお迎えに街中に出かけた帰りしな、久々にSimpleさんにでも行ってみよ!

と、伺ったんだけど、タッチの差で、10人くらいの団体さんが入っちゃった。(滝汗) 

元々、ほぼ満席状態だったんで、これだとメチャンコ待たされること必至です。

 

ということで、目先を変えて伺った『和食にしざき』さん。 忙しい時、持つべきものは、

頼れる近所のおいしいお店ですね。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 う~ん、僕がダイエット中だって知ってるんだろうか?

食べ飽きてる「ムネ肉」じゃ。(汗) でも、お手並み拝見と行きましょう。

Menu

 

僕は「日替定食」を、嫁さんは「天ぷら定食」をオーダーしました。 

実はダイエット中、酒の肴に「鶏のムネ肉」をよく使います。 料理って言うほどの

物じゃないんだけどね。 でも、ムネ肉ってちょっと火を通しすぎただけで、すぐに

パッサパサになっちゃいますよね。 誰か飽きなくて美味しい料理法を知らない?

 

暫くして出てきた嫁さんの「天ぷら定食」。 天ぷらがうず高く積まれています。(笑)

これまた重ねられたお刺身は、僕とワケワケ~。 定番だけど、やっぱり美味しい!

Zentai2  

 

僕がオーダーした「日替定食」。 「若どり むね肉フライ」にはあらかじめ縞模様に

ソースがかかっています。 黄色に黒の虎縞模様、まるでタイガースカラーじゃな。

Zentai1

 

肝心のムネ肉は...「どうやったら、こんなに柔らかく調理できるん?」ってくらい

柔らかい!(驚) 繊維を切る方向でムネ肉をカットしてるのは分かるけど、多分

それだけでは、こんなに柔らかくはならないはず。 極意をおせ~て。

Chicken

 

ご近所すぎて通り過ぎちゃいがちなお店なんだけど、あらためて伺うと、丁寧な

仕事に感服です。 美味しかったです。 また来ますね~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

プリモピアット

先日のお昼前、「今日のお昼もシリアルかぁ...」と、ため息をつきながら仕事を

していると、急に嫁さんが遊びに来ました。 この時間に来るって事は、もちろん

お昼ご飯を たかりに 一緒に食べに来たに間違いありません。(笑)

仕事が忙しいもんだから、極力近場で!って事で伺った『プリモピアット』さん。

実は、余りに近すぎて、お初なんです。 お店の前は何度も通過してるんだけどね。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 「パスタって気分じゃないんでポポロランチにしとこっ!」

(実は、これが、この後に起こる惨事の引き金になるのを全然知らないびっとさん。)

Menu

 

入店すると、ご近所さんと思われる奥さん方がたくさんいらっしゃいました。

男性は僕一人。(汗) でも、こんなシチュエーションは、もう慣れっこになりました。

僕はお肉、嫁さんは魚で、「ポポロランチ」をオーダーしました。

 

暫くして出てきた前菜です。 白身魚(多分、鯛)のカルパッチョ、鴨のロースト、

山芋のアンチョビ乗せ、ソーセージのパイ、キッシュなどなど。 どれもビックリする

ようなお料理ではありませんが、安心していただけるやさしいお味でした。

Zensai

 

前菜と一緒に出てきたお食事パン。 まあ、普通かな。

Breads

 

僕のメイン「チキンパイ ピザ風味」。 チキンをパイ生地で巻いた物を、多分

オーブンで焼いてるんだと思われます。 それに、ピザソースっぽい味付けの

ソースがかかってます。 野菜のグラッセもたっぷりで、こりゃなかなか。

Chicken

 

嫁さんのメイン「海の幸のベニエ トマトソース」。 ベニエって何だったっけ?って

嫁さんに尋ねられて、「確か、焼いたんじゃなかったっけ?」って答えたんだけど、

揚げ物じゃった。(滝汗) 知ったかぶりをするもんじゃないですね。(笑)

バジルソースがなかなかおいしかったそうです。 斬新な天ぷらって感じかな?

Fish

 

食後のコーヒー。 ドリンクバーになってるんで、いくらでも飲み放題です。(笑)

まあ、一杯で十分なんだけどね。 コーヒーをいただきながら、「もう満腹じゃ~。

後はデザートじゃな。」って、嫁さんと会話していると...

Coffee

 

こんなんが出てきてしまいました。(滝汗) デザート、てんこ盛り状態じゃがな...

「チョコムース」、「ブルーベリータルト」、「マロンムース」、「アイスクリーム」などなど。

カットフルーツの大きさで、このデザートのボリューム感が伝わるでしょうか?

Dessert

 

こちらをご覧の方はご存知かもしれませんが、僕は甘いのが本当に苦手です。

嫁さんに、「いくらでもあげるから、食べて! ねっ、お願い!」っていうと、どうやら

嫁さんも満腹で、自分の分だけで精一杯みたい。(滝汗) うっ、嘘だって言って。 

結局、時間がなかったはずなのに、コーヒーをお替りして、時間をたっぷりかけて、

どうにかこうにか完食しました。(泣) もう暫く甘いものはみたくありません。(笑)

 

このデザートと、飲み放題のドリンクがあったら、奥様方は、いくらでもおしゃべり

できるんじゃろうな。 そんな方にはお勧めのお店です。 僕は...次は普通に

「ミラノランチ」にしときます。(笑) おいしかったです。 また来ますね~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

Pasta Fresca RUSTICO

長男の日曜参観だった昨日、帰って来てすぐにソフトボールの練習に出かける

長男と、塾に出かける長女を送り出しました。 今日日の子供ってどうしてこんなに

忙しいんじゃろ? って、忙しくさせてるんは、親である僕たちなんじゃろか?(汗)

 

送り出した後、伺ったんが『Pasta Fresca RUSTICO』さん。 本当は子供たちも

連れて行きたいんだけどね。 子供たちがお昼に何を食べたのかは内緒です。(笑)

それはさておき、こちらの記事を見て、ダイエット中にも関わらず伺ってしまいました。 

ダイエット...なし崩し的に中断してしまいそうで怖いです。(滝汗)

ちょっとUP気味だけど、その記事と同じ角度から看板をパシャ。(笑)

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 嫁さんは迷ってるみたいだけど、僕はもう決まってる

もんね~! 単品でカルボナーラですよ、カルボナーラ。 今日は、これで決まりっ!

Menu

 

予定通り、僕は「カルボナーラ(フォカッチャ付き)+コーヒー」を、嫁さんは「Aランチ

(パスタ)」をオーダーしました。 単品のカルボナーラには、フォカッチャが付いてた

みたいです。 別に頼まんと!って思ってたんで、何だか得した気分です。

 

暫くして出てきた絶品のフォカッチャ。 ...画像処理かけすぎた。(汗)

外はサクサク、中はモッチリ、絶品フォカッチャです。 これだけで確実に飲めるっ♪

ありゃりゃ、嫁さんの「ミニサラダ」、パシャし忘れとるがな。(汗)

Focaccia

 

嫁さんの「玉ねぎとパンチェッタのトマトソース」。 パルミジャーノレッジャーノだけじゃ

なくて、太麺パスタを持ち上げると、糸を引くほどチーズが絡んでます。 それほど

トマトトマトしてないのも好感が持てますね。 そして、自家製と思われる、ウマウマの

パンチェッタ。 こちらも、悶絶モンの旨さです!

Tomato

 

そして、僕がいただいた「カルボナーラ」。 前回いただいたカルボナーラより、少し

チーズの絡みが少ないような気もしたけど、やっぱり、こりゃ旨いわ♪

Carbonara

 

デザートのパンナコッタ。 えっ、何? 嫁さん、お茶碗一杯、食べたいって。(爆)

Pannacotta

 

400円でプラスしたコーヒー。 こちらのコーヒー、カフェ顔負けくらい旨いんよ。

Coffee

 

いやいや、旨かった。 大満足です。 狭い駐車場が1台分だけと、ちょっと躊躇

しちゃいそうなお店ですが、他では味わえないイタリアンをいただけるお店です。

是非、乗り合わせて行ってみて下さい。 おいしかったです。 また来ますね~♪

 

【おまけ】

「フォカッチャ、お持ち帰りできるでしょうか?」と、ピノコちゃんに尋ねると、快くOK!

お言葉に甘えて、1ホール買って帰りました。 大人買いじゃ!(笑)

Whole

 

思った通り、これだけでカパカパ飲めちゃいます。 もちろん、ワインじゃなくて

芋焼酎ですが。(笑) 1ホール買いが癖になっちゃいそうで怖いです。(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

みよしラーメン

つい先日、黒爺さまのブログでこんな記事を見て、ひっくり返りそうになりました。

あの「みよしラーメン」が閉店するなんて... それも今月末までって、あんまり

日にちも残ってないがな。 ラーメンは一生分食べたと豪語する嫁さんを引き連れ、

お昼に伺いました。 あれっ? 別れを惜しむお客さんで満席かと思ったんだけど、

そうでもないみたい。 何かの間違いだったらいいんだけど...

Tatazumai

 

って、やっぱり、間違いじゃないみたいですねぇ... 

Note

 

嫁さんは「みよしラーメン」を、僕は「みよしラーメン やきめしセット」を注文しました。

ここに来て、ダイエット中なんて関係ありませんよね。(笑)

 

暫くして出てきたんがコレね。 今までで一番油膜が厚いようです。

Ramen

 

麺のUPをどうぞ。 ちょい細のストレート麺も茹で加減は文句なし! あご出汁の

香ばしさも今まで食べた中で最高です。 う~ん、もう食べられんのんか...

Men_up

 

こちら「やきめし」。 スプーンから米粒がこぼれる位、パラッパラに仕上がってます。

重たくなくて、香りのいいラーメンにとってもよく合うサイドメニューになってます。

Yakimeshi

 

今だから正直に言っちゃうけど、オープンした直後は、無化調というだけで、あまり

おいしいとは思えないラーメンを作られてました。 それより何より、ご主人の手際の

悪さが目に付いて、印象としてはあまりよくありませんでした。 

 

それから暫くは足が遠のいていたんですが、3年ほど前に何となく伺うと、イメージは

一転! 上品な仕上がりのラーメンに変貌を遂げてました。 そこには紆余曲折が

あったんだろうな~と、ご主人の努力に頭が下がる思いをしたのを覚えています。 

それからは足繁くとは言わないまでも、年に数回のペースで伺っていたお店です。 

もう、お別れなんですね...

 

って、センチメンタルな気分でラーメンをいただいてると、ご主人は鼻歌交じりで

ラーメンを作っていました。(笑) 閉店の理由は、それほど深刻ではないんでしょう。

お礼を言ってお店を出ると、店内から、やきめしを作ってると思われる中華鍋を振る

小気味いい「カンカンカンカン」という音が聞こえてきました。 

僕にとっては別れの銅鑼の音です。 ホント、今までありがとうございました!

 

そう言えば、新作の「味噌ラーメン」、未食なんよ。 もう一回、来よっかな?(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

チャイナダイニング 琥珀

我が家の青いネコの12ヶ月点検に、嫁さんと二人で倉敷に出かけました。

もうあれから1年かぁ... 地球の公転周期、誰か早くしてない?(汗)

 

僕はお昼ご飯は食べなくてよかったんだけど、嫁さんを付き合わせる訳には

いきません。 ということで伺ったんが『チャイナダイニング 琥珀』さん。

何やら、こちらのシェフは、あの中華の鉄人 陳シェフのお弟子さんだそうです。

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 うわっ、ボケボケじゃ。(汗)

Menu

 

嫁さんは黒を基調としたシックな店内に、僕はカウンターに並ぶ芋焼酎に

目を奪われました。(笑) 僕は「琥珀ランチ」を、嫁さんは「龍ランチ+前菜&

点心セット」を注文しました。

 

暫くして出てきた前菜です。 甘エビ、鴨のロースト、サーモン、生春巻きなどなど。

どれも丁寧で上品な味わいでした。 こりゃ、この後の展開に期待大です。

Zensai

 

前菜を食べ終わって、ちょっと時間をおいて出てきた「琥珀ランチ」。 メインは

「五目おこげ」です。 実は「おこげ」をいただくのは生まれて初めてなんです。

Zentai1

 

こちら、嫁さんの「龍ランチ」。 メインは「豚肉の味噌炒め レタス包み」。

この豚肉の味噌炒め、豆味噌と思われる甘めの味噌で味付けされてました。

もちろんワケワケしてもらうと、これが想像通り、ご飯にとっても合うんよ。 

Zentai2

 

「ジュジュ~ッ」って音と共に出てくるんでは?って思ってたんだけど、そうでは

ありませんでした。 あっさり目で上品な中華餡がなかなかおいしい。

Okoge

 

おっ、陳シェフ プロデュースの冷凍焼売と、見た目も大きさもそっくりじゃ!

でも、豚肉の旨みも味付けも、やっぱりこっちの方が数段上でした。 

Syumai

 

この手羽先、身離れがとってもよくってホロホロじゃ。 これも旨いの~!

Tebasaki

 

ボリューム的にも上品なお味も、どちらかと言えば女性向けかな? 店内も

お洒落ですしね。 ガッツリって感じじゃないけど、胃が小さくなってる今の僕には

十分でした。 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

小正醸造 秘蔵梅酒

今日は、先日何とな~く買ってみた『小正醸造』さんの「秘蔵梅酒」のご紹介。 

「なんでカテゴリーが芋焼酎なん?」とお思いの方がいらっしゃると思いますが、

この梅酒の仕込みには本格焼酎を使ってます。 調べたら、米や麦らしいんだけどね。(ボソッ)

それより何より、普段愛飲してる「小鶴」シリーズの酒蔵さんが作った梅酒ってのに

そそられて、「食前酒に!」と購入しました。 食前も食後も飲むんだけどね。(笑)

Omote

 

「とろ~っとしたコクのある味わい」だそうです。

Box

 

番外編の梅酒ですが、ここでいつもの、「びっとさ~ん チェ~ック!」。

 【原材料】   梅実、本格焼酎、糖類

 【香り】       梅酒独特の甘~い香りなんだけど、嫌味は全然なし。

 【口あたり】  本当に「とろ~っ」としています。 アルコールはほとんど感じません。

 【飲み易さ】   こりゃ旨いわ♪ まったりしてて芳醇。 カパカパ行けます。

 【総合評価】 梅酒ってこんなにおいしかったんかと、目からウロコです。

 

梅酒って、やっぱり甘いし、あんまりいい印象じゃなかったんだけど、この

「秘蔵梅酒」はレベルが違います。 抜群に旨いカクテルを飲んでるみたいです。

飲み易いけどアルコール度数は17度ですんで、気を付けて飲まんとヤバイです。

...って、嫁さん、旨いからって飲みすぎじゃ! そんなに飲んだら倒れるって。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

筑波出張

先週末、お客さんからの依頼で、筑波に打合せに行きました。 それも日帰り。(汗)

日帰り最長不倒かと思いきや、20代の頃、宇都宮日帰りという過酷な仕事があり

そちらの方が若干遠かったみたいです。 今は飛行機だから、随分楽だけどね。

 

打合せが終わり、羽田空港に引き返したのが17時頃。 出発まで2時間もある!

そこで、以前から「チャンスがあれば!」と思ってた、羽田マーケットプレイス内の

『赤坂離宮』さんに伺いました。 あの譚さんのお店です。 実は、お腹は空いて

なかったんだけどね。(笑) そう言えば、ダイエット中じゃなかったっけ?(滝汗)

Tatazumai

 

高級感たっぷりの店内に少々気圧される中、こんな烏龍茶が振舞われました。

慇懃なふるまいのウェイターさんに「坦々麺を1つ!」とオーダーしました。

Tea

 

暫くして出てきたんがコレね。 八角と、揚げた白ネギの香りが、とってもいい感じ。

Tantanmen

 

麺のUPをどうぞ。 チョイ細の縮れで、少~し透明感がある麺でした。 辛さは

控えめで、全体的にお上品な仕上がりです。 全てが及第点だけど、「これは!?」

って驚きはありませんでした。 そうそう、1杯1400円ってのは驚きでした。(笑)

Men_up

 

恒例のお土産は『鎌倉五郎』さんの「花の子ぶた」。 数年ぶりに買いました。

Kobuta

 

こんなかわいらしいブタちゃんの顔をかたどったお饅頭です。 数年前と同様、

長女や嫁さんからは、「かっわいぃ~」って反応が返ってきました。(嬉)

中身は抹茶あんと桜あんで、食べてもおいしいかったそうですよ。

一番下のブタちゃん、こっち見てる。(汗)

Kobuta_up

 

僕はいつものようにコレね。(汗) パシャの使いまわしじゃないですよん。(笑)

Kiyouken

 

心と体の疲れを癒してくれる家族の喧騒と、至福の一杯。 最高のひとときですね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

『46番目の密室』 有栖川有栖

今日は有栖川有栖氏の『46番目の密室』をご紹介。 

ミステリー好きの僕でさえ仰け反るほどの、本格ミステリーど真ん中の一冊です。(笑)

46

 

密室の巨匠作家の家に、友人、知人が毎年恒例のクリスマスパーティーに集まり、

そこで殺人事件が起こります。 それも同時に2つの殺人事件が... それも

共に密室殺人。 そこに偶然居合わせた犯罪社会学者 火村が事件に挑みます。

 

密室モノって結局抜け道があって、「あ~そうなん」って結末になるんだけど、

この小説はそこに至るまでのプロットがとっても丁寧で、一ひねりされてます。

有栖川氏の小説は全般的に理路整然としている印象で、無理なく構成されて

いますね。 先日読了した『マジックミラー』もそうじゃったな。 「本格ミステリー

ってどんな本?」って方に、「これがそうだよ!」って勧められる一冊です。

 

最近、本格ミステリーばっかり読んでるんで、次は違ったジャンルを読んでみよっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

西酒造 天使の誘惑

今日は、あの『西酒造』さんのプレミア焼酎、「天使の誘惑」のご紹介。 年始に

ある方からいただきました。 ホント、ありがたい事です。 自分の好きな物は

隠さずに、アピールしておくのが大切だって証拠かもね。(大人げない...汗)

Omote

 

実は5年ほど前に、ある酒屋で見つけて買った事があります。 ですんで、

味は大体覚えてるんだよね。 「アルコール分/40度」って。(汗)

Ura

 

こんな感じの淡い琥珀色をしてます。 何やら、原酒をタンク、樫樽、シェリー樽で

7年間も熟成させてるそうです。 こりゃ、どこから見ても芋焼酎には見えんわな。

Glass_2

 

さ~て、ここで恒例の、「びっとさ~ん チェ~ック!」

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(白麹)

 【香り】       まさに洋酒です。 甘くて淡いブランデーのような香りです。 

 【芋らしさ】    芋らしさはほとんど感じられません。

 【口あたり】  ロックだとちょっとキツイ。 水で割ると、まろやかな口当たり。

 【飲み易さ】   もったいないようだけど、水で割ったらグビグビいけちゃう。

 【総合評価】 芋焼酎としては?だけど、高級感ある味わい深いお酒です。

 

ま~、5年前とほぼ同様の感想になりました。 洋酒が好きで、芋焼酎を上から

目線で見ている方に飲んでいただきたいお酒です。 そんじょそこらのウイスキーや

ブランデーより、余程上品かと思います。 西酒造さんの「芋でもここまでできる!」

って気概を感じる逸品ですね。 でも、芋焼酎好きには、正直どうなんでしょ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月15日 (木)

飛び出し注意

一昨日の夕暮れ時、家路を目指し、のんびりと車を走らせてました。

僕の10メートル程前には、多分同じように帰宅途中と思われる車が走ってました。

突然、その前走車の左前の方から、黒っぽい物体が飛び出してきました。

 

「あっ、ネコじゃ!」と、気付いた瞬間、前走車の下に吸い込まれていきました。

前走車は慌ててブレーキ。 僕も無意識にブレーキを踏んでたんだと思います。

一呼吸おいて、前走車の後方から血相を変えた(多分!)ネコが転げて出てきました。

と、その途端、何を思ったか僕の車めがけて疾走して来ました。

ほとんど停止してたので、ネコの動きを冷静に目で追うと、道路脇にある家の

ブロック塀を駆け上がって、その向こうに消えていきました。

 

「よかった~。 轢かれてなかった~。」と、ホッと胸をなで下ろし、前方を見ると

停まった前走車がハザードを出しました。 多分、大きな音がしたはずだし、

轢いちゃったかどうか、確認に降りるんだろう!って思いました。

 

たまたま、前後から車が来てなかったんで、その前走車の右側(対向車線)に

車を止めて、助手席の窓を開けながら、ネコを引きそうになった車の運転席に

目をやりました。 そこに座ってたのは、免許を取ってそれほど時間が経ってない

だろうと思われる可愛らしい(これ余計?)女性で、明らかに顔が引きつってました。

左手で窓を開けるようジェスチャーすると、通じたみたいで窓を開けてくれました。

 

そこで、「走って逃げたから大丈夫! 死んでないよ!」って声をかけました。

僕が何も言わずに走り去ると、運転手は恐らく「死んでないみたいだけど...」と、

悶々とするだろうと思ったんです。 「走って逃げた」って言葉を聞くだけで、

随分気持ちが軽くなるんじゃないでしょうか? 少なくとも僕ならそうです。

すると、その可愛らしい(だから、これ余計?)女性は、「びっくりした~」と

言いながら、表情には明らかに安堵の色が見えました。 よかった、よかった。

 

今回は幸いにも大事に至らなかったんだけど、少し間違えば最悪の事態もあり

えたし、ちょっとしたタイミングの違いで、僕の車の前に飛び出してたかもしれません。

それに、ネコ以外の何かが飛び出す事だって考えられます。 お~、こわ~っ。

やっぱり、安全運転は基本中の基本じゃな!とあらためて肝に銘じた次第です。

 

このままで締めくくっちゃうとパシャのない文字だけの記事になっちゃいますんで、

ネコ繋がりって事で、『デメル』の「ソリッドチョコ 猫ラベル」を貼っときます。(笑)

Demel

 

こんなネコの舌のような形のチョコレートです。 あっ、右の方、割れとるが。(汗)

Demel_up

 

去年のバレンタインに嫁さんからプレゼントしてもらった物です。 僕が甘いの

苦手だって知ってるのに、毎年バレンタインにはチョコをプレゼントしてくれます。

貰うのは僕、食べるのは嫁さんと子供たちなんだけどね。(笑) それなのに、

ホワイトデーのお返しは、しっかり要求されるのが釈然としないところです。(汗)

また今年もバレンタインデーが来るんですね。 って、変な締め方じゃな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月14日 (水)

ダントツラーメン 岡山一番店

ダイエット生活5日目。 お昼前に会社に遊びに来た嫁さんとの会話をご覧下さい。

 

 嫁 「私、行ってみたいラーメン屋さんがあるんだけど...」

 び (「ダイエット中だって知ってるはずなのに!」、とは口にせず)

   「えっ? 一生分食べたんじゃなかったっけ?(笑) で、それどこなん?」

 嫁 「ダントツラーメン! ossyanたちと行ってたでしょ。」

 び (しばし沈黙の後、「なんでよりによって!」、とは口にせず)

   「じゃ、じゃあ行ってみよっか。 アハハハ。 (4日分、パ~じゃ。涙)」

 

と言う流れで伺った『ダントツラーメン 岡山一番店』さん。 そう言えば、嫁さん、

長男のソフトボールの鏡開きで、お雑煮を食べ過ぎたからダイエットしなきゃ!

なんて言ってなかったっけ? まあ、えんじゃろ。(笑)

Tatazumai

 

券売機の前で、しばし葛藤... ラーメン小が550円。 ラーメン並が600円。

50円の違いなら多い方が...と、「ラーメン並」のボタンを押してしまう自分が

情けない。 こういうのを、今流行り言葉で「さもしい」って言うんじゃろうな。(涙)

嫁さんはマイペースで、「ラーメン小」に「味玉」をトッピング。

 

お店の奥の方に通されました。 そこで、嫁さんが「あっ!」と転びそうになりました。

厨房の周りの床は、よくワックスがかかってるんで注意が必要ですね。(笑)

 

暫くして出てきた嫁さんの、「ラーメン小」+「味玉」。 これで十分じゃったの~。

Syou_ramen

 

僕が頼んだ「ラーメン並」。 以前より破壊力が増してる気がするんは気のせい?

Nami_ramen

 

麺のUPをどうぞ。 相変わらず、岡山随一の太麺です。 食べてる最中、嫁さんに

RUSTICOさんの麺に、何処となく似てない?」って尋ねると、首を思いっきり縦に

振ってました。(笑) って、こんな事言ってるの、うちの夫婦だけじゃろな。(笑)

Men_up

 

前回より苦戦しながらも、何とか完食。 も~、何にも食べれません。 食後の

嫁さんは、「おいしかったけど、やっぱり、私、ラーメンはもういらないからね!」

なんて言ってる。(汗) なんて勝手な奴なんじゃ。 おかげでダイエット生活は

フリダシですわ。(涙) でも、旨かったです。 やせたら、また来ますね~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

減量期に入ります

今年の目標に掲げた「腹筋を6つ以上に割る」ために、減量期に入ります。

基本的に「高タンパク 低脂肪」を心がけ、体脂肪率15%未満を目指します。

以前、13%台まで搾った事があるんだけど、14%台になった頃からスタミナ切れと

思われる症状が出だしたので、15%くらいで止めとこうと思います。

もちろん、腹筋自体の鍛え方にもよるんだけど、体脂肪率を15%くらいまで搾れば、

腹筋がそれなりに割れて見え出します。 

 

で、今回のダイエット方法ですが、最近流行りの「低GI」で行ってみます。

GIとは「グリセミック インデックス」といい、糖質の吸収率を示します。 

難しい説明は省略して、簡単に言うと、同じカロリーを摂取しても、GI値が低い食品の

方が太りにくいって事になります。 「白米より玄米、うどんよりそば」って事です。

 

今回のダイエット中、朝食、昼食は、この「オールブラン」+「無脂肪乳」の組合せの

お世話になろうと思っています。 それと、いつもの「プロテイン」ね。 それとそれと、

栄養バランスを補うのに、これまたいつもの「マルチビタミン&ミネラル」も忘れずに。

Oatbran

 

これで、朝食、昼食での摂取カロリーは、約700kcal。 筋肉を落とさないように

するには、この時の記事の計算から、ジムのない日の夕食は、約600kcalも

食べていいって事になります。 もう少し、食べてもいいんかな? それと、今回は

朝食をそれなりにいただく事から、昼食での吸収を穏やかにする狙いもあります。 

 

でも、ストレスを貯めないために、夕食は普通にいただこうと思っています。

もちろん、晩酌も欠かしません。(笑) 本当は、これが一番ダメだって事は重々

承知してるんだけど、止められないものはしょうがありません。(汗)

 

予定では、3月一杯程度で目標をクリアできるはずです。 それまでは、ランチに

出掛けるのは極力控えます。 休日、長女なんかに「お昼、食べに行こっ!」なんて

言われると断る自信が余りないんだけどね。(笑) とはいえ、晩酌も欠かさんし、

小説も読みます。 そんな生活の中で、心の琴線に触れた事はブログにUP

したいと思います。 そもそも、僕のブログは、食ブログじゃなくて、日記ですからね。

えっ、なんか違ったっけ?(笑) って事で、これからもヨロシクです♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

山の葡萄 倉敷店

少なかった冬休み、何とか時間をやりくりして、倉敷に遊びに出かけました。

その道中にお昼ご飯をいただきに伺った『山の葡萄 倉敷店』さん。 昨年末、

嫁さんがお友達との忘年会に伺った『山の葡萄 岡山店』さんが結構好印象だった

ようで、行ってみよう!って事になりました。 このお店も「地産地消」みたいですね。 

Tatazumai

 

このお店は野菜料理を中心としたビュッフェスタイル。 明らかに鬼門じゃ。(汗)

Tennai1

Tennai2

Tennai3

 

さて、たくさんある中から、こんなんを取ってきました。 できるだけ見栄え良く

盛り付けたつもりだけど、全然ダメじゃな。(汗) それに、数少ない肉料理に

偏ってるようにも見えるし...(笑) そうそう、天ぷらはタイミングが合えば、

アッツアツのがいただけます。 この「蓮根の天ぷら」、なかなか旨かったです。

Zentai

 

やめときゃいいのに第2弾。(滝汗) ここでも「ポテサラ」は外せませんね。(笑)

Round2

 

ふ~っ、お腹が破裂しそうじゃ。 も~、何にも入らん。 やっぱり、ビュッフェは

鬼門じゃわ。 どうしても元を取ろうと、満腹を超えるまで食べちゃうんよな。

 

嫁さんは、「お腹一杯!」って言いながら、別腹にこんなんを捻じ込んでました。(汗)

Dessert

 

ふと、横を見ると、長男がこんなんことを...(滝汗) もしかして、別腹持ってる?

Icecream

 

お店の雰囲気や、出されてるお料理を見る限り、ランチで伺うよりは、飲み放題を

付けて、夜に伺った方が満足度が高いように思います。 って、腹が割れそうに

なるまで食べてて、説得力はありませんが。(汗) 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

長浜ラーメン 秀やす

お客さんの会社に打合せに出かけ、帰りに立ち寄った『長浜ラーメン 秀やす』さん。

以前、『博多一番』という屋号だったんですが、2年程前に改名されました。

改名して以来、伺うのは初めてなので、伺うのも2年ぶりくらいになるんかな?

Tatazumai

 

入店すると、基本的に以前とほぼ変わりはないみたいです。 変わったのは、

お店の方々が着ている『秀やす』というネームが入ったお揃いのTシャツと

ラーメンの値段(このご時勢だから、もちろんUPの方向ね。汗)くらいじゃろか。

とりあえず、オーソドックスに「長浜ラーメン」をオーダーしました。

 

暫くして出てきた「長浜ラーメン」。 おっ、ラーメン鉢も真っ黒に変わっとるわ。

一見、「あなた、ネギラーメン?」ってくらいの、たっぷりのネギが特徴です。 

Ramen

 

麺のUPをどうぞ。 長浜ラーメン特有の極細麺に、サッパリ目のライト豚骨の

スープです。 ガツンとは来ないけど、安心していただけるお味ですね。

Ramen_up

 

やめときゃいいのに、また「替え玉」をオーダーしちゃうし...(滝汗)

ここで、辛子高菜、紅生姜、すりゴマをトッピング! そして、忘れちゃいけない

「ラーメンのタレ」を、さ~っとかけていただきます。 『秀やす』さんのスープは

アッサリ目だもんで、「ラーメンのタレ」でコクをプラスすると、より好みになります。

Kaedama

 

店名は変わっても、味は変わってないようです。 久しぶりに伺ったんだけど、

今年は、もっと来てもいいかな? って、そう言えば、ラーメンは控えめにせんと

ダメなんじゃなかったっけ。(汗) 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

ラント・レーベン

今年は正月三日からお仕事でした。 現地調整の最終日、お客さんに「おいしい

お店を知ってるんですよ!」と行った事もないのに知ったかぶりして伺ったんが

『ラント・レーベン』さん。 黒豚を専門で扱ってる「日笠農産」さんの直営店です。

おっ、緑提灯がぶら下がっとる。 「地産地消」、いい言葉ですね~。

Tatazumai

 

「黒豚とんかつランチ」をオーダーして暫くすると、「セルフなんですけど...」と、

お店の方がボイルしたウインナーを持って来てくれました。 お~凄いサービスじゃ。

このウインナー、一口噛むと、パキン!って音がします。 こりゃ、旨いわ♪

Sousage

 

その後出てきた「黒豚とんかつランチ」。 これで900円也! めちゃお得じゃわ。

Zentai

 

「とんかつ」には、和風ソース、ドミグラスソースのどちらかが選べます。 僕は

和風ソースを選んだんだけど、冷たいソースだから、カツが冷めちゃった。(涙)

Tonkatsu

 

断面はこんな感じ。 これは脂身が多目の一切れでした。 この脂身が甘くて

すんごく旨いんよ。 それに結構な分厚さじゃ。 久々に美味しいとんかつに

巡り会えたわ。 できれば、ソース&たっぷりのカラシでいただきたかったな。

Danmen

 

一緒に伺ったお客さん3人も大絶賛。 日替わりも品数が多くて良さそうでした。

次回、津山に来る時には、マイウスターソース&マイカラシを持参せんとね。(笑)

津山の絶品黒豚を格安でいただけるお店です。 旨かったです。 また来ますね♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

京御門 桐襲

嫁さんのお里が津山だもんで、津山の和菓子をいただく機会が多いです。 

そんな中で、僕の一番のお気に入りは、『京御門』さんの「桐襲(きりかさね)」。 

昨日、津山に年始の挨拶に伺ったついでに、『京御門』さん本店に伺いました。

ありゃま、雨に濡れんように急いでたから、ブレブレじゃがな。(滝汗)

Tatazumai

 

こんな風に箱詰めされて売られてます。 整列した感じがかわいいですね。 

Kirikasane_3 

 

直径4cm弱の丸いお饅頭です。 しっとりとした皮に、白餡ベースなんじゃろな。

その餡の中には柚子が入ってて、その柚子風味が最大の特徴です。 

上品な甘さだから、甘いのが苦手な僕でも、美味しくいただけます。

Kirikasane_up

 

嫁さん曰く、津山の人なら一度は口にしてるお菓子だそうです。 そう言えば、

以前の勤め先の先輩(津山高専出身)が、新入生の時、「桐襲大食い大会」に

強制的に出さされて、とんでもない目にあったらしく、それ以来「桐襲」は見たくも

聞きたくもないって言ってたんを思い出しました。(笑)

津山にいらっしゃる際には、この「桐襲」を思い出してみてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

白玉醸造 魔王

今日は、白玉醸造の『魔王』を紹介します。 とはいえ、今更何の説明も必要が

ないほど有名な芋焼酎ですね。 『森伊蔵』、『魔王』、『村尾』の3銘柄は、いわゆる

「三大焼酎」と呼ばれ、一般では手に入りづらいだけじゃなく、とんでもない金額で

取り引きされています。 僕は、あるルートから定価で購入したんだけどね。(笑)

お正月という事で、思い切ってポンと開栓しちゃいました。 思い切らんと開けられん

ところが、肝が小さいって言われる所以じゃな。(汗)

Omote

Ura

 

いくらプレミア焼酎でも、贔屓目なしで評価します。 「びっとさ~ん チェ~ック!」

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(黄麹)

 【香り】       ツンとしたアルコール臭がします。 微かに洋酒を思わせる感じも。

 【芋らしさ】    芋らしさは皆無です。 まったくもって芋を感じません。

 【口あたり】  アルコールの刺激が結構します。 水で割ったら、もうこれ水じゃが。

 【飲み易さ】   確かに飲みやすいんだけど...

 【総合評価】 う~ん、僕が芋焼酎に求めてる物が、この芋焼酎にはありません。

 

芋の臭みやえぐみ、癖なんかを徹底的に排除したら、旨みもコクも一緒になくなって

残ったのは、おいしい割り水とアルコールだけになっちゃったって印象です。

うまく表現できないんだけど、人に例えると、「痩せてる=美しい」と信じ込んで、

ストイックにダイエットを続けてるパリコレの女優ってところだと思います。

それはそれで凄い事なんだろうけど、魅力が全然ないんよ。 味わいが全くない。

2杯飲んだところで、レギュラー酒の「小鶴くろ」と選手交代しました。(笑)

 

人もお酒も、無駄や遊びがないと、何の面白みもないって事なんかも?

正月早々、いい勉強をさせて貰いました。 本物を見極められる目を養わんとね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます

新たな年、「2009年」が始まりました。 もう、年は取りたくないお年頃なんですが、

初日の出を見ると、「よ~し、今年も頑張るぞ!」って、気が引き締まる思いです。

見逃された方に、こちらのパシャをプレゼントしますね♪

Hatuhinode

 

「一年の計は元旦にあり」って事で、今年の目標を3つ掲げます。

 

 一. 腹筋を6つ以上に割ります。 割ってみせます。

 一. ベンチプレスで100kg上げます。 上げてみせます。

 一. 平々凡々とした日々を過ごします。 過ごしてみせます。

 

色々と世知辛い世の中ですが、今年が皆さんにとって、よい年でありますように♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »