« Le Vert | トップページ | 香港仔 竜沙 »

2010年5月 7日 (金)

長男の復活

「第5腰椎分離症」という長ったらしい怪我の名前。 うちの長男が先日やっと完治した

怪我の名前です。 簡単に言うと、腰椎の一部が疲労により剥離骨折する怪我です。

 

昨年末頃、ソフトボールの練習中、腰が痛いと言うようになりました。 チーム監督

から、1ヶ月のピッチング封印を言い渡され、ようやく復帰したにも関わらず、ある

チームとの練習試合中、腰の痛みでピッチングが続けられなくなりました。

 

「これはタダ事じゃない」と、病院に駆け付け、精密検査の結果、「第5腰椎分離症」と

診断されました。 お医者さんから、「ソフトボールは辞めた方がいいかも」と言われ、

それを聞いた長男は、声を出さず大粒の涙をポロポロとこぼしました。 それからは、

コルセットを巻いて、3ヶ月間全ての運動は禁止になりました。 

Corset

 

3ヶ月間、大好きなソフトボールができなくなるんで、「練習はお休みにするか?」って

尋ねてみると、「チームの仲間が一生懸命練習してるから、見学に行かなきゃ。」と

答えました。 我が子ながら、まっすぐ育ったもんだと感心します。 チームの練習に

帯同している間、ハンドグリップを握ったり、負荷がかからない程度歩いてみたり、

牛乳をがぶ飲みしたりと、できるだけ筋力や体力を落とさないように心がけました。

 

先月末、長かった3ヶ月がやっと過ぎ、コルセットを巻いた生活から解放されました。

病院の先生からは、無事全ての運動の許可が出て、まずは一安心。 でも、実際に

負荷をかけた運動をしてみない事には、本当に治ったかは分かりませんよね。

 

僕も長男も逸る気持ちを抑えつつ、少しずつランニングやピッチングを開始して、

先日、やっと全力投球ができる事が確認できました。 もちろん、痛みは皆無です。

勢いのある球をキャッチした瞬間、色んな事を思い出し、目頭が熱くなりました。

 

このGWに開催された2大会に、長男は6番ライトで試合に復活しました。 1大会目は

チームがまとまらず残念な結果になりましたが、2大会目はいい試合をしてくれました。

4チーム構成のブロックで勝ち点1位を、長男の2点タイムリーでもぎ取り、決勝

トーナメントに進出しました。 対戦相手は岡山市屈指の強豪チームの「大元小」。

普通に考えると、全く勝ち目のないチーム相手に5対7と大善戦しました。

 

これからは、ピッチャーに返り咲けるよう鍛錬の日々が始まります。 僕もできる限りの

サポートをしようと心に誓っています。 なんてったって、長男の一番のファンだからね。

 

 「フレ~ フレ~ 長男! 頑張れ 頑張れ 長男!!!」

|

« Le Vert | トップページ | 香港仔 竜沙 »

ソフトボール」カテゴリの記事

コメント

そんなことが あったんね ウルウル

あたちの近しい少年野球チームでも、
仲間の故障は我が身の故障。
メンバーの見学中もお互い声を掛け合って、
まさに 痛みを分かち合っておりました。

全員野球
その当時の監督が いつもメンバーに
語りかけておられた言葉です

投稿: ウルウルnyanko | 2010年5月 7日 (金) 20時06分

同じ地区で息子がソフトボールをやっており、
風の噂で、疲労骨折で投げれないと聞いておりました、
治って、本当によかったですね、
あさっての試合、がんばりましょう。

投稿: そうだったんですか | 2010年5月 7日 (金) 22時30分

>nyankoセンセ
いらっしゃいませ♪

子供は本当に色んな経験をさせてくれます。(笑)
今回の試練を乗り越えた事で、本人も成長しているはずです。
その傍らで、僕も人間として一つ大きくなれたらと思います。

「全員野球」、いい言葉ですね。
実は、うちのチームに欠けているところなんです。(汗)
この言葉を子供たちに伝えたいと思います♪

投稿: びっとさん | 2010年5月 8日 (土) 05時35分

>そうだったんですかさん
いらっしゃいませ♪

東ブロックの方ですか!?
いやはや、何ともお恥ずかしい。(滝汗)
長男の怪我ですが、おかげさまで無事に治りました。

この怪我はソフトボールだけでなく、スポーツ全般で
珍しくない怪我だそうです。
特に頑張りすぎるお子さんによく見られる怪我だと
病院の先生は仰ってました。
もし、お子さんの周りに「腰が痛い」と言っている子が
いらしたら、この怪我を疑ってみて下さい。
それより何より、まずはお医者さんに診てもらうのが
一番です。

明日の試合は、うちの小学校がホスト校です。
気をつけてお越し下さい。
お互い、頑張りましょう!!!
僕はサードコーチをしているはずですので、お気軽に
声をかけてやって下さいね♪

投稿: びっとさん | 2010年5月 8日 (土) 05時43分

長男君 復活おめでとう!!
3ケ月はとても長かったとは思いますが
何一つ無駄のなかった3ケ月間だったと思いますよ
フレ~フレ~長男君!!  フレ~フレ~おとうさ~ん!!

投稿: ossyan | 2010年5月 8日 (土) 10時00分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

ピッチング禁止期間を入れると、約4ヶ月。
ホント~に長かったです。
これは内緒の話しですが、お医者さんに運動OKをいただく
1週間前、人員不足からコルセットを着けたまま、DHで
試合に出ました。
ライトの守備だけだったんですけどね。(汗)

ossyanのエールを受けて、これから練習に行ってきます。
今日も暑い一日になりそうです。(滝汗)

投稿: びっとさん | 2010年5月 8日 (土) 12時15分

こんにちは♪
よく野球肘って聞きますけど
腰にも負担が掛かるんですね…
お子さんは 体が出来上がる過程だから 
なおさら そういう故障がでるのかも
しれませんね

4ヶ月近くもコルセットは辛かった
ことと思います

腰は 要って言いますから 今後も
くれぐれも用心してあげてください
こどもって 夢中になると ついつい
状態とか忘れがちと思いますから

投稿: おとめ | 2010年5月10日 (月) 12時59分

大変でしたね
私も 子どもが事故で 
暫く補助なしでは 階段を一人で登れなかった時期があります

子ども自身も歯がゆかったと思うし
親も大変だったけど 周りにも随分迷惑をかけました
うちの子は体育会系じゃなかったからまだよかったけど…
息子さんは 大好きなソフトボールが出来なくて辛かったですね

でもほんと ずっと過ぎてみると
あれはあれで必要だったんだって思えることが
いっぱいいっぱいありました
きっと息子さんも 精神的にぐっと成長されたことと思います

「フレ~ フレ~ 長男! 頑張れ 頑張れ 長男!!!」

私も ココロから応援しています

投稿: ビー | 2010年5月10日 (月) 13時11分

>おとめさん
いらっしゃいませ♪

僕も初めて耳にする怪我の名前で、「だいごようつい
ぶんりしょう?」って、マンガのように平仮名が頭の
中に浮かびました。(笑)

今でこそ笑い話ですが、最初は結構深刻でした。
「ソフトはできないかも?」、「後遺症が残るかも?」、
「大人になって影響があるかも?」と、色んな事を
心配しました。
これからも楽観視はせず、おとめさんの仰るように
できるだけ用心させようと思います。
相手は子供ですし、我慢してしまうタイプなので、
しっかり目を光らせないとね。

心のこもったカキコ、ありがとです♪

投稿: びっとさん | 2010年5月10日 (月) 17時11分

>ビーさん
いらっしゃいませ♪

子育てをしていると色んな事がありますよね。
ビーさんのところは事故ですか...
できる事なら避けて通りたいですが、常に可能性は
ゼロではないですからね。
ちなみに、うちの嫁さんは、中3の頃、塾の帰りに
歩道を自転車で走行中、飲酒運転の自動車に背後から
はねられ、瀕死の重症を負った過去があります。
危険はいたるところに転がっている証拠ですね。

でも、どんな試練も乗り越えた先には収穫もあります。
僕たち親子も色んな事を学びました。
こういう事態に直面し、周りの方々の本質的な部分が
見え隠れしました。
たくさんの人の優しさに勇気付けられた反面、思わぬ
反応をされる方もいらっしゃいます。
それもこれもひっくるめて、僕たち家族の成長の糧に
なる事、間違いありません。

お互い、成長盛りの子供を抱える親として、子育てを
満喫しましょうね♪

投稿: びっとさん | 2010年5月10日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Le Vert | トップページ | 香港仔 竜沙 »