« SAKANA食堂 | トップページ | 母が残してくれた物 »

2010年3月 9日 (火)

京橋朝市

まずは、車の時計の時間を見てやってください。 これ、夕方じゃなくて朝なんです。

目指すは、もちろん「京橋朝市」。 これぞ、食い意地の成せる業ですね。(笑)

Clock

 

現地集合時間は6時だったんだけど、10分ほど早く到着。 それでも、他の方々は

既に到着済みでした。 恐るべしメンバーたち。(汗) 何でも、皆さんのお目当ては

おかやまデミカツ丼応援団」さんの限定30食の「デミカツ丼」だそうで、少し早めに

集合したそうです。 僕は、朝からそんなにガッツリいけないんで、横からパシャだけ

させてもらいました。 3月20、21日に津山で催される「おかやまB級グルメフェスタ

in津山」にも出店されるそうですんで、興味のある方は是非どうぞ。

Demikatsu

 

さて、僕の中でのメインは、もちろん、黒爺さま率いる『岡山ラーメン学会』さんの

ラーメンです。 何でも、トラブルがあったり、太麺のため湯がく時間がかかったりと

行列の進み具合がいつもと比べてゆっくり気味でしたが、のんびりと待ちました。

メンバーたちとおしゃべりをしてたら(聞いてたら?笑)、アッという間だったしね。 

Tatazumai

 

今回のラーメンは「俺達の最終章 野菜マシマシラーメン ~ご麺ネ・・・ジロー~」

だそうです。(笑) ネーミングから、「ラーメン二郎」インスパイヤ系って伝わって

きます。 「二郎系」と言えば、激しいボリュームと、極太ボキボキ麺、そしてどぎつい

肉とスープだけど、学会の皆さんは、どんなアレンジをされるか興味津々です。

Menu

 

「天地返し」のやり方が紹介されてました。 頭の中でシミュレーションはバッチリ!

Notes

 

やっと、ご対面できたんがコレね。 お~、ボリュームたっぷりじゃ。 旨そ~!

Ramen

 

シミュレートに沿って、天地返しをば。 こんな感じでOKかな? 麺は、二郎の

麺ほど太くはありません。 これでも湯がきに3分かかるそうで、限界でしょう。

スープに野菜の旨みが溶け出して、全体的に甘めの仕上がりでした。 肉も

あっさりいただけるよう、ロース(肩ロース?)を使ってて、全てが「朝」ってのを

計算したまとまりのあるラーメンです。 さすが、『岡山ラーメン学会』さんじゃわ。

Ramen2

 

途中、「ニントン」追加で変化も楽しめます。 こんな配慮に、くすぐられちゃいますね。

Ramen3

 

この冬、『岡山ラーメン学会』さんの出店は、これが最後で、次回は秋以降になる

みたいです。(未定) それまで、グッと我慢じゃな。 また、美味しいラーメンを

いただけるのを、楽しみにしています。 美味しかったです。 また来ますね~♪

|

« SAKANA食堂 | トップページ | 母が残してくれた物 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

びっとさんの画像を見てお昼のメニューが半ば決っちゃいました!!寒いし・・・

投稿: ossyan | 2010年3月 9日 (火) 09時20分

今期最後に相応しい、ワクワクさせてくれる行列に期待を裏切らないラーメン。あぁ秋まで待ち遠しい・・・。

ところでossyanの昼飯は、あの駅前の店なんですかね・・・。

投稿: 斉藤 | 2010年3月 9日 (火) 10時57分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

先日はありがとうございました。
朝からossyan節全開で、楽しい時間を過ごせました。

で、今日は黄色い看板のお店ですか?(爆)

投稿: びっとさん | 2010年3月 9日 (火) 11時22分

>斉藤さん
いらっしゃいませ♪

先日はどうもでした。
あんまりお話しできませんでしたが、逢う度に少しずつ会話が
増えてるようにも思います。
お互いシャイボーイのようですんで、こんなのもアリですよね。

学会の皆さんが作られるラーメンには、毎回ワクワクさせられ
ちゃいますよね。
「今度はこう来たか!」と感心しきりですわ。

ちなみに、ossyanの行き先は、斉藤さんと同じ読みです。(爆)

投稿: びっとさん | 2010年3月 9日 (火) 11時27分

こんばんは~♪
来期こそ 黒爺さまにお会いできますよーに!

ossyan式に 念じてみます! (笑)

投稿: おとめ | 2010年3月 9日 (火) 22時17分

>おとめさん
いらっしゃいませ♪

次回の来岡は、秋以降の第1週の日曜日を入れて下さい。
「念ずれば叶う」ですよね!
是非、ご一緒しましょう♪

投稿: びっとさん | 2010年3月10日 (水) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SAKANA食堂 | トップページ | 母が残してくれた物 »