« 四国旅行 3日目 【その1】 | トップページ | 四国旅行 4日目 【その1】 »

2010年8月26日 (木)

四国旅行 3日目 【その2】

「エクシヴ鳴門」での2日目の夕食は、本館にある『中国料理 翠陽』さんに伺いました。

こちらのホテルを紹介してくれた方が、「中華料理を絶対に食べるように!」と、お勧め

してくれました。 家族4人とも、「琥珀」というコース料理をオーダーしました。

 

外食で飲む機会は少ないんだけど、ホテルの敷地内だから遠慮なしにグビグビです。

Beer

 

まずは前菜。 焼豚、蒸し鶏、くらげですね。 ほ~、なかなかいい予感がします。

Zensai 

 

「新鮮魚のお刺身と冷菜三種の盛り合わせ」。 鯛のお刺身は、抜群の鮮度じゃな。

Osashimi

 

この辺りで、「今晩はお客様が多いので、お待たせしてしまうかもしれません。」と、

店員さんが「ひまわりの種」を持って来てくれました。 長男は、「と~っとこ走るよ

ハム太郎♪」なんて歌ってたし。(汗)

Himawarinotane

 

と言いながらも、そんなに待つ事なく出てきた「蟹肉と冬瓜のとろみスープ」。

沈んで見えづらいけど、そこそこ蟹肉が入ってて、贅沢なスープでした。

Soup

 

「車海老と夏野菜の炒め ガーリックと大葉の香り」。 最初に大皿を持ってきてくれて

一度引いて小皿に取り分けてくれたのがこちら。 確かに親切でいいんだけど、絵的

には、ブロガー泣かせじゃな。(汗) 車海老は、もちろんプリップリ!

Shrimp

 

「瀬戸内海を泳ぐ太刀魚と豆腐の蒸しもの」。 太刀魚の身と豆腐との相性バッチリ!

Tachiuo

 

「角切り牛肉の“魚香”炒め」。 この牛肉の柔かさは特筆モンでした。 ウマウマじゃ。

Beef

 

「広東チャーハン」は、ご飯がパラパラタイプで、基本がバッチリなのが分かります。

Chahan

 

「卵スープ」はやさしい味付けでした。

Soup2

 

デザート一品目の「中華風バナナケーキ」。 甘さ控えめで、いい感じ~。

Cake

 

「杏仁豆腐」は、今までいただいた中で一番かもしれん。

Annin

 

たっぷり2時間かけて、贅沢な夕食をいただきました。 さて、今回の家族旅行も

明日一日を残すのみです。 最後の夜を、お部屋で満喫しましょうか。

 

<To be continued>

|

« 四国旅行 3日目 【その1】 | トップページ | 四国旅行 4日目 【その1】 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

すんばらしいお料理だね さすが♪♪♪

>確かに親切でいいんだけど、
絵的には、ブロガー泣かせじゃな。(汗)

うふっ あたちなら間違いなく!
「ちょっ! ちょっと待ってぇな~
冥土の土産に そやつも1枚パシャさせてちょ~」
って お上品な雄叫びをあげとるとこです(笑)

投稿: 恥を置き忘れがちなnyanko | 2010年8月26日 (木) 14時10分

>nyankoセンセ
いらっしゃいませ♪

こちらのお店、なかなかよかったですよ。
聞いたところによると、宿泊客だけじゃなく食事のみで
利用される方も多いとか。
雰囲気もお味も、その噂が頷ける内容でした。

大皿を引かれた時には驚きましたが、「まあいっか」って
感じでした。
それだけ、くつろいでたんだと思われます。
酔いが回ってて反応が鈍ってたんかもしれませんが。(笑)

投稿: びっとさん | 2010年8月26日 (木) 19時07分

ワシの場合 ちっちっち!!(指ワイパー)
「お嬢さん チョット待ってモ~メント 激写ダイエットじゃけん・・・」って・・・
『無理だろ!! お嬢さんは忙しいんだから!!!』

投稿: ossyan | 2010年8月27日 (金) 21時25分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

お店の方は、とても忙しくされてましたよ。
「ちょっと待って」と口を挟む暇さえ与えないくらいでした。(笑)
でも、そこは高級感のあるお店らしく、優雅ささえ感じさせる
接客だったのが、素晴らしいところです。

「激写ダイエット」、いいですね。(笑)
僕がブログをやっている事をご存じない方と食事をする際、
パシャしているのを怪訝そうに見ている相手に「以前流行った
レコーディングダイエットのデジカメ版です」なんて説明します。

投稿: びっとさん | 2010年8月28日 (土) 06時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 四国旅行 3日目 【その1】 | トップページ | 四国旅行 4日目 【その1】 »