« 秋季練成ソフトボール大会 【試合前】 | トップページ | 旬彩 菜の花 »

2009年10月27日 (火)

秋季練成ソフトボール大会 【試合後】

出張で、記事のUPが遅くなっちゃいました。(汗) ossyan、nyankoセンセ、winさんへの

コメント返しで最終結果はご存知だと思いますが、あらためて日記にまとめてみますね。

 

この秋季練成ソフトボール大会は、岡山市内で開催されるソフトボールの大会で、

最も大きな大会です。 集まったのは、なんと40校。(驚) いつもながら圧巻じゃ!

Opening

 

我がチームの6年生のピッチャーですが、前週の練習試合の結果が不調という事で、

なんと我が長男が先発になっちゃいました。(汗) 力足らずですが、親としてできる

限りバックアップしなくちゃと、平日も早く家に帰ってピッチング練習に付き合いました。

Pitching

 

試合相手は、南区の大会で優勝するくらいの強豪校です。 実は、5月に対戦した際、

ボコボコにやられた相手なんです。(汗) 肝心の試合ですが、1回表に2失点、その

裏の攻撃では、零封。 忘れられない魔の2回表、ガチガチになった我がチームは

エラーを連発し、それに耐えかねた長男は悔しくて泣き出す始末。(汗) このパシャは

7失点しながらも、何とかスリーアウトを取って円陣を組んだ時のものです。 号泣する

長男にチームメイトは近寄れません。 左下の背中は、初登場のびっとさんです。(笑)

Crying

 

4回、5回に計5点を返すものの、今回もボロ負けでした。(涙) 5年生と6年生の

差をまざまざと見せ付けられました。 でも、負けた事で、たくさんの課題を得ました。

この試合から帰って、しっかり暗くなるまで練習をしました。 確かに、試合に勝ったら

嬉しいけど、負けて課題を見つけて練習するのも、とっても有意義だと思います。

その結果が次に繋げられたら最高に嬉しいです。 夢にときめけ、明日にきらめけ♪

|

« 秋季練成ソフトボール大会 【試合前】 | トップページ | 旬彩 菜の花 »

ソフトボール」カテゴリの記事

コメント

>夢にときめけ、明日にきらめけ

まったく その通りですね
悔しさこそが成長の原動力じゃね・・・

 

投稿: ossyan | 2009年10月27日 (火) 22時25分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

子供たちへの思いを『ROOKIES』の言葉を借りて表現してみました。
ソフトボールと野球は共通点が多いので、本当に心に響きます。
とはいえ、『Rookies』を観た事はないんですが。(汗)

投稿: びっとさん | 2009年10月28日 (水) 07時58分

うんうん そうかな そうかな
ご長男くん くやし涙を 。。。

悔しいときの涙。ヤッタ~ッの笑顔。
わたしのチョー身近な元野球少年のあの頃を、
しんみりと思い出しました。

本人にとっても、そしてオトナ達にとっても、
いまも素敵な思い出です♪

投稿: nyanko | 2009年10月28日 (水) 09時34分

>nyankoセンセ
いらっしゃいませ♪

泣き始めたのを見て「打たれたのが悔しいんだろうな」と
思い込んでたんですが、試合後に尋ねてみると、自分では
打ち取った打球をエラーするチームメイトへの不信感と、
そのエラーした子供からの「ピッチャー、楽に!」の声に
腹が立って泣いてしまったそうです。

ソフトも野球も9人対9人で試合をするものです。
その時の長男は、17人対1人で闘ってたみたいですね。
そりゃ、勝ち目はありませんし、涙も出るってものです。

でも、エラーをするチームメイトも仲間なんだと諭しました。
自分が取り易いゴロを打たせるピッチングをすれば、バックも
エラーはせず、結果的に勝てるんだって教えました。

本人は納得していたみたいで、また練習の日々が始まります。
もう試合中には泣かないって約束しました。
nyankoセンセのチョー身近な元野球少年の軌跡を辿ります。
長男も僕も、今をとっても満喫していますよ♪

投稿: びっとさん | 2009年10月28日 (水) 21時59分

ソフトボールを学ぶのか?
ソフトボールで学ぶのか?

長男君 相当実のあるものを得た大会だったようですね
トーナメントである以上 頂点に立つチームのみが 無敗
それ以外のチームは必ず負けるときがくる これ必定
何千というチームが参加する大会でも 必定
その来るべき負けを いかに自分たちの実にするのか
これがチームの強さになるのだと思います
たとえ 自分たちの代で成し遂げることができなくとも
次の いや その次につなぎ渡してゆく伝統も
そういう形でできてゆくのだと思います
それが チームの重さ 強さ だと思います

私の好きな 高校野球
これから3月までは高野連ルールにより
間もなく始まる1年生大会後は 
練習試合も禁止の期間になります
でもね 高校野球愛好家には この冬の期間の選手の頑張りが興味深いです
試合に負けても 自分に打ち勝ってる子ども達をみると
力がわいてきますよ

長男君 楽しみですね

投稿: win | 2009年10月28日 (水) 22時50分

>winさん
いらっしゃいませ♪

僕自身、子供の頃に田んぼで野球の真似事をしていた位で、
プロ野球や高校野球に熱を上げる程ではないんです。
実はいまだにそうで、「結果が分かればいいかな?」って
程度なんですよ。
こんな僕が長男のソフトボールに、これほど入れあげるとは
予想だにしていませんでした。(笑)

先だっての試合の後、「試合は独りでやってるんじゃない」
って事を、監督や僕から懇々と伝えました。
自分が打たれようが、チームメイトがミスしようが、それは
個人の結果であって、そんな事はどうでもいいんだと。
チームが一丸となって元気な試合をするのが大切で、その
結果として勝てたらみんなで喜びを分かち合うんだと。
そのためには、個人個人がみんなのために、しっかり練習して
頑張らなきゃいけないんだと。

長男は神妙に聞いていましたし、理解したようでした。
技術的な課題も見つかり、実りの多い試合だったと思います。
その数分後、チームメイト達と声を上げて遊んでました。(笑)

投稿: びっとさん | 2009年10月29日 (木) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋季練成ソフトボール大会 【試合前】 | トップページ | 旬彩 菜の花 »