« セルフうどん かめや | トップページ | ピクニックレストラン 円山店 »

2010年6月23日 (水)

アマガエルは、どうして鳴くの?

「アマガエルは、雨が降りそうだったり、雨が降ったらゲコゲコ鳴いてるけど、どして?」

と、長女が尋ねてきました。 いま住んでる家も、実家も、20歳頃まで住んでた家も

田んぼの近くだったんで、余りに当たり前過ぎて、疑問に感じた事がありませんでした。

 

自分なりの解釈だった、「アマガエルは両生類だから、湿り気が好きなんだと思うよ。

嬉しくてゲコゲコ鳴くんじゃない。」と答えましたが、子供が本心で疑問に感じた事に

対する親の返事は、思った以上に子供にすり込まれちゃうんだよね。 かく言う、僕も

間違って覚えてた事がたくさんあるし。 (親の名誉に関わるんで言えんけど。笑)

 

長女は、「ふ~ん」と、何となく納得した表情で、学校に出掛けて行きました。 確信が

持てなかったんで、ネットでググってみたところ、大ハズレではなかったみたいだけど、

ちょっと違ったみたいです。 結論から言うと、アマガエルは気圧の低下に敏感で、

気圧が低下すると鳴き出す習性があるそうです。 だから、雨が降る前後には、

アマガエルが鳴くんだそうです。 他にも、縄張りの誇示や、求愛の時にも鳴く

らしいけど、それぞれ鳴き方が少し違うみたいです。 ふ~ん、勉強になったわ。

 

そんな情報を収集していると、こんなお話しを見つけました。 なんだか切ない

気持ちになったんで、ここで紹介させていただきます。

 

************************************

 むかしむかし、アマガエルのお母さんは、自分の息子がとてもヘソ曲がりな事を

 とても心配していました。

 そこで、何度も何度も注意しましたが、息子のヘソ曲がりは一向に直りません。

 やがて、お母さんが年を取って息を引きとる時、お母さんはヘソ曲がりな息子を

 呼んで、こう言いました。

 「息子や、お前に最後の頼みがあります。どうか、わたしのお墓は、川端の低い

  ところに粗末な物をつくっておくれ。」

 こう言っておけば、ヘソ曲がりな息子は、反対に丘の上に立派なお墓を作るに

 違いないと考えたのです。

 そして次の日、お母さんガエルは死んでしまいました。

 「お母さん、いつもヘソ曲がりで苦労をかけてごめんな。」

 さすがのヘソ曲がりも、母親の遺言には、いつものように逆らう気にはなれません

 でした。

 そこで言われた通りに、川端の低い所に粗末なお母さんの墓を作ったのです。

 でも、こんな所にお墓を作っては、ちょっと雨が降って川の水かさが増しただけでも、

 流されてしまうかもしれません。

 そこで心配した息子は、雲行きがあやしくなると、

  ♪ケロケロッ ケロケロッ♪
  ♪ケロケロッ ケロケロッ♪

 と、鳴いて、

 「天の神さま、どうか、お母さんの墓を流さないでください。」

 と、天の神さまにお願いしたそうです。

 この時からアマガエルは、雲行きあやしくなると鳴くようになったのです。

 おしまい

************************************

 

これからは、アマガエルを見かけたら、このお話しを思い出しちゃうんだろうな。

Frog

 

ところで、そこのヘソ曲がりのカエルくん! 君にヘソってあったっけ?(笑)

|

« セルフうどん かめや | トップページ | ピクニックレストラン 円山店 »

その他」カテゴリの記事

コメント

あぁぁぁーーーっ
コメントの突っ込み決めてたのにーーーっ(笑)
「おめー、ヘソねえじゃねえか...。」

投稿: ossyan | 2010年6月23日 (水) 19時36分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

ツッコミどころは、そこですよね!(笑)
ヘソ曲がりの息子ガエルが、母の死に直面して素直になる。
笑い話のようですが、色々と考えさせられるところがある
お話しでした。

投稿: びっとさん | 2010年6月23日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルフうどん かめや | トップページ | ピクニックレストラン 円山店 »