« ソウル旅行 3日目 その1 | トップページ | 老祥記 »

2012年8月10日 (金)

ソウル旅行 3日目 最終回

ソウル旅行も終盤になりました。 ホテルをチェックアウトして向かったのは

「仁寺洞(インサドン)」という、バラエティに富んだお店が立ち並ぶ街です。

Landscape

 

この街の一角に「韓定食」を振舞う伝統茶屋が立ち並んでいます。 「韓定食」とは

昔の宮廷料理をベースとするお料理で、伺ったのは『ヌイジョ』というお店です。

Tatazumai

 

この日も暑かったので、まずはコレ! って、もう見飽きましたよね?(笑)

Beer

 

日本人のお客さんも多いんでしょうね。 日本語のメニューもありました。

家族全員、「ウスルチョ」というコース料理を注文しました。

Menu

 

最初に出てきた「水キムチ」と「かぼちゃのお粥」。 とってもヘルシーですね。

Kimuchi

 

「山野草のサラダ」。 千切りの梨がアクセントになってました。

Salad

 

「ドングリのコンニャク」。 こんにゃくと豆腐の間のような食感でした。

Konnyaku

 

「チヂミ」は2種類で、ヨモギとエゴマだったかな? こんなにモッチリとした

チヂミは初めてじゃな。 こりゃ旨い!

 
Chijimi

 

「エゴマのスープ」ってメニューにあるけど、エゴマは感じんかったな。

具沢山で、とろみのあるスープでした。

Soup

 

お待ちかねの「煮豚(ポッサム)とお漬物」。 「ポッサム」のお店に行くか最後まで

悩んだんだけど、こちらのお店でもいただけるという事で、このお店を選びました。

しっとりとした煮豚は最高に美味しくて大満足でした。

Pork

 

このタイミングで「味噌チゲ」と「おかず」が並びます。 今日のお昼もお腹一杯。(笑)

Chige

 

「蓮の葉の御飯」は、日本の「おこわ」って感じでした。

Okowa

 

最後の「山野草の酵素」。 どんなんが出てくるんだろう?って思ってたら

飲み物でした。 「冷やしあめ」と「りんごジュース」の間のような味でした。

Kouso

 

いや~、韓国の食文化の奥深さに感嘆しました。 お店を後にすると街角で

民族舞踊の集団を発見。 食文化に触れるだけじゃなく、もっと他の文化も

知りたいと思わせる今回のソウル旅行でした。

Samurunori

 

ヨン様から始まった韓流ブームは、韓流ドラマ、K-POPと日本を席巻しています。

「近くて近い国 韓国」、パワー溢れる国で、その勢いを感じる事ができました。

日本も近いライバルと切磋琢磨して、お互い繁栄できたら最高だと思います。

 

長らくのお付き合い、ありがとうございました。 これでひとまず、この夏の

ソウル旅行の記事を終わらせていただきます。 拙ブログですが次回以降、

通常営業に戻ります。 通常って、また休眠ブログに戻るんじゃろか?(汗)

 

|

« ソウル旅行 3日目 その1 | トップページ | 老祥記 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
韓国のお料理って 中国の医食同源より
もっと体によさそうな気がして 大好きです

びっとさんの記事観てたら ひとっ飛び
したくなっちゃいました! (笑)

近くて遠い国だったのが 仰る通り
近くて近い国になりましたよね♪

韓国語ができたら 私は 韓国に住むことも
選択肢に入れそうなほど 好きな国に
なりました!

休眠ブログに戻ることなく (笑)
次の記事をとってもとっても楽しみに
してまぁぁす!

投稿: おとめ | 2012年8月10日 (金) 12時30分

>おとめさん
いらっしゃいませ♪

今回は2泊3日と短期間だった上にリサーチ不足が重なって
僕個人としては不完全燃焼でした。
その影響が長男に及んじゃったかもと反省しています。

一方の女性陣は大満足だったようで、既に次の韓国行きを
模索しているようです。
長女はその前に大学受験なんですけどねぇ。(汗)

今回の一番の反省点は、季節が真夏だった事です。
過ごしやすい時期、何だったら少し寒いくらいがベストでは
ないでしょうか?

恐らく、今回が最後ではないでしょうから次回はリベンジを
約束します。
その前に、もっと食べられるよう胃を大きくしなくちゃね。(笑)

投稿: びっとさん | 2012年8月10日 (金) 13時20分

お隣なのに“竹島問題”でややこしい事に・・・
でも 食で繋がれば一つになれるような気のするメニューですね・・・
先日久々のTUTAYAであまりの韓流DVDの多さに立ち尽くしたossyanでした

投稿: ossyan | 2012年8月11日 (土) 22時49分

>ossyan
いらっしゃいませ♪

浜村さんじゃありませんが、韓国の方も、中国の方だって
個人個人は、そんなに悪い人じゃないんですよね。
それが、こと国家になるとエゴや私利私欲にまみれちゃう。

竹島問題は話し合いもなく平行線で、その上次期大統領選の
パフォーマンスに使われちゃう始末。
好き勝手する他国も何ですが、好き勝手されっ放しの日本に
一番問題があるって考え方は自虐的ですかね?

声の大きい相手(他国)にはヘコヘコして、文句を言わない
相手(国民)には無理を強いる。
そんな奴、クラスに一人はいましたよね。
僕の一番嫌いなタイプです。
日本人である事を誇れるような内政や外交をしてもらいたい
もんです。
と、朝から少し熱くなっちゃいました。(汗)

投稿: びっとさん | 2012年8月12日 (日) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソウル旅行 3日目 その1 | トップページ | 老祥記 »