« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

そうさく料理 『こっく』

カウントダウンも「3」となったこっくランチ。 ここまで来たら、皆勤賞を狙わんとね~。

今週のメニューはコレね。 他のお客さん方もカウントダウンを知ってか知らずか、

ここ最近は、とっても混雑しています。 この日も少し待って入店しました。

Menu

 

今週も美味そうじゃろ~!

Zentai

 

メインの「チキンカツ オイスター ポン酢ソース」。 チキンフィレのフライに

酸味のあるソースが、よくあってます。 こんな鶏なら毎日でも食べれるわ。

Chicken

 

「トウモロコシの揚げ団子」。 もっちり団子に、トウモロコシの粒々が入ってます。

シェフの拘りで、粒を潰さないよう、とうもろこしカッターを使わず、手で一粒一粒

取ってるんだって。 作業自体は、お母さんがされるそうなんですけど。(笑)

Dango

 

「酢豚の豆腐和え」。 酢豚という名前からは想像できない面持ちです。

これもシェフのセンスの成せる技じゃな。 これで芋焼酎が飲みたい~!

Subuta

 

「南瓜と大根のガトー仕立て」。 彩野菜シリーズみたいですね。 オクラの入った

ソースが夏を感じさせる、サッパリ味の逸品です。 これも、旨いの~!

Gateau

 

デザートの「ハチミツレモン風味のクリームプリン」と、「抹茶のカスタードクリームパイ」。

どうやらパイは今週で終わりのようです。 コーヒーといただいてホッと一息。

Dessert

 

ちなみに、このメニューがいただけるのは、今日までです。 って、もう数時間しか

無くてスイマセンです。(滝汗) 美味しかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (6)

2009年6月26日 (金)

パン工房 ベルファーム

『穏食酒家 うおつぼ』さんから少し足を伸ばして伺った『パン工房 ベルファーム』さん。

あるお客さんから、「このお店のパン、おいしいよ!」と情報をいただきました。

Tatazumai_2

 

店内は、こんな感じです。 お店の方は、写真を撮る事を快くOKして下さいました。

お店のあちらこちらに、お店の方の素材への拘りが説明書きされてました。

Tennai

 

この日買って帰ったんがコレね。 手前から「めんたいガーリック」、「ぶちぶちチーズ

フランス」、「カマンベール ド・フランス」、「クルミ ほにゃらら(失念。汗)」、「こくもつ

パン」、そして「玄米食パン」。 「こくもつパン」って、オレンジピールが練り込まれた

ちょっと珍しいパンです。 これが味わいがあって、とっても美味しかった。

あっ、お客さんが「クリームパンがお勧め!」って言ってたのに、買うの忘れてた。(汗)

Breads

 

どのパンも、どちらかと言えばソフト系。 だけど、モッチリ感があって、噛めば

味わいが出てくるタイプです。 このパン屋さんもお気に入りのお店に登録じゃ。

ちょっと遠いけど近くを通ったら、また来よっと。 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (2)

2009年6月25日 (木)

穏食酒家 うおつぼ

ここ最近、どうやら疲れが溜まっているみたいです。 仕事よりもソフトボールの

せいかもしれん。(笑) 相変わらず、食餌制限しているせいもあるんじゃろうな。

たまにはガッツリ!と、ラーメンが食べたい気分。 でも、助手席の嫁さんは

ランチな気分。 そう言えば、どちらも満たせるお店があったな~、と伺った

『穏食酒家 うおつぼ』さん。 居酒屋なんだけど、お昼にランチもいただけます。

Tatazumai

 

メニューは、こんなに豊富です。 嫁さんは「松花堂」を、僕は「うおつぼ和風ラーメン

定食」をオーダーしました。 それより、カウンター越しの芋焼酎が気になるな。(笑)

Menu

 

暫くして出てきた嫁さんの「松花堂」。 蓋を取って、手前から開いてみると...

Lunch_zentai

 

こんな感じで立体的に盛り付けられています。 これで、掴みはOKじゃ。

Lunch_open

 

中でも美味しかったのが、この「お刺身」。 鮮度がいいんがわかるかな~。

Osashimi

 

僕がいただいた「うおつぼ和風ラーメン定食」。 あれっ? 今日は鶏モモの

巨大唐揚げが乗っかってる。(汗) 普通に、チャーシューでいいんですけど。(笑)

Ramen_zentai

 

揚げ物が乗ったラーメンをいただくんは、何年ぶりじゃろ?

Ramen

 

麺は中太ストレート。 スープは、まず魚介を感じて、その向こうにタップリ野菜と

鶏がらを感じます。 これも、紛れもなく岡山ラーメンですね。

Ramen_up

 

デザートの「抹茶アイスクリーム」。 コーヒーといただいてホッと一息。

Dessert

 

居酒屋さんだからか、全体的にお味は濃い目です。 お酒にマッチするように

味付けされてるんでしょうね。 BGMでジャズが流れる落ち着ける店内、

今度は夜に来てみようかな? 美味しかったです。 また来ますね~!

| | コメント (2)

2009年6月24日 (水)

nyanko印の自家製うどん その2

先週土曜日、実は石釜作りのお誘いを受けてました。 でも、長男のソフトボールの

他の指導員が、なかなか都合が付かないらしく、僕が休む訳にはいかなくなって

しまいました。 「残念ながら欠席で...」と、nyankoセンセにお伝えしたんだけど、

その日の朝、ossyan、winさんと一緒に、わざわざ我が家まで自家製うどんを持って

来て下さいました。 お力になれない上、お土産まで頂戴しちゃって、ホント申し訳ない

です。 次回は、どうにか都合を付けますんで、その時はヨロシクで~す♪

 

さて、今回いただいたんは2種類。 左側は「日讃製粉」の「緑あひる」という小麦粉、

右側は「日本製粉」の「めん匠」という小麦粉を使って打ったうどんだそうです。

こうやって、食べ比べができるのも、とっても楽しいです。 さすが、nyankoセンセ!

僕のツボを、よくご存知ですね~。 見ているだけで、ワクワクしちゃいます。

Pack

 

こちらが「緑あひる」のUP! お~、小麦の香りがたまらんの~。 ちなみに、

先日閉店された『宮武』さんは、この小麦粉を使ってたそうです。 『やまうち』さんも

そうなんじゃろか? 『宮武』さんのうどんをいただけんのは、ちょっと残念じゃな。

Midori

 

脱線はこのくらいにして、こちらが「めん匠」のUPね。 ベッピンさんじゃわ~。 

Mensyou

 

翌日のお昼に「緑あひる」をいただいてみました。 まず、釜揚げに、出汁醤油の

ぶっかけで。 おっ、nyankoセンセの目指してるオンナ麺になってるがな!(驚)

Kamaage

 

水で締めて、生醤油で。 ほんのり茶色い麺が『宮武』さんを彷彿とさせます。

おっ、これもオンナ麺に仕上がってる! そんな事より、どっちも絶品じゃ~。  

Kijyouyu

 

注意書きにあったように「にゅ~~~ん」しときました。 絞り、開け過ぎじゃし。orz

Nyuuun

   

翌日にいただいた「めん匠」さんの方が、どちらかと言えばコシがありました。

IKKOさんってところかな?(笑) すいません、こっちはパシャし忘れ~。(汗)

もちろん、どちらも味わい深くて、うまうまなうどん。 おいしくいただきました♪

 

ところで、nyankoセンセ! ここで質問。 うどんを打つ技量は、もう完全に素人の

域を脱しちゃってるし、先日はそば打ちをされたんですよね。 これからどちらの

方面へ向かって行かれるんですか?(爆) これからも、目が離せませ~ん♪

| | コメント (4)

2009年6月23日 (火)

三男の憂鬱

はじめまして♪ 僕、びっとさん家の三男「もか」っていいます。 2歳の男の子です。

初対面でなんだけど、ちょっと僕の話しを聞いてくれるかな? ホント、腹立つんよ。

2歳上の「ぷぅ」兄ちゃんは、僕と一緒にご飯を貰うんだけど、僕が食べ終わって

からじゃないと、「いただきます」しないんだよね。 先にご飯が済んじゃった僕は、

「ぷぅ」兄ちゃんがご飯を食べるのを見てしまうわけ。 パパ譲りの食いしん坊の

僕としては、そりゃ~もう欲しくって仕方がないんよ。 これって絶対イジメだよね。

 

「あ~、今日もやってる~! お兄ちゃんの意地悪~!」

Cut1

 

「ね~ね~、僕のと一緒のご飯なん?」

Cut2

 

「おいしそ~じゃな~。 ちょっとだけ、くれんかな~。」

Cut3

 

「やっぱり、くれんのんじゃって。 お替りくれる、パパ! えっ、ダメなん?(涙)」

Cut4

 

でもね、ときどきお皿から落っこちてるんを、後でこっそり食べちゃうんよ。 それが、

と~っても美味しいんよ。 あっ、この話し、お兄ちゃんとパパには内緒にしててね♪

| | コメント (2)

2009年6月22日 (月)

カレーと珈琲の店 ルーカス

長男のソフトボールで遠出できない週末が続いています。 そんな僕にうってつけの

情報をumiさんのところからいただきました。 すぐ近所に、カレー屋さんができた

みたいです。 そりゃ、行ってみないといけません。 umiさん、ありがとね~!

Tatazumai

 

メニューはこんな感じです。 「ビーフカレー」と「チキンカレー」... どっちにしよ?

えっ、嫁さんは「チキン」なん? じゃあ、僕は「ビーフ」にして、ワケワケじゃな。

店員さんがオーダーを取りに来られて、僕は「ビーフ」を注文しました。 嫁さんは

気が変わったんか、「海老カレー」なんて言ってるし。 「チキン」、食べれんが。(汗)

Menu

 

開店祝いか、僕のすぐ隣りには、胡蝶蘭が飾られてました。 花は、ええの~。

Flower

 

暫くして出てきた「サラダ」。 家庭的な感じかな。

Salad 

 

嫁さんがオーダーした「海老カレー」。 もちろん、1本は僕がいただきました。(笑)

プリプリの海老ちゃん、もちろん美味しかったですよん。

Shrimp

 

僕がいただいた「ビーフカレー」。 スプーンで切れるくらいに煮込まれたビーフは

海老ちゃんより食べ応えがあります。 ルーは、具材が全て溶け出したサラサラ

タイプです。 「辛口」を頼んだんですが、「激辛」でもよかったかな?

Beef

 

食後の「珈琲ゼリー」。 口の中をサッパリと洗い流してくれます。

Jerry

 

お勘定の際に気になってた事を尋ねてみました。 店員さんとの会話をどうぞ。

 

 び 「こちらは、元々『木こり』さんなんですか?」

 店 「ええ、そうです。 よく、ご存知ですね。」

 び 「『アウル』さんと姉妹店なんですよね。」

 店 「『アウル』さんとは、特に関係ないんですよ。」

 

だそうです。 う~ん、なんか大人の話しの雰囲気を感じたんで、これ以上、詮索

しませんでした。(勘違いかも?笑) 美味しかったです。 また来ますね~! 

| | コメント (18)

2009年6月21日 (日)

和食にしざき

今日はちょっと前のお話しを。(ハイ。そうです! ネタ切れの証拠です。汗)

会社の近所にある、キッチリとした和食をいただける『にしざき』さんです。 

Tatazumai_2

 

この日のメニューはコレね。 「はものフライ」、今日は当たりじゃ!

Menu_2

 

暫くして出てきたんがコレね。 「はものフライ」は、お決まりのトラシマ模様。(笑)

Zentai

 

UPでどうぞ。 そう言えば、もうハモの季節ですね~。 暑い夏は目の前です。 

Main

 

魚としてはシッカリ感のあるハモの身は、フライとの相性もバッチリ! タンパクな

分、ソースは控えめにしてるんかな? カラシがあったら最高じゃ。(笑)

Main_up

 

アッツアツの「揚げ出し豆腐」。 しっかり味のお出汁も旨い!

Agedashi 

 

お膳が出てきてワンテンポ遅れて出てくる「茶碗蒸し」。 これがね、ヤケドする程、

アツアツで出てくるんよ。 熱い物は熱く、冷たいものは冷たく、基本ですよね。

Chawanmushi

 

このお値段で、この内容は大満足です。 時間がない日のお昼、『にしざき』さんは

僕の救いのお店です。 美味しかったです。 また来ますね~!

| | コメント (2)

2009年6月20日 (土)

そうさく料理 『こっく』

『こっく』ランチも、あと1ヶ月を切っちゃいましたね。 宇都宮出張を無事にこなし、

昨日やっとこさ行けました。 仕事と同レベルでスケジューリングしています。(笑)

 

今週のメニューはコレね。 お~、「こっくバーグ」じゃ。 これで決まりじゃわ。

Menu

 

この日は超満員の大盛況。 カウントダウンをご存知のお客さんが大挙してるんかも

しれません。 これからは、競争率が激しくなるんじゃろうな。 でも、負けてられんし!

 

暫くして出てきたんがコレね。 うっは~、今週も旨そうじゃ~。

Zentai

 

「ハンバーグ 和風しば漬けソース」。 和の「しば漬け」と、洋の「ハンバーグ」の

コラボレーション。 「しば漬け」の優しい酸味が、「こっくバーグ」を引き締めてます。

今回は多めにかかってたドレッシングの酸味も利いてて、ホワウマじゃ~!

Humburg

 

「鶏肉の梅紫蘇ロール煮」。 これ、今週の一押し♪ 鶏の風味がにじみ出た

お出汁は抜群の旨さです。 鶏ロールも、本当にウマウマじゃ。 こりゃ旨いわ。

Chicken

 

「南京とオクラの冷製飛龍頭」。 たっぷりかかってるソースは、豆腐ベースかな?

南京とオクラだけじゃなく、大豆やら何やら、テンコ盛りの飛龍頭は、うんまいわ。

Hirouzu

 

「10種類の野菜を使ったサラダ仕立て」。 黄色いソースにはピーナッツの風味を

感じました。 野菜嫌いの方も、これを「サラダ」って言うんだったら、どんぶり一杯

食べられるはず。 僕だったら、これでいくらでも飲めちゃいます。(笑)

Salad

 

「レモンカスタードクリームソースパイ」。 コーヒーといただいてホッと一息。

Dessert

 

冒頭にも書いたんですが、あと1ヶ月足らずで、「そうさくランチ」は終了です。

都合、残り3パターンだそうです。 仕事そっちのけで、全パターンを制覇しないとね。

今週も絶品でした。 美味しかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (0)

2009年6月19日 (金)

「にぎり寿司」について考える

『銀座 鮨一』さんの衝撃、未だに脳裏から離れません。 昨日の記事は駆け足で

書いちゃったんで、書き損ねた事をあれこれ綴ってみようと思います。

 

「にぎり寿司」、もちろん大好きです。 子供ができてからは回るお寿司のお世話に

なる事がほとんどですが、倉敷に住んでた時分は、結構(無理して。笑)回らない

お寿司屋さんにも伺いました。 昨日、ちらっと触れた『菊寿司』さんも、そのうちの

一軒です。 以前、ホワイト通り脇にあった良心的な値段設定のお寿司屋さんに

入り浸ってた時期もありました。 もう、かれこれ20年近く前の話しですが。(汗)

 

そんな僕の「にぎり寿司」の定義は、「ネタが新鮮=美味しい」でした。 たしかに

「ネタが新鮮」ってのは必要条件だと思います。 船釣りで釣り上げたサバを

その場でさばいてお刺身にしたら、とんでもなく美味かったのを覚えています。

 

『銀座 鮨一』さんのお寿司も確かに新鮮でした。 でも、それにひと手間ふた手間

かけて、ピチピチの鮮魚を超える美味しさまで昇華させてました。 あんなお寿司を

いただいたのは産まれて初めての経験です。 もう、目からウロコですわ。

 

とびきりのネタに、絶妙の量かつ適温のシャリ、ネタとシャリの量のバランス、

口の中でのほぐれ加減、それらをよりおいしくいただけるよう、時にはムラサキで

時には藻塩で... 総合的にプロデュースされた「にぎり寿司」は、もう圧巻!

その上、落ち着ける店内に、お店の方々の心配りがプラスされるんだから、

至福の空間、ここに極まれり!って感じです。 う~、今すぐにでも行きたい。

 

こんな経験にも弊害があります。 昨日、あるお店でお刺身をいただいたのですが、

『銀座 鮨一』さんとは余りにかけ離れた物で、落胆してしまいました。 また、食の

ハードルを上げてしまいました。(汗) 暫く、生ものは食べないようにしよっと!

| | コメント (6)

2009年6月18日 (木)

銀座 鮨一

4期に分けた宇都宮出張も今回で最後。 何とか全てのハードルをクリアして

完納と相成りました。 いや~、今回は自分で自分を褒めてやりたい!って事で、

ご褒美に伺った『銀座 鮨一』さん。 こちらを見て、一度は行きたかったんだよね。

 

ちなみにお店の場所は銀座のド真ん中。 近所には、シャネル、ルイ・ヴィトン、

ブルガリなんてお店がありました。 全然興味ないから行ってないけどね。(笑)

『鮨一』さんはビルの一角。 でも、すぐ近所の賑わいが嘘のように感じられます。

Tatazumai

 

入り口横のインターホンを「ピンポン」すると、お店の方が出迎えてくれます。

「びっとさん様ですね。 お待ちしておりました。」と、丁寧に挨拶されました。

「お~、こっ、これが銀座の高級店なんじゃ...」と、緊張しまくり。(滝汗)

 

2階のカウンター席に通されると、外国の方の接待と思しき紳士方や、いかにも

高級そうなお召し物を身に着けられた親子さんが陣取られてました。 「ジーパンに

Tシャツじゃ、余りに場違いじゃ...」と冷や汗をかいてると、Tシャツ姿の男性

2人組って方もいらっしゃいました。 よかった~、僕だけじゃなかった。(ホッ)

 

今回、「芙蓉」という5250円のコースをオーダーしました。 お昼のランチとしては

とっても贅沢だけど、銀座の一等地にある高級店にしてはリーズナブルですよね。

 

まずは「じゅんさいと海老の先付け」。 お酢が利いてて、さっぱりいただきました。

Jyunsai

 

「かつおのタタキ」。 ワラでいぶしてるんだって。 生臭さは皆無でした。 うんま~。

Tataki

 

「水無月豆腐」。 胡麻豆腐がベースだそうなんだけど、こした小豆を一緒に

してるんだって。 ほんのりとして甘さと、もっちり感がたまりません。

Tofu

 

「まこがれい」。 この辺りから緊張がほぐれてきました。 プリップリの白身が

印象的な歯応えでした。 ちなみに、こちらのお鮨は、ご主人が素材に合った

味付けを前もって施してくれます。 この「まこがれい」は、スダチとムラサキね。

Makogarei

 

次は「ノドグロの炙り」。 って、アレッ? パシャし忘れ。(アハハ。汗)

 

「アオリイカ」。 こちらは、藻塩で。 うっは~、こりゃたまらん。 旨すぎる~。 

Nodoguro_2  

 

「マグロのヅケ」。 こんなに旨いヅケは、生まれて初めてじゃ~。

Duke

 

「中トロ」。 もう、こりゃたまらん。 自分でも目に毒じゃ。

Toro

 

「アジ」。 アブラが乗ってるん、分かるかな~。 もちろん、絶品!

Aji

 

「コハダ」。 そう言えば、席に着いたとき、「苦手な物はありますか?」って、

尋ねられ、「ありません」って答えたんだけど、酢でしめたん苦手じゃった。(汗)

Kohada

 

「車海老」。 七輪で素焼きした車海老を、目の前で剥いて、握ってくれました。

Ebi

 

「ミニ うに鉄火丼」。 本来ならば、マグロじゃなくてイクラだそうなんだけど、

いいイクラが仕入れられなかったんだって。 いいです、いいです、バリ旨です。

Don

 

「アナゴ」は、ニツメと藻塩で食べ比べ。 いや~、甲乙付けられません。

Anago

 

最後に「タマゴ」。 甘くてしっかり感のあるカステラみたいなタマゴでした。 

Tamago

 

デザートの「白玉ぜんざい」。 いや~、どれもこれも美味かった~。 

Shiratama

 

席に着いた頃は緊張しちゃってしょうがなかったんだけど、気さくなご主人が

気遣って下さり、打ち解けてお食事する事ができました。 それにしても、どの

お鮨も非の打ち所がありません。 今までは、倉敷の『菊寿司』さんが一番だと

思ってたんですが、僕の中でのお寿司ランキング1位は入れ替わりました。

今度は家族を連れて来よっと。(フォロー。笑) 旨かったです。 また来ますね♪

| | コメント (8)

2009年6月17日 (水)

さつき屋

病気を患って、少し痩せちゃったって言う母親に差し入れを!と伺った『さつき屋』さん。

実は、幼少の頃、このお店の近所に住んでて、ケーキといえば『さつき屋』なんだよね。

Tatazumai_2

 

お店に並んだケーキは、こんな感じです。 どれも250円って驚きの価格です。

でも、僕の記憶では230円だったんで、ここ何年かで値上げしたんじゃろうな。

Showcase1

 

四角いバームクーヘンも並んでます。 どれもこれも懐かしいケーキじゃの~。

Showcase2

 

お土産を手渡した時の、母親と父親の会話をご覧下さい。(岡山弁、丸出し。笑)

 

 母 「アンタ、ちょっと『さつき屋』のケーキじゃが。 懐かしかろう?」

 父 「『さつき屋』? 何処な~。」

 母 「あの両備(ストア)の手前にあったケーキ屋じゃが。」

 父 「ああ、『岡本』の事か。 あそこのは、たっけ~んじゃ。」

 

聞くところのよると、40年程前まで『岡本』って屋号だったそうで、ご主人が

「さつき」が好きだった事から改名されたそうです。 それにしても、古い屋号を

口にする父親に笑っちゃいました。 オーディオメーカーの『DENON』を、「デノン」と

呼べず、未だに「デンオン」と読んでしまう僕の父親だけありますわ。(笑)

  

差し入れに持っていったケーキはコレね。 これを見た母親は、とっても懐かしがって

ました。 「多分、コレを選ぶじゃろうな」って、思ったケーキを手に取ったし。(笑)

Cakes

 

生クリームたっぷりの「シュークリーム」。 ちょっと、溶けかけてるな。(汗)

生クリームの下にはカスタードクリームがたっぷり。 懐かしいお味じゃわ~。

Choucream

 

カスタードクリームたっぷりの「フルーツタルト」。 これも美味いんよ~。

Pie

 

以前は高級品だった『さつき屋』さんのケーキも、今ではとってもリーズナブル。

昔ながらのケーキはお勧めです。 開店当時、看板娘だったおばあちゃん(笑)が

暖かく迎えてくれるお店です。  美味しかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (6)

2009年6月16日 (火)

ステーキハウス 志ほ味

長男のソフトボールでドタバタの週末、何とかランチを!と伺った『志ほ味』さん。

歩いていけるくらいの距離なのに、伺うのは初めてなんだよね。

Tatazumai

 

サービスランチもあるみたいなんだけど、日曜日って事で今日はダメみたい。

嫁さんも僕も「ハンバーグ(200グラム)」と「ライス小」をオーダーしました。

 

これはハンバーグに付いてるサラダと、ライスに付いてるお新香ね。 ニンジンの

すりおろしが入ってるんかな? 存在感のあるドレッシングがなかなかおいしい。

Salad

 

背後にあった本棚から、嫁さんがカメラの雑誌を取ってあれこれ言ってると、お店の

お母さんが「写真がお好きなんですね!」と話しかけてくれました。 お店の中に

お花の写真が飾られてるんですが、お母さんの作品だそうです。 カメラ好きと

言うよりもメカ好きのようで、パソコンも大好きみたいです。 嫁さんが、「この人、

パソコン関係の仕事をしてるんですよ。」って言うもんだから、お母さんは興味津々。

あれやこれやと、話しに花が咲きました。 アットホームで、何だかとってもいい感じ。

 

そんな話しの最中に出てきた「ハンバーグ」。 200グラムってデカイんね。(滝汗)

ダイエット中に食べる代物じゃないな、こりゃ。(笑) 見えづらいけど、付け合わせの

野菜もテンコ盛り~。 目玉焼きの大きさでサイズが分かるじゃろうか?

Humburg

 

ハンバーグの断面をどうぞ。 シッカリ感のあるタイプじゃなくて、ふんわりタイプ。

こっくバーグにつながる物を感じます。 ドミもやさしいお味で、こりゃ旨いわ。

Humburg_up

 

お母さんとの話しは、韓流ドラマになっちゃって、嫁さんと話しは尽きないみたい。(笑)

嫁さんが「最近のお勧めってありますか?」って尋ねると、「ちょっと待っててね」って

お店の奥に入って、10銘柄くらい紙に書いて渡してくれました。(驚) すっげ~!

そろそろ帰らんと、ソフトに間に合わんよ~。 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (4)

2009年6月14日 (日)

小正醸造 蔵の師魂 原酒

「おいしい芋焼酎はないかな~」と、ネットサーフィンしてると、あっちこっちのサイトで

「原酒は美味い!」と書かれてます。 芋焼酎の原酒とは、蒸留後、割り水をせず、

そのまま瓶詰めされた物を言うらしいんだけど、「これが原酒!」ってのを飲んだ

記憶がないんだよね。 今回、「小鶴」で有名な『小正醸造』さんの「蔵の師魂」の

原酒を手に入れました。 ちなみに、「小鶴」の3倍のお値段です。(汗)

Omote

 

ちょっと見えづらいけど、アルコール度数は36度です。 これは危険です。(笑)

Ura

 

それでは、恒例の...「びっとさ~ん チェ~ック!」

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(黒麹)

 【香り】       おっ、清々しくて濃厚な芋の香りがなかなかいい感じ。

 【芋らしさ】    それほど芋っぽさを感じません。 ぐふっ、むせた。(笑)

 【口あたり】  36度はやっぱりきついんだけど、舌を刺す感じではありません。

 【飲み易さ】   もったいないけど水で割ったら、こりゃ飲みやすい焼酎じゃ。

 【総合評価】 そうか、これが原酒なんじゃ。 こりゃ濃厚で面白い味わいじゃ。

 

割り水をしていない分、芋の旨みも濃厚なのが原酒の特徴のようですね。

「蔵の師魂」は上品な味わいの焼酎だけど、原酒はアルコール度数が高い分、

迫力がありますね。 この原酒ならではの味わいを楽しむには、絶対にロックで

いただくのをお勧めします。 むせちゃうけどね。(笑) 気になる方は是非どうぞ!

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

アンジェラ・アキ Concert Tour 2009 ANSWER in 福山

昨日は待ちに待ったアンジーのライブに行ってきました。 約1年半ぶりの再会です。

アンジーって自称「雨女」なんだけど、福山にも見事に雨を降らせてくれました。(笑)

会場のリーデンローズの裏に回ってパシャ。 もうすぐ、実物に会えちゃいます。 

Tourtruck

 

今回の席は前から4列目。 豆粒じゃなくて、間近でアンジーを見れちゃいました。

実際に見たアンジーの印象は、とにかくベッピンさんでした。(笑) とっても色白で、

華奢といっていいくらい細かったです。 あんな体のどこから、あの声量と演奏が

出てくるんじゃろか?と不思議で仕方ありません。 ますます、アンジーLOVEじゃ。

 

昨日のセットリストは、こんな感じでした。 ネタバレですんで、気をつけてね。

  01.Black Glasses
  02.たしかに
    <MC>
  03.Knockin'On Heaven's Door
  04.Final Destination
  05.Home
  06.Hey Jude (BEATLES)
    <MC>
  07.Again
    <MC>
  08.黄昏
  09.レクイエム
  10.Rain
    <MC>
  11.ダリア
  12.サクラ色
  13.ファイター
  14.Answer
  15.手紙 ~拝啓 十五の君へ~ (全員で合唱)
    <アンコール>
  16.どんなときも (槇原敬之)
  17.This Love

いや~、今回のライブも楽しかった。 前回は、うるうるしっぱなしだったんだけど、

今回は落ち着いて楽しめました。 余りに距離が近すぎて、現実味がなかったん

かもしれません。(笑) それにしても、右手首に貼ってた湿布。 多分、負担が

かかるんじゃろうな。 目立たない色だったんだけど、近くて見えちゃったよ。

長いライブツアー、体に気をつけて頑張ってね。 次は、岡山で会いましょう♪

| | コメント (0)

2009年6月 9日 (火)

かまたまらーめん 永谷園

最近のテレビCMで気になってたのは、昨日の「カップヌードル ライト」と、永谷園の

「かまたまらーめん」。 なかなか手にするチャンスがなかったんだけど、先週末、

長男のお昼ご飯として買ってみました。 テレビCMは、こちらでご覧になれます。

Box

 

レシピに忠実に作ってみました。 茹で時間は、麺だけで8分+モヤシを入れて1分と

トータル10分程度かかります。 おっ、なかなかいい魚介の香りがしてます。

Ramen

 

長男は「これ、やるんじゃろ?」と、頼む前から「にゅ~~~ん」してるし。(笑)

Nyuuun

 

ちょっと貰ってみたら、もちもち感のある麺で、なかなか美味しいじゃないの。

昨今のインスタントラーメンは、侮れませんな。 気になる方は、是非どうぞ!

| | コメント (2)

ネパール・インドカレーハウス ナマシバエ

先日のwinさんのカキコで、すぐ近所にカレー屋さんができたのを思い出しました。

ということで、早速行ってきました。(笑) 『ナマシバエ』さんっていうお店のようです。

それにしても西大寺の住人でも、なかなか通る機会のない場所に立地しています。

 

駐車場が分からないんで、嫁さんが車を降りて、お店で尋ねようとすると、ちょうど

食事を終えた他のお客さんとお店の方が出てくるところでした。 後で嫁さんから

聞いたんだけど、お店の方がお客さんに「ゴメンネ~」って言ってたそうです。(汗)

 

その声と風貌からピンと来た嫁さんが、「ガネーシャにいらっしゃいませんでした?」

と尋ねると、「ソウデス。 ガネーシャニ キテクレタコト アリマスカ?」との返事。

聞いたところ、『ナマシバエ』さんは、『ガネーシャ』さんの姉妹店なんだそうです。

Tatazumai

 

ランチメニューはこんな感じです。 もちろん、カレー単品も色々ありました。

嫁さんも僕も「Bランチ」をオーダー。 ちなみに、辛さは5段階から選べます。

オーダーを取ってくれた女性店員さんに尋ねてみると、1辛で日本の中辛程度、

5辛になると自分でも食べられないとの事。(笑) お勧めの2辛にしてみました。

Menu

 

暫くして出てきた「サラダ」、「なすの唐揚げ」、そして「チキンティカ」... ん?

明らかにサンマじゃし。 それに、お店の方も「コレ サンマね!」って言ってるし。(笑)

と同時に、お箸を割って渡してくれました。 サービス満点じゃな。 って、過剰サービスじゃ。(汗)

Plate

 

その後に出てきた「ナスとタマネギのカレー」。 と、説明してくれた女性店員さんの

向こうの方から「ジャガイモモ ハイッテルヨ!」って声が飛んできました。(笑)

2辛って事で、そんなに辛くありませんでした。 3辛でもOKだったと思います。

Curry

 

カレーのすぐ後に出てきた焼き立ての「ナン」。 長手方向で、軽く50cmあります。

ふわっとした生地で、甘みもあって、こりゃおいしい。 カレーによく合いますね。

Nan

 

食事の途中で突然出てきた「ラッシー」。(笑) ちょっとタイミングが...(汗)

Lassi

 

このお店は元々喫茶店かスナックの跡地みたいで、『ガネーシャ』さんより、お店の

雰囲気としては落ち着ける感じです。 一風変わった接客も、お国柄と思えば、全く

問題ナシですね。(笑) 美味しかったです。 マタ、キマスネ~!

| | コメント (2)

2009年6月 8日 (月)

シーフードヌードル ライト

実は1週間程前からダイエット中だったりします。 今回は順調に体重が減ってて、

ストレスも、それほど感じていません。 そんな僕のお昼ご飯を支えてくれてるのが

日清食品から新発売の「シーフードヌードル ライト」です。

Cup

 

元々、カップヌードルシリーズでは「シーフード」がお気に入りだもんで、ライトでも

スタンダードじゃなくて、「シーフード」で決まりです。 お味は、食感もお味自体も

ライト感覚。 でも、極端に物足りなさを感じる程ではありません。 逆に、これで

200kCalを切ってるってのは驚異的かもしれませんね。 こりゃ、なかなか。 

Noodle

 

手首が折れそうになりながら、デジイチで「にゅ~~~ん」。

Nyuuun

 

これだけじゃ栄養が偏っちゃうんで、マルチビタミン&ミネラルを摂取しています。

そして、タンパク質補給にプロテイン、ストレス解消に芋焼酎もね。(笑)

今回の目標体重は、ブログを始めた頃の6○kg。 さて、思惑通りになるんかな?

| | コメント (4)

2009年6月 7日 (日)

我が家にスズメがやってきた。 そして...

昨日の朝、日課の次男・三男との散歩に出かけた直後、我が家の車庫の辺りから

ピーピーと騒がしい(けたたましい?)スズメの鳴き声が聞こえました。  

「なんじゃろ?」と近づいてみると、親鳥と思われるスズメと、それより一回り小さな

スズメのヒナがいました。 どうやら、ヒナが巣から落ちちゃったみたいです。

ヒナはバタバタ飛ぼうとはばたくんだけど、まだちょっとしか飛べないみたい。

「こんなところにいると、車に轢かれちゃう。」と、我が家の庭に一時避難させました。

 

子供の頃から、「スズメは飼えないもの」と思い込んでたんで、困ったときのネット

頼みとググってみると...結構、同じような体験をされてる方がいるみたいで、

しっかり育ててる方もいらっしゃるみたいです。 でもね、結構大きくなってるし、

やっぱり親元が一番じゃろと、近所の草むらに離してあげました。

 

数時間後、気になって気になって、その草むらに行ってみると、離した場所から

数メートル先に、まだいるようです。 意を決して、うちに連れて帰りました。

ネットで仕入れた情報で、ダンボール箱にティッシュをたくさんいれて、その中に

一時すんでもらう事にしました。 愛くるしい姿でしょ。 放っとけないでしょ。

Hina

 

とりあえず、お水とご飯を食べさせなきゃ!と、スポイトを買ってきて、ゆで卵と

ふやかしたドッグフードを与えました。 最初は、なかなか食べなかったんだけど、

次第に自分から食べるようになりました。 こりゃ、一安心。 ホント、小さいでしょ。

Esayari

 

その日のお昼、このヒナがいた辺りで、同じくらいの大きさのヒナが死んでました。

うちが保護したヒナの兄弟だと思われます。 こちらは、運悪く亡くなったみたいです。

そのままじゃ可愛そうなので、うちの庭に埋めてあげました。 しかし、この子たちの

親は、家を建てる場所を根本的に間違ってるみたいじゃな。 もう、だめじゃが!

 

玄関においたダンボール箱の中からは、「ピーピー」を大きな声がしています。

元気みたいで、よかったよかった。 すると、その声は親鳥を呼んでたみたいで、

玄関にある出窓に、餌をくわえた親鳥が飛んできてました。(驚) 親鳥に返して

あげたいんだけど、巣に戻す事は不可能だし、外に出しっぱなしだと、近所の

猫にやられちゃうかもしれないし、思案した挙げ句、無視する事にしました。

夜もしっかりご飯を食べたんで、すっかり安心して寝させませた。 おやすみ~!

 

 

 

今朝、エサを与えようと、ダンボール箱を覗いてみると...ちっちゃな体が

冷たくなってました。 ゴメンね。 救えなかった。 ホント、ホントにゴメン。

今から思うと、「あーすればよかった」、「こーすればよかった」と後悔が山積み。

何より、「ご飯を食べたから大丈夫じゃろ」、慢心に溢れた自分が許せません。

せめてもと、兄弟のすぐ横に埋めてあげました。 あっちの世界で、兄弟仲良く

はばたいて下さい。 短い間だったけど、ホントありがとね。 ぴぃちゃん!(涙)

|

2009年6月 5日 (金)

リストランテ・ステリーナ

ランチをいただこうとあるお店に行ってみましたが、残念ながら定休日。 街中近く

だったんで、城下周辺にあるイタリアンレストランを目指しました。 市民会館前の

コインパーキングに車を停めると、嫁さんが「先に行ってるね~!」と、一足先に

行っちゃいました。 「『タ○ーラ・タパス』ってお店だからね~!」と声をかけてから

駐車チケットをフロントガラスに貼って、少し遅れてお店に到着しました。

 

いつも通り、お店の外観とメニューをパシャして、少々狭いお店に入ると...

いるはずの嫁さんがおらんがな。(汗) お店の方も、「お一人で来られた方は

いませんが...」と困惑気味。 一旦、お店を出て携帯に電話をかけてみました。

そこからの2人の会話をご覧下さい。

 

 び 「どこにいるん?」

 嫁 「もう、お店に入ってるけど。」

 び 「えっ? お店に入ってみたけど、おらんかったよ。 どういうお店にいるん?」

 嫁 「ス... 『ステなんとか』ってお店。 ...読めんし。」

 び 「分かった。 『ステリーナ』さんね。 なんじゃそりゃ。(笑)」

 

と、嫁さんの早合点で伺った『リストランテ・ステリーナ』さん。 嫁さんは、この白い

外観を見て、いつかは行ってみたかったんだって。 ホンマかいな!?(笑)

Tatazumai

 

この日のメニューはコレね。 慌ててるとき、高速連写は勝負が早くて助かるわ。

Menu

 

入店すると、テーブル席に座った嫁さんは、笑いを必死に堪えている様子。(汗)

笑ってる場合じゃないでしょ! さっきのお店で、恥ずかしい思いをしたんだから。

 

テーブル席に座るや否や、「お決まりでしょうか?」と店員さん。 メニューの確認も

そこそこに「ステリーナランチ」をパスタでオーダーしました。 よくよく見ると、ピザも

捨てがたかったみたい。 厨房には石釜もあるみたいじゃし... 無念じゃ。

 

暫くして出てきた「フルーツと野菜のサラダ」。 フルーツトマトがとっても甘かった。

Salad

 

「自家製フォカッチャ」。 まあまあでしょうか?

Bread

 

「ボンゴレビアンコ ネギのソース」。 甘さのあるネギソースは、ちょっと珍しいな。

大ぶりのアサリは、ご覧の通りテンコ盛り状態です。 こりゃ、なかなか。

Pasta

 

「デザートの盛り合わせ」ね。 手前から「紅茶のジェラート」、「イチゴのムース」、

「ブラックチェリーのケーキ」、「カスタードプリン」。 

Dessert

 

コーヒーをいただいてホッと一息。

Coffee

 

ドタバタしちゃって、平常心でいただけなかったせいか、お味をあんまり覚えて

ないんよ。 今度は落ち着いて来ようかな。 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (6)

2009年6月 4日 (木)

アンリュール

今日は、少し前のお話しを。 朝から口がカレーになってたこの日、嫁さんに

「カレー、食べに行かない?」と尋ねると、「え~、カレーって気分じゃないし!」

って返事が返ってきました。(汗) そう言えば、あのお店だったらカレーもあるし、

他にも選択肢がたくさんあるぞ!と伺った『アンリュール』さん。 お久しぶりです。

Tatazumai_3

 

こちらのお店の正式名称は『ベーカリーカフェ・アンリュール』。 店内の一角には

ベーカリーショップがあるし、バイキングスタイルで自家製パンをいただけます。

でもね、バイキングは危険なんよ。 この日も、この一皿で終わらんかったし。(汗)

Breads

 

嫁さんがいただいた「サゴシとホタテのムニエル 香味野菜ソース」。 皮目が

サックリ焼かれたサゴシは、タンパクで美味しかったそうですよ。

Fish

 

僕がいただいた「春野菜の彩りカレー & ローストポークのサラダ」。 見るからに

ヘルシーなワンプレートじゃ。 右も左も、野菜がテンコ盛り。(笑)

Curry

 

カレーのUPをどうぞ。 辛さは控えめで、甘口と中辛の中間くらいだったかな?

美味しかったんだけど、カレーにほとんど具が入ってなかったんが、ちょっと残念。

Curry_up

 

デザートの「いちごムースのケーキ」。 コーヒーといただいてホッと一息。

Dessert

 

肩肘張らずにランチをいただけるお店です。  オープンカフェもあって、そこなら

ワンちゃん連れのお客さんもOKです。 美味しかったです。 また来ますね~!

| | コメント (2)

2009年6月 3日 (水)

岡崎出張 3日目

最近、暴飲暴食のせいで、絶賛増量中。(滝汗) 今回の出張でも、あちこちで

やらかしてしまいました。 最終日のお昼は、反省の思いを込めて蕎麦屋さんに

伺う事にしました。 この記事で触れた、とあるブログで蕎麦ランキング1位の

お店、『口福』さんです。 さて、どんなお蕎麦が待ってるんでしょうか?

Tatazumai_2

 

おっ、十割蕎麦があるようです。 十割蕎麦は、恐らく初体験です。 わくわく!

Fuda

 

メニューはコレね。 「お昼のランチ」をプラス300円で、十割蕎麦にアップグレード。

Menu

 

暫くして出てきたんがコレね。 とっても、美味しそうじゃわ~。

Zentai

 

すっごく綺麗な十割蕎麦。 「蕎麦の香りって、これなんじゃ!」と、はっきりと

分かる上品な蕎麦でした。 って、蕎麦を語れる程の器ではないんだけどね。(汗)

Soba

 

あっちゃ~、反省のつもりだったのに、揚げ物テンコ盛りの「天丼」じゃ。(汗)

でもね、やっぱり揚げたての天ぷらは美味いわ。 もう、間違いなしじゃ。

Tendon

 

〆は、とろっとした蕎麦湯で! ふ~、至福の時じゃった。 絶品蕎麦で大満足!

Sobayu

 

現場とホテルの往復だけじゃない、こんな充実した出張もたまには嬉しいね。

仕事もバッチリだったし。 岡崎が、好きな街になりました。 また、来ますね~♪

| | コメント (4)

2009年6月 2日 (火)

岡崎出張 2日目

岡崎出張2日目の夜は、宿泊先の近くにある『総本家 備長扇屋』さんに伺いました。

3年ほど前に1度伺ったんだけど、お持ち帰りの待ち時間が30分もかかるって事で

断念しました。 「前もって電話しとけばよかった...」と、後悔先にたたずでした。

という事で、3年ぶりのリベンジですね。 それにしても、煙が凄いんですけど。(汗)

Tatazumai

 

家族連れもたくさんいる、賑わった店内で独りってのは、ちょっと切ないんで、

ホテルに持ち帰りました。 心置きなく飲めるし、力尽きても問題ないしね。(笑)

 

まずは、「手羽先」、「せせり」、「焼き鳥(塩)」の盛り合わせ。 ホテルの食堂から

お皿を拝借してきました。(笑) 愛知県にしては、全体的に大人しい味付けでした。

Sio

 

次は、「焼き鳥(韓国風タレ)」。 塩の方が、鶏の味がしてて好みじゃな。

Tare

 

これは外せない「どてかつ」。 味噌ダレが、名古屋してるだぎゃ~。(で、いいん?)

Misokatsu

 

「野菜も摂らんとね~」と、コンビニでゲットした「たっぷり白菜漬」。 比較する物が

ないんで分からんけど、20センチ四方はあるんよ。 他の地区では見かけんな。 

Tsukemono

 

こんな肴をアテに、この夜もしこたま飲んじゃいました。(笑) 明日も早朝から

現場です。 それでは、そろそろ、おやすみなさい。 で、明日は何食べよ?(笑)

| | コメント (2)

2009年6月 1日 (月)

岡崎出張 1日目

出張続きなんだけど、今回の岡崎出張は楽勝コース。 たまには、こんな出張が

あってもバチは当たらんじゃろ。 先日、nyankoセンセに、「岡崎に行くんです」って

話したら、「岡崎には美味いうなぎ屋さんがあるらしいよ!」って情報をいただき

ました。 さすが、nyankoセンセ! 県外にまでアンテナを張り巡らしてるようです。

その情報源の、とあるブログを教えてもらって、「どうせ行くんだったら!」と、その

ブログで、うなぎランキング1位の『川安』さんに伺いました。 やっぱ行列じゃ。(笑) 

Tatazumai

 

メニューはこんな感じです。 一番高い「長焼定食」と「うな重」が2000円也!

うなぎ屋さんにしては良心的だと思います。 「きも吸」なんて100円だし。(驚) 

Menu

 

そりゃそうと、お店の周りは香ばしいうなぎの香りで一杯です。 どうやら、ここが

発生源。 この煙で、ご飯が食べられそうだけど、折角だから、お店に入ろっと。

Smoke

 

あらかじめ決めておいた「うな重」を注文しました。 注文を受けてから焼くようで、

15分くらい待ちました。 店内もいい香りが充満してて、この15分の長かった事。

待望の「うな重」がコレね。 ぐはっ、メチャ美味しそう~。 こりゃ、たまらんわ!

Zentai

 

「きも吸」はとっても上品なお味、「きも」は大人の苦味でイイ感じ~。

Kimosui

 

「うな重」のUPをどうぞ。 炭火で焼かれたうなぎは、外はさっくり、中はふんわり。

初めて食べた食感です。 恐らく、うなぎ自身の脂で、表面が揚げたようにカリッと

してるんじゃないでしょうか? 臭みは皆無だし、甘すぎないタレも絶妙のお味。

それに、ボリュームも十二分と来たら、こりゃ非の打ち所が全くありませんな。

Unagi

 

もともと、うなぎは好きなんだけど、今まで食べたうなぎとは次元が違うようです。

あ~あ、うなぎのハードルを上げちゃったよ。 これからは、そんじょそこらの

うなぎでは満足できない体になってしまいました。(汗) まだ見ぬ美味いモンは

全国各地にたくさんあるんだろうな。 長生きせんといけんな、こりゃ!(笑) 

| | コメント (6)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »