« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

かがしや

1週間努力して2kg落とした体重を、たった5日の出張で取り返すどころか、プラスに

転じてしまい、自己嫌悪に陥っている今日この頃です。(汗) 一から出直しじゃ。

 

さて、昨日は我が母校の岡山大学でお仕事でした。 お昼から作業だったもんで、

当時一番足繁く通った『かがしや』さんでお昼ご飯をいただきました。 懐かし~!

Tatazumai

 

お店の外にあったメニューはこんな感じです。 当時と比べ、全体的に50円ほど

値上げされているようですが、それでも十分良心的なお値段です。 注文は、この

お店に来よう!と思った時から、大好きだった「豚肉生姜焼定食」って決めてました。

Menu

 

入店すると、春休みにも関わらず、たくさんの学生さんで賑わってました。 どうやら

3月一杯まで、ご飯大盛りが無料でサービスされてたようで、たくさんの学生さんが

大盛りを頼んでました。 それがね、日本昔話に出てくるようなテンコ盛りなんよ。(笑)

 

暫くして出てきた「豚肉生姜焼定食」がコレね。 お~、やっぱり凄いボリュームじゃ!

この香ばしい香りに、当時の事が走馬灯のように駆け巡ります。 泣いちゃいそう。

Zentai

 

当時はモヤシが無かったはずだし、お肉ももう少し大きかったような気もするけど、

基本的な味付けは踏襲されています。 これが、ご飯にメチャクチャ合うんよ。

Pork

 

お店の方は代替わりされてたようで、大盛りを頼んだら「これ罰ゲーム?」ってくらいの

ボリュームの「焼きめし」も、重たい鍋を器用に振っていたおじさんと共に、姿を消して

いました。 こんなところに時代の流れを感じます。 出張で、胃が大きくなっちゃって、

軽~く完食できた自分に複雑な心境です。(汗) 旨かったです。 また来ますね~♪

| | コメント (2)

2010年3月19日 (金)

サクラサク

今日は長女の合格発表の日。 入試を終えてからの1週間が、どれだけ長かった

事やら。 結果はどうあれ、今日でその呪縛から逃れられます。 あの人込みの

向こうに結果が待ち受けてます。 もう、心臓バクバクじゃ!

People

 

結果は...ありました!!! 受験番号「8番」みっけ!!! いやっほ~っ!!!

List_2 

 

4月から長女は、この学び舎での高校生活をスタートします。 頑張れ、長女♪

School

 

おかげさまで、我が家にも一足先にサクラが咲きました。 応援してくれた方々、

本当にありがとうございました。 ご心配をおかけしました。 僕も来週に控えてる

出張に向けて頑張ろっと! と言いながら、今日は仕事が手に付かんわな。(汗)

| | コメント (8)

2010年3月18日 (木)

『使命と魂のリミット』 東野圭吾

今日は本当に久しぶりの小説ネタを。 いつも肌身離さず小説は持ってるんだけど、

紹介できるような小説に巡り合えなかったんだよね。(涙) 満を持して紹介するのは

東野圭吾著『使命と魂のリミット』。 書店で見つけて、もちろん即買いです。 

Book

 

主人公の研修医の女性は、学生の頃に大動脈瘤の手術失敗で父親を亡くしてます。

彼女は父の死に疑問を持ち、心臓外科を目指します。 疑問を持つ理由のひとつに

母と、父の手術を執刀した心臓外科医が、父の死後に交際を始めた事もあります。

そんなある日、病院に宛てた「隠した医療ミスを公表しないと病院を破壊する」という

脅迫状を研修医の女性が偶然発見します。 ますます疑念が深まって...

 

といった感じで物語が進行します。 この小説のキーワードは、ズバリ「使命」です。 

ここでいう「使命」とは、職業に対するもので、医者の「使命」、警察官の「使命」、

それぞれ自分自身の置かれた立場を、全身全霊を持って果たしていく 大切さと

素晴らしさを描いています。 だから、登場人物が、とってもカッコいいんよ。

 

でも、東野作品としては、「惜しい。 もう1つ!」って感じかな。 とてもよくできた

小説だけど、著者の作品のほとんどを読了している僕としては、もう一ひねり、

「えっ?」って驚く場面があったら嬉しかったと思います。 もちろん、一般的には

十二分に及第点だけどね。 気になる方は是非どうぞ♪

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

第二自由軒

先日、長女が「わたし、ダイエットする!」って言い出しました。 高校受験に向けての

試験勉強中、ストレス発散の手段として、お菓子を食べまくってたせいで、最近少々

ポッチャリしてきてるのに僕も気付いてました。 かく言う僕も、「そろそろダイエットを」

って思っていた矢先だったから、「じゃあ、一緒に頑張ろう!」という事になりました。

 

でも、その前に絶対行っておきたいお店があったんだよね。 それが、最近何かと

話題の『第二自由軒』さん。 僕は元倉敷市民だもんで「カツ丼」と言えば、玉子とじの

タイプを連想するんだけど、岡山市民の方々(旧市街限定?)は「ドミカツ丼」を連想

されるそうです。 このお店は、昔ながらの「ドミカツ丼」をいただけるお店よ!と

nyankoセンセのお墨付きです。 でも、正直ちょっと入りにくい佇まいじゃな。(汗)

Tatazumai

 

こんな通路の奥にお店があります。 一緒に行ってた嫁さんや子供たちも、「ホントに

ここなん?」って不安そう。(笑) まあ思い切って、行ってみましょう!

Tatazumai2

 

お店に入ると、昭和を感じさせる店内です。 あれこれ悩んだ挙げ句、「カツ丼」と

「カツ丼(玉子とじ)」を2つずつ、それと「スープ」を注文しました。 ただ、「カツ丼」と

お願いすると、「ドミカツ丼」が出てくるそうです。 ここはもちろん、食べ比べでしょ。

Menu

 

先に出てきたんが「カツ丼(卵とじ)」ね。 カツを玉子でとじているんじゃなくて、揚げた

カツに、お出汁で煮込んだタマネギの玉子とじを乗せてるみたいです。 全体的に

やさしいお味で、やっぱり「カツ丼」と言えばコレじゃ!って安心感がありますね。

Katsudon

 

続いて出てきたドミグラスソースの「カツ丼」ね。 ほ~、思ったよりソースの色が

茶色っぽいんじゃな。 ケチャップでもウスターソースでもないドミグラスソース。

小麦粉の香ばしさを感じる、やさしいお味です。 「ドミカツ丼」って、ケチャッピーな

ソースがツンとくるイメージがあって苦手だったんだけど、これは全然別で旨いわ♪

Domikatsu

 

こちらは「スープ」ね。 昔ながらのラーメンスープを、ラーメン鉢でいただきます。

Soup

 

今回いただいて、僕の「ドミカツ丼」に対する印象が劇的に変わりました。 これなら、

岡山市民の方々が愛するのも頷けます。 少々入りづらい佇まいですが、お味同様

優しくて上品なおかみさんとお父さんが営まれているお店です。 「ドミカツ丼」に

興味がある方は、是非一度伺ってみて下さい。 旨かったです。 また来ますね♪

| | コメント (8)

2010年3月15日 (月)

『トイレの神様』 植村花菜

昨日、ソフトボールの練習から帰ってきて、「さあ、お風呂、お風呂」と言いながら、

ふとリビングのパソコンの前に座ってる長女を見ると、youtubeを見てるようでした。

何かの曲のPVのようで、題名を見ると『トイレの神様』。 「なんじゃそりゃ、トイレの

花子さんの親戚なん?」と、茶化したように長女に尋ねると、「今、話題の曲なんよ。

すっごく感動するんだって。 これからじっくり聞いてみるん。」と答えが返ってきました。

「ふ~ん。」と軽い返事をしながら、長男と一緒にお風呂に入りました。

 

お風呂から出て、長女を見ると、明らかに目が真っ赤っ赤。 どうやら、感動の涙を

流したみたいです。 とりあえず、日課の晩酌を済ませて、ほろ酔い気分で、長女に

教えてもらったPVを見てみました。 そのPVがコレです。 まずは、ご覧下さい。

 

いや~、不覚にも泣いちゃいました。 「アンタ、アホじゃな!」と、冷たい視線を送る

嫁さんに、「まあ、騙されたと思って聞いてごらん。」と、このPVを見せると、僕以上に

号泣。(笑) 元々、嫁さんはお祖母ちゃん子だったもんで、重なるところが多かった

みたいです。 肉親との絆の大切さを、この曲にあらためて教えてもらいました♪

| | コメント (2)

2010年3月13日 (土)

萬福軒

この日は玉野でお仕事。 実は、別のラーメン屋さんに行く気マンマンだったんですが、

この日、「煮干つけめん」を出してるって、情報を入手したもんで、急遽予定を変更して

『萬福軒』さんに伺いました。 一度、こんな縮れ麺を食べてみたかったんだよね。

Tatazumai

 

カウンターに陣取り、予定通り「煮干つけめん」を注文しました。 暫くして出てきたんが

コレね。 あれ~、ちょっと違和感を感じるんだけど...

Zentai

 

それは、この麺です。 「幅広手もみ縮れ麺」を想像してたんだけど、今日はツルツル

太麺みたいです。(涙) まあ、これはこれで美味しかったから問題ないんだけどね。

Men

 

スープは煮干の風味たっぷりの、濃厚スープ。 多分、豚骨ベースなんじゃないかな。

具としては、角切りチャーシューがゴロゴロ入ってました。 こりゃ、なかなか。

Soup1

 

麺を完食後、「スープ割り」をお願いしました。 それが、こちら...って、絵面が

代わり映えしないし。orz 「ごはん」を頼んで、ドボンも脳裏をかすめたんだけど、

麺が多かったんで、遠慮しときました。 スープ割りした方が、風味が豊かじゃな。  

Soup2

 

試行錯誤を重ねられる『萬福軒』さんのご主人の好奇心の旺盛さには、いつも

驚かされます。 見習わんとね。 美味しかったです。 また来ますね~!

| | コメント (2)

2010年3月10日 (水)

母が残してくれた物

昨年11月に亡くなった母が、最後に残してくれた食べ物は、この「干し柿」でした。

亡くなる1週間程前に実家に寄った際、病床から「2階の軒下に吊ってる干し柿を

持って帰り。 あれを作った時は、すごく調子が良かったのに...」と言ってたんを

今でも鮮明に覚えてます。 先日、綺麗にできた「干し柿」を家族でいただきました。

ちょっと目を離した隙に、三男が1つ咥えて持って行っちゃったんで、次男、三男の

口にも入る事になりました。(笑) 綺麗に粉を吹いてるでしょ。 もちろん、激ウマ!

Hoshigaki

 

最後の1つを食べきっちゃって、「もう、母の残した物が無くなっちゃった。」と、一瞬

思ったんだけど、よ~く考えると、ある意味、僕自身が、母が残した物なんだよね。

人は亡くなったら、そこで終わりじゃないんよな。 目の前にいる長女も長男も、

母がいたから、こうやってこの世に生を受ける事ができたんだもんね。

 

そんな母が、この世に存在した証の一つである「長女」は、明日高校受験を迎えます。

どうやら、やれる事はやったみたい(ホント?笑)ですが、はたしてどうなることやら。

お母さん、孫は難関校に挑みます。 天国から長女の頑張りを見守ってやってね♪

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

京橋朝市

まずは、車の時計の時間を見てやってください。 これ、夕方じゃなくて朝なんです。

目指すは、もちろん「京橋朝市」。 これぞ、食い意地の成せる業ですね。(笑)

Clock

 

現地集合時間は6時だったんだけど、10分ほど早く到着。 それでも、他の方々は

既に到着済みでした。 恐るべしメンバーたち。(汗) 何でも、皆さんのお目当ては

おかやまデミカツ丼応援団」さんの限定30食の「デミカツ丼」だそうで、少し早めに

集合したそうです。 僕は、朝からそんなにガッツリいけないんで、横からパシャだけ

させてもらいました。 3月20、21日に津山で催される「おかやまB級グルメフェスタ

in津山」にも出店されるそうですんで、興味のある方は是非どうぞ。

Demikatsu

 

さて、僕の中でのメインは、もちろん、黒爺さま率いる『岡山ラーメン学会』さんの

ラーメンです。 何でも、トラブルがあったり、太麺のため湯がく時間がかかったりと

行列の進み具合がいつもと比べてゆっくり気味でしたが、のんびりと待ちました。

メンバーたちとおしゃべりをしてたら(聞いてたら?笑)、アッという間だったしね。 

Tatazumai

 

今回のラーメンは「俺達の最終章 野菜マシマシラーメン ~ご麺ネ・・・ジロー~」

だそうです。(笑) ネーミングから、「ラーメン二郎」インスパイヤ系って伝わって

きます。 「二郎系」と言えば、激しいボリュームと、極太ボキボキ麺、そしてどぎつい

肉とスープだけど、学会の皆さんは、どんなアレンジをされるか興味津々です。

Menu

 

「天地返し」のやり方が紹介されてました。 頭の中でシミュレーションはバッチリ!

Notes

 

やっと、ご対面できたんがコレね。 お~、ボリュームたっぷりじゃ。 旨そ~!

Ramen

 

シミュレートに沿って、天地返しをば。 こんな感じでOKかな? 麺は、二郎の

麺ほど太くはありません。 これでも湯がきに3分かかるそうで、限界でしょう。

スープに野菜の旨みが溶け出して、全体的に甘めの仕上がりでした。 肉も

あっさりいただけるよう、ロース(肩ロース?)を使ってて、全てが「朝」ってのを

計算したまとまりのあるラーメンです。 さすが、『岡山ラーメン学会』さんじゃわ。

Ramen2

 

途中、「ニントン」追加で変化も楽しめます。 こんな配慮に、くすぐられちゃいますね。

Ramen3

 

この冬、『岡山ラーメン学会』さんの出店は、これが最後で、次回は秋以降になる

みたいです。(未定) それまで、グッと我慢じゃな。 また、美味しいラーメンを

いただけるのを、楽しみにしています。 美味しかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (6)

2010年3月 6日 (土)

SAKANA食堂

つい先日、nyankoセンセからのメールで、ossyanを含めた3人が急遽集まりました。

目指すは、『SAKANA食堂』さんのランチ。 そう言えば、持ち帰りがメインになってて

ランチはオープン以来なんだよね。(滝汗) それより、最近とんとご無沙汰しちゃって

たし。(超滝汗) 公私共々、色々とあったんで、勘弁してやって下さいね。(言い訳)

 

久々の『SAKANA食堂』さんは、明らかにメニューが増えてます。 優柔不断の僕に

とっては、これは頭が痛いところです。 よ~、決められんがな。(笑) って、肝心の

メニューをパシャし忘れてるし。(汗) どれだけ真剣に悩んでたかって証拠ですね。

 

悩みに悩んだ挙句、もうすぐシーズンが終わる「カキフライ」と、「小えびと玉ねぎの

サラダ」に決定しました。 ふ~、考えすぎて知恵熱が出るところじゃった。(笑)

シーズン終盤のカキは、身も大きくて、食べるには一番いい時期なんだそうです。

 

暫くして出てきたんがコレね。 うわっ、このカキ、めちゃデカッ! それもこんなに~!

Zentai

 

「カキフライ」のアップをどうぞ。 大袈裟ではなく、一番大きいんは、10センチを

超えてるかもしれん。 それが、こんなにどっさり。 生でも食べられそうなカキを

フライにするなんて、本当に贅沢です。 当然、臭みも皆無でメチャメチャ旨~い!

Oyster

 

「キャロッシング(にんじんペーストの特製ドレッシング)」が、た~っぷりかかった

「小えびと玉ねぎのサラダ」も、とってもいい箸休めになって、これまた美味しい!

Salad

 

ご飯、潮汁、小鉢が付いて、驚愕の1050円也! あらためて『SAKANA食堂』さんの

コストパフォーマンスの高さに頭が下がる思いです。 先日も山陽放送さんで紹介

されたみたいだし、今日のお昼あたり、とんでもない事になるんかもしれんですね。

いや~、ご無沙汰してたんが、もったいないです。 旨かったです。 また来ますね♪

| | コメント (4)

2010年3月 2日 (火)

手打うどん 古狸庵

この日も水島でお仕事。 「外食は9割がうどん!」と仰るお客さんに連れて行って

もらった『手打うどん 古狸庵』さん。 女子フィギュア フリーのあった日だったんで、

「テレビが見られるお店」という条件も満たしてくれるお店だそうです。

Tatazumai

 

入店すると、他のお客さんもテレビに釘付け。(笑) そりゃそうだわな。 豊富な

メニューから、「うどん定食」を注文しました。 うどんだけだと、長居できないもんね。

 

暫くして出てきたんがコレね。 おっ、結構なボリュームじゃわ。

Zentai

 

麺はオンナ麺で、お出汁は醤油の利いたタイプです。 お~、こりゃなかなか。

Udon

 

水島でうどんと言えば、パブロフの犬状態で『なか浦』さんに行っちゃうんだけど、

こんなお店がある事も覚えとこっと。 美味しかったです。 また来ますね~!

 

あっ、そうそう女子フィギュアは残念だったけど、4年後のソチに期待ですね♪

| | コメント (4)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »