« セルフうどん かめや | トップページ | 松岡直也 INFINITY "59周年記念 Premium Night" »

2011年2月25日 (金)

ラテン・フュージョンの神様

自称「音楽好き」の僕は、中学、高校の頃、その好きが高じて、少しでも良い音質で

聴きたいと、オーディオに傾倒していました。 工学部の電気工学科を専攻したのも

オーディオメーカーに就職しようと本気で考えていたからです。 車に興味を持って

しまって、道を逸れちゃいましたけどね。(笑)

 

ジャンル自体はあまり幅広くなかったけど、気に入ったジャンルの音楽は本当に

たくさん聴き漁りました。 そんな僕も、いつの頃からか新しい刺激を積極的に

追わなくなっちゃって、最近の事情には、とんと疎くなって久しい今日この頃です。

愛しのアンジーみたいにたまたま好きになっちゃうのって、実は珍しいんですよ。

 

新しい物を追わなくなった僕も、音楽が好きな事には変わりはないし、いい音楽を

聴きたいのにも変わりはありません。 自然と、若い頃に好きだったアーティストの

作品を集めるようになっちゃうんですよね。 そんな中で、一番枚数が多いのが

「松岡直也」さん。 このたくさんのCDやDVDの山は、全部松岡さんの作品です。

Discography

 

一番最初に手に取ったアルバムは「夏の旅」で、高校1年生の頃に買いました。

今から考えると生意気な高校生じゃわ。(笑) えっ!誰だか知らないですか?

僕と同年代の方なら、中森明菜の「ミ・アモーレ」の作曲や、わたせせいぞうの

「ハートカクテル」の音楽担当と言ったら、「ふ~ん」って感じかな? それより

前の世代の方なら、青い三角定規の「太陽がくれた季節」の編曲を担当した

って言ったら、こちらも「ふ~ん」って感じかな?(笑) 本当の姿は、ラテン・

フュージョンの神様。 その業界では、泣く子も黙る大重鎮のお方なんです。

 

15歳の頃から主にピアニストとして活躍され、今年芸能生活なんと59周年!?

驚くことに、今も現役でライヴ活動をされてます。 好きなアーティストが、これだけ

長い間、活躍されるのはファンとしては本当に嬉しい事です。

 

そんな松岡直也さんが、今年2月、大阪でライヴを演るって情報を知り、先日

行ってきました。 若い頃、岡山市民会館に観に行ってから実に23年ぶり。(笑)

正直、もう何度も観るチャンスはないと思うんで、目と心に焼き付けなきゃね。

その模様は、また後日という事で!

 

<To be continued> 

|

« セルフうどん かめや | トップページ | 松岡直也 INFINITY "59周年記念 Premium Night" »

映画・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルフうどん かめや | トップページ | 松岡直也 INFINITY "59周年記念 Premium Night" »