« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月17日 (火)

ナイフとフォーク

僕が初めてナイフとフォークで食事をしたのは、小学5年生の頃、貯金を題材とした

ポスターが入選し、岡山一番街に展示された日の事だったと記憶しています。

 

両親、弟と僕の家族4人で、展示されたポスターを見に行き、記念写真を撮った後、

一番街のとあるレストランで食事をいただく事になりました。 もちろん、お店の名前は

覚えてないけど、竹久夢二の絵が飾られてたのが印象に残っています。

 

「なんでも食べていいよ!」との母の声に、メニューをあれこれ見てる僕の横で、父が

「Aセットでええわ」なんて言ってました。 正直、何がどんな料理だかよく分かんない

幼い日の僕は、「じゃあ、僕もAセット!」って答えました。

 

それから暫くして出てきた料理の内容は覚えていませんが、お箸ではなくナイフと

フォークが添えられていました。 「びっと! そう言えばナイフとフォークでご飯を

食べた事がないな。 こんな風にやるんじゃ!」と、父と母が教えてくれました。

もちろん、いきなり上手に使える訳も無く、苦労しながらフォークの背にご飯を

乗せて何とかいただきました。

 

その日から、家では、お茶碗じゃなくて平皿にご飯をよそってもらうようにしました。

今まではお箸しか使った事がなかったのに、ナイフとフォークを使う事が新鮮で、

楽しくて仕方なかったんだと思います。

 

ご飯だけでなく、何でもナイフとフォークを使いました。 そんな中でも一番のヒットが

「お好み焼き」でした。 学校が半ドンの土曜日、母はよく「お好み焼き」を焼いて

くれました。 ヘラが押し切るのと比べて、フォークを刺して固定する分、とても

うまく切れるんです。 それに、口に運ぶ際にも、ヘラのように口の端に当たる事も

ありません。 自分では、「これは画期的じゃ!」と自画自賛している横で、母は

「びっと、ほんまにアホじゃな~」って、呆れながらも笑っていました。

 

そんな母が、去る11月13日、享年69歳の若さで永眠しました。 ここ半年ほど、

患っていたんですが、やっと苦痛から解放されて天国へ召されました。

 

僕自身も、できる限りフォローしたつもりですが、足りない点も多分にあったかと

思います。 そんな母の事が頭から離れず、何度ブログを辞めようと思ったか

知れません。 でも今日まで続けられたのは、こちらをご覧の方々のおかげです。

 

勝手を言って申し訳ないですが、暫くお休みさせていただきます。 気持ちの整理が

付いたら、また帰ってくるつもりです。 山口百恵さんが引退の際、マイクを置いた

ように、僕もナイフとフォークを一旦置きます。 あっ、もちろんクロスでね。(笑)

 

今まで応援して下さった皆さん! 本当にありがとうございます。 また逢う日まで♪

そりゃそうと、びっとさん! 「今日はどちらへ?」

|

2009年11月11日 (水)

Le Vert

この日は、朝からお口がフレンチをしてました。 「お昼はフレンチがいいな~」と

思ってたら、嫁さんから「Le Vertに行かない?」ってメールが入りました。 長年、

一緒に暮らしてると、考える事も似てくるんかもしれんですね。

 

この日のメニューはコレね。 個人的には、お肉気分だったんだけどね。(汗)

Menu

 

まずは「レンズ豆のポタージュスープ」。 こちらのポタージュスープは、バリエーション

に富んでて、一度として同じ物をいただいてないように思います。 これも美味いわ!

Soup

 

今日はバゲットじゃないみたいです。 かわいらしい姿のパンですな。

Bread

 

メインの「海の幸のクレープ包み サフランとペルノー酒風味のソース」。 色合いが

とっても「秋」してます。 ソースもたっぷりで、スプーンですくっていただきました。

Pie

 

パイ包みを割ってみると... まずは「カキ」を発見! やっぱり「秋」してますわ!

その他にも、イカ、ホタテ、白身魚などなど、魚介がテンコ盛り。 どちらかと言えば

見た目の華やかな印象とは違って、野趣あふれる味わいでした。

Pie_up

 

食後のコーヒーをいただいてホッと一息。

Coffee

 

この日は幼稚園のママさん方と思われる団体さんもいらっしゃって、お店は満員状態。

お客さんで賑わってて、こちらも嬉しくなります。 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (4)

2009年11月10日 (火)

麺屋 哲

この日は朝から寒くて、風も強い一日でした。 体の芯から暖めるにはラーメン!と

伺った『麺屋 哲』さん。 今では中仙道店、倉敷店と3軒ありますが、この富浜店は

一号店です。 そう言えば、この建屋は、『麺屋 哲』さんになる前も、ラーメン屋さん

だったはずです。 昨日の事を思い出せない僕ですんで、店の名前も忘れましたが。

Tatazumai

 

店内のメニューはこんな感じです。 基本の「名物哲そば」をオーダーしました。

「お得なラーメンセット!」って、口を突いて出そうなのを、グッと我慢しました。(笑)

Menu

 

暫くして出てきた「名物哲そば」ね。 僕の頭にあったイメージとは微妙に異なります。

確かめてみると、「中仙道店」さんとは、見た目も少し違うみたいですね。

Ramen

 

麺は黄色がかった中細のちょい縮れ麺。 スープは、「鶏をしっかり炊きましたよ」って

お味です。 でも、中仙道店よりも少しライトな感覚かな。 こりゃなかなか。

Ramen_up

 

ライトに感じたせいで、スープの大半を飲み干してしまいました。 だめじゃが。(汗)

でも、そのおかげで、体の芯からほっかほか。 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

坂出で打合せ 【その3】

お客さん曰く、「最近、香川で話題のうどん屋さんがあるんだけど行ってみますか?」

との事。 「そりゃ喜んで!」と伺った『長楽』さん。 既に満腹だったんだけどね。(笑)

Tatazumai_3

 

話題のネタとは、「鉄腕DASH」の「ソーラーカー・日本一周ひとふで書きの旅」で

TOKIOのリーダー城島君と松岡君、そしてだん吉君が立ち寄ったってお店って

事のようです。 店内には、チラシも飾ってありました。 たしか僕も見たはずです。

Tokio

 

肝心のうどんは、讃岐うどんとしては細めでした。 コシもお出汁も控えめで、やさしい

おうどんでした。 どうしても、先の2件と比べちゃうから、相手が悪いわな。(汗)

Udon_3

 

都合、3玉しっかりいただいちゃいました。(笑) お腹も満腹を超えちゃったけど、

頑張って客先に行かなくちゃね。(めんどくさいけど) やっぱり、讃岐は最高ですね♪

| | コメント (4)

2009年11月 7日 (土)

坂出で打合せ 【その2】

『彦江製麺所』さんを後にして、向かった先は、とあるセルフうどんのお店。 しかし

残念ながら、臨時休業だったみたい。(汗) それでは!と伺った『がもううどん』さん。

前回伺ったのは、3年ほど前。 僕のブログではお初だけど、確か4回目くらいかな?

Tatazumai_2

 

お客さんは、20人くらいだったはずです。 お昼時の『がもううどん』さんとしては

これでも少ないくらいですね。 そんなに待つ事もなく、いただく事ができました。

 

「小(1玉)」に、ついつい海老のかき揚げをトッピング! 麺が見えてないし。(汗)

適度なコシの麺に、やさしいお出汁。 そうそう、こんなんじゃった。 こりゃ旨いわ!  

Udon_2

 

お客さん! はずみで天ぷらを乗っけちゃったもんだから、もう満腹で動けません。

えっ? もう一軒いっちゃうんですか! 喜んで、お供致しますです、はい♪(汗)

 

<To be continued>

| | コメント (4)

2009年11月 6日 (金)

坂出で打合せ 【その1】

昨日は坂出で現地調査、兼打合せがありました。 エンドユーザさんのところに

伺うのは14時なんだけど、坂出駅でお客さんと合流するのは12時前。 その

2時間が何を意味するか、こちらをご覧の方々には察しが付くと思われます。(笑)

 

まずは、マリンライナーの車窓から。 ちょっと薄曇りの天気だったんよ。

Landscape

 

お客さんと合流し、まず最初に向かったのは『彦江製麺所』さん。 何と言っても

このお店は外せない一軒です。 閑散として見えるけど、建屋の中は、お客さんで

ごった返してるんよ。 同行しているお客さんも一番好きなうどん屋さんだそうです。

Tatazumai

 

相変わらず、ベッピンさんのうどんにうっとり。 丁度、僕の前でロットが終わったんで、

釜から上げ立てだったんよ。 「釜上げで下さい!」って、喉まで出かかったんだけど、

大人しく、きっちり水でしめたのをいただきました。 やっぱり、このお出汁は最高♪

Udon

 

お客さん! やっぱり、『彦江』はたまりませんね。 こんなうどんを毎日食べられる

四国の方が羨ましいです。 マジで、引っ越そうかな? そりゃそうと、打合せまで、

まだまだたっぷり時間がありますね。 じゃあ、次は何処に行きます?

 

<To be continued>

| | コメント (2)

2009年11月 4日 (水)

cafe ECRU

この日は、嫁さんと長女を連れて(連れられて?笑)、街中に所用で出かけました。

嫁さんも長女も、オサレ大好き人間だもんで、カフェ好きなんです。 一方、オサレに

無頓着な僕は「花よりダンゴ」派なのですが、このお店なら喜んで!って事で伺った

『cafe ECRU』さん。 カフェでありながら、本格的なランチがいただけるお店です。

 

この日のメニューはコレね。 実は、チキンレッグのカレーに決めてたんだけど、

新メニューの「豚のカツレツ付きカレー」に心はグラグラ。(笑) それにしよっと!

Menu

 

嫁さんがいただいた「日替わりランチ」を、反対側からパシャ。 「パシャして!」って

お願いしたんだけど、「お腹がペコペコだからイヤ!」って拒否されちゃいました。(汗)

Lunch

 

メインの「ドイツ風 豚ロースのブレゼ サワーグラタンのソース」。 蒸し煮した

豚ロースに酸味のあるソースがかかってました。 こりゃ、なかなか。

Pork

 

長女の「パスタランチ」ね。 この日のパスタは「シーフードのトマトソーススパゲティ 

ペスカトーレ」。 パスタ好きな長女はとってもご満悦のようでした。 よかったね!

Pasta

 

僕の「カレーランチ」ね。 カレーはもちろん、「柔かく煮込んだ豚のカツレツ付き」。

Curry

 

カツレツは、パン粉をまぶして焼き付けた感じです。 とってもサックリしてました。

Cutlet

 

カツレツは、スプーンで簡単に切れるくらい、柔か~く煮込まれてます。 こりゃ旨いわ! 

Cutlet_up

 

雰囲気も楽しみたいし、お料理の味は譲れない!って方にお勧めのお店です。

この日は雨模様にも関わらず、店内はほぼ満席状態。 オープンテラスもあって、

僕たちはそこでランチをいただきました。 美味しかったです。 また来ますね!

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

台湾料理 あじ仙 西市店

先日の土曜日、またもや「から揚げが食べたい病」を発症し、伺った『台湾料理

あじ仙 西市店』さん。 倉敷店には行った事があるけど、西市店はお初です。

Tatazumai

 

嫁さんは、好物の「揚げ焼きそば」を、僕は「台湾ラーメン定食(中辛)」を注文

しました。 実は、こちらのお店の定食には、全てから揚げが付いてくるようです。

「から揚げ定食」があったら、それを注文してたんだけどね。(笑)

 

暫くして出てきた嫁さんの「揚げ焼きそば」。 幼い頃から、津山の中華料理店

『東姫楼(とうきろう)』さんの揚げそばが大好物だった嫁さんは、ときどきこうして

揚げそばをいただきます。 その時の決まり文句は、「やっぱり東姫楼が一番!」

です。(笑) 「味」プラス「懐かしい思い出」には、なかなか勝てませんよね。

Agesoba

 

僕の「台湾ラーメンセット(中辛)」ね。 ちなみに台湾ラーメンの辛さは、普辛・中辛・

激辛から選べます。 倉敷店の教訓を踏まえて、中辛にしました。(笑)

Zentai

 

麺は中細ストレート。 辛さは中辛でも十分です。(汗) スープを啜った嫁さんは、

「からっ!」と驚いていました。 僕としては美味しさを感じる辛さだったんだけど、

今回も滝のように汗をかいたのは、言うまでもありません。(笑)

Ramen_up

 

セットに付いてくる「トリカラ」。 クリスピー感のあるコロモは、ちょっと個性的ですね。

Karaage

 

一風変わった台湾ラーメンをいただけるお店です。 メニューは豊富ですんで、気軽に

伺える中華料理のお店って一面もあります。 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (2)

2009年11月 1日 (日)

京橋朝市

今朝は、夜明け前から寝床を抜け出し、懐中電灯片手に、次男三男の散歩を済ませ、

向かった先は、京橋朝市です。 年齢的に早起きは苦にならない方なので、朝市には

向いているのかもしれません。 空気も綺麗で清々しいです。 おっ、ご来光じゃ!

Landscape

 

朝市向きの人は僕だけではなさそうですね。(滝汗) ざっと50人ほど並んでいます。

Queue

 

この行列の先には、黒爺さま率いる精鋭部隊『岡山ラーメン学会』さんのテントが

あります。 今回のテーマは、「オールドファッション 俺達の鶏醤油」だそうです。  

Menu_4

 

行列に並んで30分ほどで出逢えた念願の「俺達の鶏醤油」。 おっ、鮮烈な鶏の

香りが食欲をそそります。 スープを一口啜ると、何ともノスタルジックな気分に!

懐かしさがあるんですが、決して古臭い訳ではなく、全ての味が洗練されています。

Ramen

 

チャーシューは、豚肉のバラと肩ロース(?)という2種類の部位を使ってるのにも

並々ならぬ拘りを感じます。 あれっ?そう言えば、今回はメンマがないのね。(笑)

Ramen_up

  

そこへ合流した、宗家winさんの「にゅ~~~ん」。 いつもながら鮮やかでございます。 

Nyuuun

 

今回も美味しい目覚めの一杯をいただきました。 次回はどんなのがいただけるか

今から楽しみです。 「岡山ラーメン学会」の皆さん、大変でしょうが頑張って下さい! 

 

さて、今回の衝撃映像は、こちら。 「おかやま小松村」さんの鶏の炙り。 豪快じゃ!

って、本当の名前はパシャし忘れで分からんのんよ。 香ってきそうなパシャでしょ

Bbq

 

早速、ossyanと一つずつお土産としてゲット! と思ったら、ossyanが食べましょ!って

開けてくれました。 ossyan、いただきま~す。 親鳥のようだけど、噛み切れないほど

しわい(岡山弁?笑)わけではなく、適度な噛み応えで、鶏の旨みを感じます。 

Chicken_2

 

今晩は、この鶏肉を肴にグビグビの予定です。 おっ、もうこんな時間じゃがな!

ひとっ風呂浴びて、早速グビグビを開始する事にさせていただきま~す♪

| | コメント (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »