« SAKANA食堂 【お持ち帰り編】 | トップページ | ラーメン浜 »

2009年7月17日 (金)

ピクニックレストラン 円山店

ダイエット生活も終盤に入りました。 目標体重まで、あと1.5kgです。 この時期に

入ると、時々ガッツリ目の食事を挟んだ方がいいみたいです。 ダイエットで飢餓感を

感じた体は、カロリーを少しでも摂取しようとしています。 飢餓感をじわっと抜きながら

目標体重にソフトランディングしようって魂胆です。

 

とまあ、言い訳はこのくらいにしてっと!(笑) 多忙な日々と、不規則な食生活で

心身ともにボロボロだった頃、ossyanとこの記事を見て、「あのカツ丼、落ち着いたら

絶対に食べるぞ!」と心に決めていました。 ようやく、その日が訪れました。

 

昔話ですが、学生の頃、研究室の連れと、今は亡き『ピクニック 花尻店』さんに

時々行ってました。 その当時、いっつも注文していたんが「特製カツ丼」です。

「十年ひと昔」っていうくらいだから、かれこれ「ふた昔」も前の事になります。(笑)

Tatazumai

 

早速、「特製カツ丼」を注文し、10分程度で出てきました。 こんな風に定食風に

お盆に乗ってきてたっけ? 少なくとも、お箸は銀製の鹿の箸置きに置かれてた

はずです。 まあ、細かい事は置いといて、やっぱりうまそうじゃ~。 

Zentai

 

UPをどうぞ。 僕の中では「カツ丼」と言えば、玉子でとじるタイプなんだよね。

岡山では「ドミカツ丼」が有名だし、岡山市民の方はそうなんかもしれんけど、

元々倉敷市民の僕は、断然こっちなんだよね。

Katsudon

 

カツは、肉厚のロースだと思われます。 硬過ぎない程度に歯応えがありますね。

Up

 

今食べると、結構なボリュームがあります。 お味としては、記憶にあるんと、ほぼ

一緒です。 刻み海苔も懐かしさたっぷりです。 しょっちゅうは食べられないけど、

ガッツリ行きたい時にはもってこいですね。 旨かったです。 また来ますね!

|

« SAKANA食堂 【お持ち帰り編】 | トップページ | ラーメン浜 »

洋食」カテゴリの記事

コメント

僕は両刀使いですね。家では卵とじ街中ではドミグラスって感じですかね。まぁでも街中のカツ丼って言えば学校の帰りとかに寄っただてのドミ+生卵っていうのが一番多かったのでハイブリッドってな感じなのかも・・・。

投稿: 斉藤 | 2009年7月17日 (金) 10時51分

>斉藤さん
いらっしゃいませ♪

これまた、ふた昔前の話しです。(笑)
天満屋バスセンターの2階に、丼物専門のお店があって
そこで初めて「ドミカツ丼」をいただきました。
注文した僕は、出てきたんを見てビックリ!
カツの上にドミグラスソース、その上にグリーンピース。
食べてみて、輪をかけてビックリ!
頭の中にある「カツ丼」とのギャップが激しすぎて、
お世辞にも美味しいとは思いませんでした。

その後も『だて』、『やまと』、『野村』なんかで再挑戦
するものの、ことごとく返り討ちにあいました。(笑)

「ドミ+生卵」って、何処かで食べた気がします。
あれは、出張先だったっけ、それとも岡大の裏だったっけ?

そうそう、文中の「ソースカツ丼」は「ドミカツ丼」に
訂正させていただきました♪

投稿: びっとさん | 2009年7月17日 (金) 13時33分

あぁ~っ 悩ましいがぞうじゃ・・・
ワシはドミカツ丼を知ったのはハタチをとうに越えてたな

>カツの上にドミグラスソース、その上にグリーンピース

ワシの場合カツとご飯の間に千切りキャベツ・・・
口が完全に卵とじになっとったので なだめてもすかしても
トホホじゃった思い出が
天満屋の向かいのぎんざやの上に山陽と言う安い食堂でよく卵とじカツ丼を食べた・・・50円位だった記憶が
『いつの時代だよ!!』 メキシコオリンピックの頃

投稿: ossyan | 2009年7月17日 (金) 16時16分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

「カツとご飯の間に千切りキャベツ」、これもキツイですね。
そもそも別盛りだったんを、一緒くたにしたようで、正直
抵抗がありますね。
カツとご飯の熱で、しんなりしたキャベツも少々切ないです。
やっぱり、カツ丼は玉子とじに決まりでしょう!

「メキシコオリンピック」、ググッてみました。
僕が1歳の頃なんで、「よつ昔前」ですね。(笑)

投稿: びっとさん | 2009年7月17日 (金) 21時04分

ありゃりゃ~
デミかつ&ソ~かつ丼の旗色が よくないぞ~
岡山の昭和40年代は (ソ~かつ丼は別ですが) 岡山の食堂 カツ丼混雑状態だったと思います
しかも 今みたいに 情報なかったので 行きあたりばったり で ビックリするんです
わたしのデミかつ丼初体験は 岡山駅地下街のレストラン
その後 野村食堂でいただきました 先代のやまとさんでもいただきました
山陽さんでもいただきました
ワシは どれも好きなんです

カツ 飯 万歳

投稿: win | 2009年7月17日 (金) 22時25分

>winさん
いらっしゃいませ♪

元々、岡山市育ちのwinさんには「ドミカツ丼」は馴染みの
ある食べ物なんでしょうね。
僕は18歳の頃のデビューですんで、多分食に対する概念が、
それなりに確立されてしまってたんだと思います。
正直、未だに微妙なんですよ。(笑)

「ドミカツ」や「ソースカツ」って単品でも確立しますよね。
ドミは粘度があるし、カツの衣はソースを充分含みます。
でも、「玉子とじ」をカツと一緒に食べるのは難しいです。
もちろん、「カツ皿」ってのもありますが、僕的には疑問です。
ご飯と一緒に一口で食べ辛い物を、オンザライスする事で
食べやすく、かつ相乗効果で美味しくしたんが「玉子とじ」の
カツ丼かと思います。

また、「玉子とじ」の場合、ご飯におつゆが染みてます。
これも大きなポイントではないでしょうか?
「ドミカツ丼」や「ソースカツ丼」では、ご飯がほとんど
白飯の状態だと思います。
「うな丼(うな重含む)」や「天丼」も、乗っている具だけ
ではなく、タレとご飯の融合も楽しみの一つですよね。

それと、ossyanも書かれているようにキャベツの千切りが
同居するのが、個人的にどうにも受け付けないんです。
熱でしんなりしたキャベツの千切りより、ドレッシングか
何かがかかったキャベツを食べたいです。
よく、ワンプレート感覚でカレーの横にサラダを盛ってある
お店がありますが、僕としてはNGです。
カレーはカレー、サラダはサラダで盛り付けて貰いたいです。
「洗い物を減らしたいんじゃろか?」と穿って見ちゃいます。

は~、は~、朝っぱらから熱く語ってしまいました。(爆)
でもね、「トンカツ」は豚肉の食べ方としては、最良の
調理方法の一つだというのは間違いないですよね。
最後に揺ぎ無いこの言葉で〆させて下さい。

 『トンカツ、サイコ~♪』

投稿: びっとさん | 2009年7月18日 (土) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SAKANA食堂 【お持ち帰り編】 | トップページ | ラーメン浜 »