« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

ラテン・フュージョンの神様

自称「音楽好き」の僕は、中学、高校の頃、その好きが高じて、少しでも良い音質で

聴きたいと、オーディオに傾倒していました。 工学部の電気工学科を専攻したのも

オーディオメーカーに就職しようと本気で考えていたからです。 車に興味を持って

しまって、道を逸れちゃいましたけどね。(笑)

 

ジャンル自体はあまり幅広くなかったけど、気に入ったジャンルの音楽は本当に

たくさん聴き漁りました。 そんな僕も、いつの頃からか新しい刺激を積極的に

追わなくなっちゃって、最近の事情には、とんと疎くなって久しい今日この頃です。

愛しのアンジーみたいにたまたま好きになっちゃうのって、実は珍しいんですよ。

 

新しい物を追わなくなった僕も、音楽が好きな事には変わりはないし、いい音楽を

聴きたいのにも変わりはありません。 自然と、若い頃に好きだったアーティストの

作品を集めるようになっちゃうんですよね。 そんな中で、一番枚数が多いのが

「松岡直也」さん。 このたくさんのCDやDVDの山は、全部松岡さんの作品です。

Discography

 

一番最初に手に取ったアルバムは「夏の旅」で、高校1年生の頃に買いました。

今から考えると生意気な高校生じゃわ。(笑) えっ!誰だか知らないですか?

僕と同年代の方なら、中森明菜の「ミ・アモーレ」の作曲や、わたせせいぞうの

「ハートカクテル」の音楽担当と言ったら、「ふ~ん」って感じかな? それより

前の世代の方なら、青い三角定規の「太陽がくれた季節」の編曲を担当した

って言ったら、こちらも「ふ~ん」って感じかな?(笑) 本当の姿は、ラテン・

フュージョンの神様。 その業界では、泣く子も黙る大重鎮のお方なんです。

 

15歳の頃から主にピアニストとして活躍され、今年芸能生活なんと59周年!?

驚くことに、今も現役でライヴ活動をされてます。 好きなアーティストが、これだけ

長い間、活躍されるのはファンとしては本当に嬉しい事です。

 

そんな松岡直也さんが、今年2月、大阪でライヴを演るって情報を知り、先日

行ってきました。 若い頃、岡山市民会館に観に行ってから実に23年ぶり。(笑)

正直、もう何度も観るチャンスはないと思うんで、目と心に焼き付けなきゃね。

その模様は、また後日という事で!

 

<To be continued> 

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

セルフうどん かめや

先日の土曜日、積雪のせいでソフトの練習がお休みになりました。 長男は少々

風邪気味だったんで丁度よかったかもね。 とっても寒かったんで、こんな日は

温かいうどんでも!と伺った『かめや』さん。 寒くなくても行くんだけどね。(笑)

Tatazumai

 

レジでお母さんとご挨拶。 すると、「さっき、ossyan(とは言わないんだけど。笑)

が来られてたんですよ。」との事。 ありゃま、ニアミスじゃわ。 逢えなくて残念!

 

そして、これまた定番の組み合わせ。(笑)

Zentai

 

この「かけ小」を今まで何杯食べたんじゃろ? でも、今日のはちょっと違うんよ。

Udon

 

「玉ねぎ天」は、少し前から「ごぼう」が入るようになってます。 歯応えがなかなか。

Tenpura

 

そして、このお茶が絶品...じゃなくて、これは「お出汁」です。 10日ほど前から

「小柱」を追加されたそうです。 味の違いが「お出汁」だけの方が分かりやすいと、

お母さんがわざわざ湯のみに注いでくれました。 確かに、「小柱」の味と旨みを

感じます。 元々、「お出汁」は間違いなく岡山一と思ってたんだけど、これでまた

レベルUPです。 あっ、自分で「お出汁」を湯のみに取っちゃ絶対ダメだからね!

Odashi

 

お母さんは「競争が激しいんで、生き残りをかけて!」なんて言ってました。 この

ご時勢、どの業種も大変だと思うんだけど、こうやって日々の研鑽をかかさない

お店が、たくさんのお客さんに支持されて、いずれ「老舗」になるんでしょうね。

またまた、ファンになっちゃいました。 美味しかったです。 また来ますね~♪

| | コメント (2)

2011年2月11日 (金)

とんかつ椰子

この日は、岡山南部→水島→岡山北部と、打合せ3件掛け持ちの多忙な日でした。

その間に伺った『とんかつ椰子』さん。 かれこれ20年弱ぶりの再訪です。 社会人

なり立ての頃は、よく伺ってたんだけど、なぜだか足が遠のいちゃったんよな。

Tatazumai

 

店先にあった「日替りランチ」の看板ね。 恒例の「ミックスランチ」のつもりだったけど、

「ミンチカツ定食」も捨てがたいな... どっちにしよっかな?

Menu1

 

「日替りランチ」は、平日のみのサービスのようです。 このパシャを撮ってた時に、

「何にしましょう?」って尋ねられたんで、とっさに「日替り」って言っちゃった。(汗)

Menu2

 

暫くして出てきたんがコレね。 お~、凄いボリュームじゃ。 そう言えば、若い頃、

ダイエットを初めて、ボリューミーなこのお店に来なくなったんじゃったわ。

Zentai

 

「ミンチカツ」のUPをどうぞ。 横幅は軽々15センチオーバーじゃな。(笑)

Cutlets

 

ほどほどにジューシーで、こりゃなかなか。 老舗の貫禄を感じる優しいソースは

しつこくなくていい感じ。 途中からウスターをかけて、味の変化を楽しみました。

Cutlets_up

 

建物をリニューアルされてるみたいで、外観も店内のレイアウトも記憶の中にある

物とは全く違いました。 お店の中から見る景色もそう。 時間の流れを感じたけど、

お味はそのままなのが、ちょっぴり嬉しかったな。 旨かったです。 また来ますね!

| | コメント (2)

2011年2月 7日 (月)

京橋朝市

昨日は恒例の京橋朝市の日でした。 いつものようにossyanたちと朝早く合流!

のはずが...ここ最近の多忙のせいか、まさかの朝寝坊。(滝汗) 結局、1時間

近く遅刻しちゃいました。 明るくなって普通にパシャできるんは怪我の功名じゃな。

Queue

 

今回のテーマは「岡山ド豚骨」です。 寝坊に気づいた寝床の中で、このまま

寝ちゃおうか?という考えが、一瞬、頭をよぎったんだけど、「岡山ド豚骨」の

「ド」の字が僕を起こしてくれました。 豚骨好きとしては、今回は外せません。

Menu

 

数十人待ちだったんだけど、結構すんなり流れて、僕の順番がやってきました。

Topping

 

これが待望の「岡山ド豚骨」ね。 「天かす」と「ニンニク唐辛子」は、後乗せです。

しっかり炊かれた豚骨は、旨みや甘みが余すところなく出てるんだけど、臭みは

ないんよ。 丁寧な仕事がなされてるんが、よ~く分かります。 こりゃ、旨いわ!

正直、今までの「ラ学」のラーメンで一番好きです。 豚骨、バンザ~イ♪

Ramen

 

今回連れて行った長男は、「こりゃ、トンコツじゃな。」とか、「麺が思った以上に

本格的じゃな。」とか、偉そ~な事をブツブツ言いながら食べてました。(笑)

「そう言えば、これやるんじゃろ?」と、思い出したように、「にゅ~~~ん!」

Nyuuun

 

いつも、手を変え、品を変え、本当に楽しませてくれる「岡山ラーメン学会」さん。

心から頭が下がる想いです。 美味しかったです。 また、来月も伺いますね♪

| | コメント (6)

2011年2月 4日 (金)

支那そば 餐休 江崎総本店

ここ1週間ほど、仕事で缶詰めになってて、外出さえほとんどしてませんでした。

昨日、久々に外出して、以前から気になってたお店でお昼をいただこうとすると、

ありゃま! 定休日じゃが。(涙) 気を取り直して伺ったんが『支那そば 餐休

江崎総本店』さん。 あちこちにある『餐休』さんだけど、このお店はお初です。

Tatazumai

 

以前から少々インフレ気味の値段設定の印象があったんだけど、いつからか

また上がってるんじゃないかな?(汗) 「支那そば」+「Aセット(コールスロー、

唐揚げ、ライス)」を注文しました。 昔も「Aセット」って呼んでたっけ?

Menu

 

暫くして出てきたんがコレね。 はい、明らかに注文し過ぎですね。(笑)

Zentai

 

以前は決まって、こってりの「名物そば(ごま味スープ)」を頼んでたんだけど、

何年か前から「支那そば」を頼めるようになりました。 ここらが大人じゃな。

Ramen

 

麺はちょいと細めのストレート。 スープは、記憶の片すみにあったのと比べると

少し醤油の立ち方が大人しめかな? 安心していただけるお味ですね。

Ramen_up

 

「唐揚げ」は、結構な大きさのが3つ。 衣は厚めでサクサクに揚がってます。

おかげで口の中が...(笑) ジューシー感は、「庭瀬店」の方が上かな?

Karaage

 

岡山の各地に点在する『餐休』さん。 この日もたくさんのお客さんで賑わってました。

根強いファンがいるんでしょうね。 美味しかったです。 また、来ますね~!

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »