« アンジェラ・アキ Concert Tour 2009 ANSWER in 福山 | トップページ | ステーキハウス 志ほ味 »

2009年6月14日 (日)

小正醸造 蔵の師魂 原酒

「おいしい芋焼酎はないかな~」と、ネットサーフィンしてると、あっちこっちのサイトで

「原酒は美味い!」と書かれてます。 芋焼酎の原酒とは、蒸留後、割り水をせず、

そのまま瓶詰めされた物を言うらしいんだけど、「これが原酒!」ってのを飲んだ

記憶がないんだよね。 今回、「小鶴」で有名な『小正醸造』さんの「蔵の師魂」の

原酒を手に入れました。 ちなみに、「小鶴」の3倍のお値段です。(汗)

Omote

 

ちょっと見えづらいけど、アルコール度数は36度です。 これは危険です。(笑)

Ura

 

それでは、恒例の...「びっとさ~ん チェ~ック!」

 【原材料】   さつま芋(黄金千貫)、米麹(黒麹)

 【香り】       おっ、清々しくて濃厚な芋の香りがなかなかいい感じ。

 【芋らしさ】    それほど芋っぽさを感じません。 ぐふっ、むせた。(笑)

 【口あたり】  36度はやっぱりきついんだけど、舌を刺す感じではありません。

 【飲み易さ】   もったいないけど水で割ったら、こりゃ飲みやすい焼酎じゃ。

 【総合評価】 そうか、これが原酒なんじゃ。 こりゃ濃厚で面白い味わいじゃ。

 

割り水をしていない分、芋の旨みも濃厚なのが原酒の特徴のようですね。

「蔵の師魂」は上品な味わいの焼酎だけど、原酒はアルコール度数が高い分、

迫力がありますね。 この原酒ならではの味わいを楽しむには、絶対にロックで

いただくのをお勧めします。 むせちゃうけどね。(笑) 気になる方は是非どうぞ!

|

« アンジェラ・アキ Concert Tour 2009 ANSWER in 福山 | トップページ | ステーキハウス 志ほ味 »

芋焼酎」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。