« ピクニックレストラン 円山店 | トップページ | 子を想うということ »

2009年5月19日 (火)

萬福軒

昨日、午前中は児島でお仕事、午後は玉野で打合せって事で、その間に伺った

『萬福軒』さん。 う~む、最近ガッツリ系が食べたくて、困ったもんじゃ。(汗)

Tatazumai

 

入店し、メニューを眺めて約3分。 メニューが豊富な分、なかなか決まらんのんよ。

そうたびたび来られる距離じゃないしね。 悩んだ挙げ句、「ピリ辛背脂ラーメン」

を注文しました。 結局、前々回と同じじゃし。orz 注文した後も、サイドメニューを

追加したもんか、さらに悩みます。 このお店って、いつも悩んじゃうんだよね。

 

暫くして出てきた「ピリ辛背脂ラーメン」。 チャーシューが軽く炙られてるみたいです。

お~、それにしても強烈な背脂じゃ。(汗) 脂の層も結構な厚みじゃし。(笑) 

Zentai

 

麺のUPをどうぞ。 長浜ラーメンで使われるような細麺です。 この細麺が

濃厚な鶏ガラスープを、たっぷり持ち上げてくれるんよ。 やっぱ、ヘビーじゃ。

Men_up

 

悩みに悩んで、途中で「ミニ肉盛丼」を追加しちゃったし。(滝汗) 角切りされた

チャーシューが、ゴロゴロ入ってます。 数日分の脂質を摂取しちゃいました。(汗) 

Nikumori

 

この日もたくさんのお客さんで賑わってました。 どうやら、常連さんも多いようです。

今度は、是非「一期一会」をいただきたい物です。 旨かったです。 また来ますね!

 

【おまけ】

午後の打合せまで時間があったし、天気が良かったんで、渋川に立ち寄りました。

ちょうど、小学生がカッター漕ぎをやってるところでした。 僕がカッター漕ぎを

経験したのも、かれこれ30年ほど前の事です。 懐かしいような、切ないような。

「よ~いしょ! よ~いしょ!」の掛け声と共に、波をかき分けて進むカッター。

これから成長していく彼らが、未来を切り開いて進む事を暗示しているようです。

おっさんからエールじゃ! 「こ~げ~よカッタ~ こんか~ぎ~り~♪」

Cutter

|

« ピクニックレストラン 円山店 | トップページ | 子を想うということ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

悩みに悩んで ラーメン残したのかと思ったが(笑)

「く~え~よラ~メン こんか~ぎ~り~♪」

ossyanからのエールです

投稿: ossyan | 2009年5月19日 (火) 09時03分

「背脂ラーメン」単品で踏ん張ったかと思いきや・・・

ぎゃっはっは~ 
かっきり「ミニ肉盛丼」 やらかしとるし~

この“ミニ”って文字が、自制心をヒョイと弛緩させるんよなあ

それにしてもラーメンの背脂 一瞬 天かすかと思った!

投稿: nyanko | 2009年5月19日 (火) 10時04分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

恥ずかしながら、完食しちゃいました。(汗)
ossyanのエールがあっても、流石にスープ完飲までは
不可能ですが...(笑)

投稿: びっとさん | 2009年5月19日 (火) 10時46分

>nyankoセンセ
いらっしゃいませ♪

仰る通り「ミニ」に、してやられました。
ラーメンを半分くらい食べ終わった頃にでてきた「肉盛丼」。
それを見た途端、後悔したものの、時既に遅し。(汗)

背脂+チャーシューの脂の相乗効果で、今朝はお肌がスベスベ
(正確には「ネトネト」)でした。(涙)

投稿: びっとさん | 2009年5月19日 (火) 10時50分

コメントくださりありがとうございました。

カッター漕ぎに反応してしまいました。
びっとさんが、かれこれ30年前ということは
私と同世代ですね~^^
私が海事研修に行った時は大雨でして
カッター漕ぎもカッパ着てタイヘンでした。
今となっては懐かしい思い出ですが。

投稿: ぴ~こ | 2009年5月21日 (木) 15時16分

>ぴ~こさん
いらっしゃいませ♪

カッター漕ぎ、懐かしいでしょ!
この日は少しガスってたけど、天気も良くって、子供たちも
真剣な表情ながら楽しそうでした。
今は子供の彼らも、僕たちと同世代になったら、カッターを
懐かしく思い出すんでしょうね。

ぴ~こさんの時は大雨だったんですか?
僕も結構詳しく覚えています。
3人で1本のオールを漕ぐんですが、当時太っちょだった僕の
横には、クラスで一番か細い子が座りました。
先生は、僕が力持ちだと思って、そのように割り当てたんだと
思います。
もう1人は、クラスで一番のお調子者。
カッターに乗る前から、何となく不安な気持ちになりました。

いざ、沖に出ると、か細い子はすぐに根を上げ、あろうことか、
黙ってオールから手を離してしまいました。
当然、それまで以上の力がかかるんですが、何を思ったか
お調子者まで手を離しやがりました。
太っちょだったとはいえ、子供一人の力では支えきれず、
オールは僕の首に...
血相を変えて飛んでくる先生と、苦しむ僕を指差して笑う
お調子者。

あっ、興奮しちゃってダラダラ書いちゃいました。(汗)
それもこれも、今となっては懐かしい思い出です。

こんな拙いブログですが、また遊びに来て下さいね~♪

投稿: びっとさん | 2009年5月21日 (木) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピクニックレストラン 円山店 | トップページ | 子を想うということ »